572件中 11 - 20件表示
  • 押井守

    押井守から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    上記の通り、宮崎は東京ムービーからの『ルパン三世』監督の依頼に対して、自分の代わりに押井を紹介。「押井版『ルパン三世』」頓挫後にはスタジオジブリで宮崎プロデュースによる押井監督作品を準備するなど、才能を認め合う仲である。しかしその一方で、考え方の上での二人の対立(科学文明への賛否や環境保護の有り方など)溝は深いとも言われる。宮崎のワンマン体制であるスタジオジブリの制作システムについて「クレムリン」、「KGB」、「道場」と評している。またこれらにちなんで、宮崎を「書記長」、高畑勲を「ロシア共和国の大統領」、鈴木敏夫を「KGB長官」と評している。この意見に対して宮崎も報復的とも受け取れるコメントを寄せているが、本当に仲が悪いのではなく基本的には友達であるという。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑勲

    高畑勲から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    高畑 勲(たかはた いさお、1935年10月29日 - )は、日本の映画監督、プロデューサー、翻訳家。別名義として武元 哲(たけもと てつ)を使用したこともある。株式会社スタジオジブリ所属、畑事務所代表、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。高畑勲 フレッシュアイペディアより)

  • 魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品)

    魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品)から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん、英題:Kiki's Delivery Service)は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション作品である。アニメーション映画として1989年(平成元年)7月29日から東映系で公開された。原作は角野栄子の児童書『魔女の宅急便』(第1巻)。魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品) フレッシュアイペディアより)

  • 海がきこえる

    海がきこえるから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『海がきこえる』(うみがきこえる、英題:Ocean Waves)は、氷室冴子による小説。また、それを原作として1993年にスタジオジブリが制作したアニメーション作品及び1995年にテレビ朝日系列で放映されたテレビドラマ。海がきこえる フレッシュアイペディアより)

  • 風の谷のナウシカ (映画)

    風の谷のナウシカ (映画)から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    アニメージュを発行する徳間書店と広告代理店の博報堂による製作委員会方式で映画化され、宮崎自身が監督・脚本を手がけた。高畑勲・鈴木敏夫・久石譲ら、のちのスタジオジブリ作品を支えるスタッフが顔を揃えている。キャッチコピーは「少女の愛が奇跡を呼んだ」。これは映画宣伝会社メイジャーの宣伝プロデューサー徳山雅也によるもの。風の谷のナウシカ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木敏夫

    鈴木敏夫から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    鈴木 敏夫(すずき としお、1948年8月19日 - )は、日本の編集者、映画プロデューサー。株式会社スタジオジブリ代表取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団副理事長。鈴木敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 細田守

    細田守から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    大学卒業後、金沢のアニメスタジオでCM等作業に従事しながらスタジオジブリの研修生採用試験を受けるも不合格となった。作家になるほど絵を描いていなかったということもあって就職先が無く、『少年ケニヤ』で声をかけてもらった田宮武プロデューサーの紹介で、1991年に東映動画(後の東映アニメーション)に入社。細田守 フレッシュアイペディアより)

  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(エヴァンゲリオン しんげきじょうばん:キュー / )は、2012年11月17日に公開された日本のアニメーション映画。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の内の第3作目にあたる。スタジオジブリ製作の特撮短編映画『巨神兵東京に現わる 劇場版』と同時上映。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q フレッシュアイペディアより)

  • Rapha

    Raphaから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    庵野秀明監督による実写映画『式日』公式ウェブサイト制作を機に、スタジオジブリ関連作品の公式ウェブサイト制作やウェブアプリケーション開発を担当している。Rapha フレッシュアイペディアより)

  • 幻生社

    幻生社から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    日本テレビが1991年(平成3年)に設立したコンピュータグラフィックス部門のアニメーションチームが幻生社の前身である。その前身団体は、日本初の3DCGアニメーション・テレビシリーズを手がけた後、スタジオジブリのCG部門開設を担い、ジブリ作品のCGを担当したほか、フルCG映画やモーニング娘。が出演したCGアニメーションシリーズなどを制作している。2005年(平成17年)に、チームを率いた菅野嘉則(当時編成部に在籍・元スタジオジブリCG室長)が「幻生社」と名づけて独立した。幻生社 フレッシュアイペディアより)

572件中 11 - 20件表示