572件中 41 - 50件表示
  • ファミリー・一般向けアニメ

    ファミリー・一般向けアニメから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    単発の作品をテレビで放映する場合は20時・21時 - 23時台の枠に放送する場合もある(『金曜ロードショー』枠で放映されるスタジオジブリ作品映画や『ルパン三世』シリーズなど)。ファミリー・一般向けアニメ フレッシュアイペディアより)

  • CHAGE and ASKA

    CHAGE and ASKAから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    1995年 - 前年発表の「On Your Mark」のプロモーション・フィルムとして、アニメ『On Your Mark ジブリ実験劇場』(宮崎駿監督、スタジオジブリ製作)が製作され、コンサート会場および劇場で公開される(劇場公開は『耳をすませば』と同時上映)。ハリウッド映画『Judge Dredd』のED曲「TIME」をASKAが担当。二度目のアジアツアー「ASIAN TOUR II MISSION IMPOSSIBLE」を行い、前年よりも現地での知名度も上がり大歓声ののちに終演した。CHAGE and ASKA フレッシュアイペディアより)

  • ふしぎの海のナディア

    ふしぎの海のナディアから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    企画の原案は海底世界一周という宮崎駿がNHKでのTVシリーズとして用意したもの。だがこの企画は当初実現せず、宮崎は後に本企画をスタジオジブリのアニメ映画『天空の城ラピュタ』として作品化した。一方、元の企画そのものはNHKと東宝に残され、後にNHKのプロデューサーが、この企画をガイナックスに持ち込み、それに次々アイデアを継ぎ足して作った、大体の企画にOKが出てしまい本作となった。謎の青い石や超古代文明の設定、第1話のナディアが追われるシーンなど本作が『ラピュタ』に類似したストーリー展開を持つのはこのためである。製作はNHKと東宝、アニメの制作元請けはグループ・タック。実質的なアニメ制作を行ったガイナックスは孫請けである。後に、テレビ放送のダイジェストに新作部分を加えたアニメーション映画も製作された。劇場用アニメ映画、小説、CD・LD・DVD(おまけ劇場)、ゲームなどにメディア展開した。ふしぎの海のナディア フレッシュアイペディアより)

  • カラー (アニメ制作会社)

    カラー (アニメ制作会社)から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    月刊ニュータイプ2011年6月号のスタジオカラー特集では、スタジオジブリの宮崎駿と鈴木敏夫、キングレコードの大月俊倫、Production I.Gの石井朋彦、ボンズ取締役の南雅彦、サンライズ代表取締役社長の内田健二、アニメーション監督の神山健治がカラーへ応援メッセージを送っている。カラー (アニメ制作会社) フレッシュアイペディアより)

  • 東京都現代美術館

    東京都現代美術館から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    2007年夏に開催された「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」は、会期中、現代美術館最高の30万人に迫る入場者数を記録した。東京都現代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大泉洋

    大泉洋から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    また、歌手として「本日のスープ」(全国版オリコン最高位10位)を「北海道限定版」と「全国版」で発売し、『ミュージックステーション』(2004年2月放送)や『うたばん』(2004年5月放送)に出演した。声優としても『千と千尋の神隠し』など複数のスタジオジブリ作品や高坂希太郎監督作品に参加。大泉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アニメーション

    日本アニメーションから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    演出、アニメーターでは、西田健一、加藤裕美など。制作担当では、後にアニメ制作会社ベガエンタテイメントを興した松土隆二、STUDIO 4℃を立ち上げた田中栄子、テレコム・アニメーションフィルム代表の竹内孝次、スタジオジブリの制作進行を経てサンライズでプロデューサーを経てフリープロデューサーの古里尚丈など。日本アニメーション フレッシュアイペディアより)

  • もののけ姫

    もののけ姫から見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『もののけ姫』(もののけひめ)は、宮崎駿によるスタジオジブリの長編アニメーション映画作品。1997年(平成9年)7月12日公開。森を侵す人間たちとあらぶる神々との対立を背景として、狼に育てられた「もののけ姫」と呼ばれる少女サンとアシタカとの出会いを描く。宮崎が構想16年、制作に3年をかけた大作であり、興行収入193億円を記録し当時の日本映画の興行記録を塗り替えた。もののけ姫 フレッシュアイペディアより)

  • テレビランド

    テレビランドから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    創刊の経緯から、渡邊亮徳東映副社長が、徳間社長に「東映作品とのタイアップ雑誌としての側面を持つ事により、漫画、アニメ、特撮を世に広め、徳間書店としても新しい分野へ進出するきっかけになる」と提言。その甲斐が多大にあり、その後の宮崎駿(スタジオジブリ)などへと展開していく足掛かりとなる記念すべき出版物である。創刊から休刊までの間は、キャラクターを徳間書店自社で持っていなかったこともあり、ほとんどの東映特撮・アニメ作品を掲載した。そのため、作品ごとの資料性が競合他誌より高いことも特色。テレビランド フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見たスタジオジブリスタジオジブリ

    『崖の上のポニョ』(がけのうえのポニョ)は、スタジオジブリ制作、宮崎駿監督の長編アニメーション映画。宮崎の長編監督作品としては2004年の『ハウルの動く城』以来4年ぶり、原作・脚本・監督のすべてを担当するのは2001年公開の『千と千尋の神隠し』以来7年ぶりの作品。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

572件中 41 - 50件表示

「スタジオジブリ」のニューストピックワード