572件中 21 - 30件表示
  • 耳をすませば サウンドトラック

    耳をすませば サウンドトラックから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『耳をすませば サウンドトラック』(みみをすませば - )は、野見祐二によるスタジオジブリ映画『耳をすませば』の劇伴を収めたオリジナル・サウンドトラック。発売日は1995年7月10日。発売元は、徳間ジャパンコミュニケーションズ。規格品番:TKCA-70648。耳をすませば サウンドトラック フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ロード (本名陽子の曲)

    カントリー・ロード (本名陽子の曲)から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    スタジオジブリ(徳間書店)制作、発売元は徳間ジャパンコミュニケーションズ、販売元はファーストディストリビューション。カントリー・ロード (本名陽子の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉賢也

    秋葉賢也から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    2003年の衆議院宮城県第2区補欠選挙に出馬した際、公約に「宮崎駿(ジブリ)ワールドの実現」を掲げた。なお、宮崎駿ワールド建設の構想は宮城県議会議員時代から主張しており、2004年の宮城県議会定例会において、秋葉は「まさにスタジオジブリは第二のディズニーカンパニー」と発言し「杜の都ジブリワールド、あるいは縄文の杜ジブリプレイス」を仙台港周辺に誘致する「ジブリワールド建設構想」を披露した。秋葉賢也 フレッシュアイペディアより)

  • アニメーション映画

    アニメーション映画から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    1980年代に入ると、『風の谷のナウシカ』(1984年)が劇場公開され、この後スタジオジブリを立ち上げた高畑勲や、宮崎駿らが2年に1本程度の間隔で『天空の城ラピュタ』(1986年)、『となりのトトロ』(1988年)などのオリジナル劇場用アニメ映画を公開した。宮崎らの始めたジブリは新しいレーベルであり、彼らの才能はまだ一部のアニメファンにしか気づかれておらず、興行面ではドラえもんや東映まんがまつりなどの後塵を拝し続けた。ジブリが商業的に大成功を収め一般大衆の誰もが知るような知名度になるのは1990年代以降である。アニメーション映画 フレッシュアイペディアより)

  • 松下武義

    松下武義から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    2000年、徳間書店社長として徳間事業団を率いてきた徳間康快が急逝すると、一時的に牧田謙吾が社長代行を務めてきたが、翌年、松下が空席だった徳間書店社長に就任した。2001年には徳間ジャパンコミュニケーションズを第一興商に売却、2002年には大映を角川書店に売却するなど、徳間事業団の整理を推し進めた。2005年、徳間書店のスタジオジブリ事業本部を分社化することを決定し、スタジオジブリを再独立させた。2008年、岩渕徹に社長を譲り、自身は代表権を持つ会長に就任した。松下武義 フレッシュアイペディアより)

  • パロネラ・パーク

    パロネラ・パークから見たスタジオ・ジブリスタジオジブリ

    日本のアニメ映画「天空の城ラピュタ」のモデル地であるという日本人観光客向けの宣伝が行なわれることで知られているが、これは制作のスタジオ・ジブリによって事実無根であると否定されている。パロネラ・パーク フレッシュアイペディアより)

  • 玉川奈々福

    玉川奈々福から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    2009年 -寺山修司原作『新宿お七』を浪曲化。写真家・森山大道を特集したNHKドキュメンタリー番組で浪曲『新宿お七』を披露。武蔵野芸能劇場でスタジオジブリの高畑勲監督原作『平成狸合戦ぽんぽこ』を浪曲化、披露。玉川奈々福 フレッシュアイペディアより)

  • 菅野嘉則

    菅野嘉則から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    静岡県清水市(現・静岡市清水区)生まれ。静岡県立清水東高等学校理数科、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業後、1990年に日本テレビ放送網入社。番組ディレクターを経て編成局美術開発部でコンピュータグラフィックス(CG)アニメーションの企画・演出・プロデュースを行う。1995年からスタジオジブリに出向し、CG室長を務めた。菅野嘉則 フレッシュアイペディアより)

  • となりのトトロ

    となりのトトロから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『となりのトトロ』は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション作品。昭和30年代前半の日本を舞台にしたファンタジー。田舎へ引っ越してきた草壁一家のサツキ、メイ姉妹と、“もののけ”とよばれる不思議な生き物「トトロ」との交流を描く。となりのトトロ フレッシュアイペディアより)

  • 矢島正明

    矢島正明から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    CMやテレビ番組のナレーションも数多く担当しており、1960年代から80年代にかけて、日産自動車のCMナレーション(車種CM、キャッチフレーズ、日産自動車グループ各社CM)を長い期間にわたって務めていた。1970年代のクイズブームにはTBS『ベルトクイズQ&Q』(第1回から最終回まで一貫して出演)、テレビ朝日『クイズタイムショック』シリーズ(1969年のスタートから2012年現在も特番として継続中)の出題を担当。タイムショックの司会者や番組のスタイルは番組改編ごとにいくつか変わっているが、出題者は40年以上一貫して矢島である。クイズ番組独特の一問一答の緊迫感を醸し出す出題スタイルを確立した。大正製薬、スタジオジブリ制作映画のCMナレーションも長い期間にわたって、これらは現在も継続して務めている。矢島正明 フレッシュアイペディアより)

572件中 21 - 30件表示