前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示
  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たウォルト・ディズニー・カンパニー

    1996年にウォルト・ディズニー・カンパニー(WDC)並びに日本法人のウォルト・ディズニー・ジャパン(WDCJ)の間で国内でのビデオソフト(「」)発売および海外でのジブリ作品配給に関わる事業提携を締結した事に伴い、「もののけ姫」よりWDC(「ディズニー」表記)が長編アニメーション作品に製作参画するようになった。また、海外では基本的に(作品毎に地域が異なる)ウォルト・ディズニー・スタジオかWDC子会社のミラマックスが配給し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントがビデオ発売を担当する。2008年にはWDCJ社長の星野康二が創業メンバーの鈴木敏夫の指名により当社社長に就任している。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た加藤周一

    日本 その心とかたち 7巻(加藤周一、NHK制作番組、DVD 2005年)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た庵野秀明

    『式日』(庵野秀明監督)、『サトラレ』(本広克行監督)、『ポータブル空港』(百瀬ヨシユキ監督)、『space station No.9』(百瀬ヨシユキ監督)、『空飛ぶ都市計画』(百瀬ヨシユキ監督)など。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たアレクサンドル・ペトロフ

    『春のめざめ』(アレクサンドル・ペトロフ脚本・監督)、『アズールとアスマール』(ミッシェル・オスロ原作・脚本・監督)、『雪の女王』(レフ・アタマーノフ監督)など。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た鈴木敏夫

    1996年にウォルト・ディズニー・カンパニー(WDC)並びに日本法人のウォルト・ディズニー・ジャパン(WDCJ)の間で国内でのビデオソフト(「」)発売および海外でのジブリ作品配給に関わる事業提携を締結した事に伴い、「もののけ姫」よりWDC(「ディズニー」表記)が長編アニメーション作品に製作参画するようになった。また、海外では基本的に(作品毎に地域が異なる)ウォルト・ディズニー・スタジオかWDC子会社のミラマックスが配給し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントがビデオ発売を担当する。2008年にはWDCJ社長の星野康二が創業メンバーの鈴木敏夫の指名により当社社長に就任している。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た宮崎駿

    「スタジオジブリ」の名称は、サハラ砂漠に吹く熱風(ghibli)に由来しており、第二次世界大戦中のイタリア・カプローニ社の偵察/爆撃機の名前でもある(CAPRONI Ca309 GHIBLI)。紅の豚においてエンジンにGHIBLIの名前もあり、宮崎駿の思い入れがうかがえる。宮崎駿の思い込みから「ジブリ」となったが、「ギブリ」の方が原語に近い発音である(イタリアのマセラティ社の乗用車ghibliは日本でも1970年代から「ギブリ」と呼ばれている。このイタリア語はもともとアラビア語のリビア方言の「ジャバル(山)」がなまったものである)。スタジオジブリのマークは、スタジオジブリの作品『となりのトトロ』に登場するキャラクター、トトロがデザインされている。スタジオジブリの第2レーベルで実写作品部門の「スタジオカジノ」は、スタジオの所在地東京都小金井市梶野町から命名された。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た星野康二

    1996年にウォルト・ディズニー・カンパニー(WDC)並びに日本法人のウォルト・ディズニー・ジャパン(WDCJ)の間で国内でのビデオソフト(「」)発売および海外でのジブリ作品配給に関わる事業提携を締結した事に伴い、「もののけ姫」よりWDC(「ディズニー」表記)が長編アニメーション作品に製作参画するようになった。また、海外では基本的に(作品毎に地域が異なる)ウォルト・ディズニー・スタジオかWDC子会社のミラマックスが配給し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントがビデオ発売を担当する。2008年にはWDCJ社長の星野康二が創業メンバーの鈴木敏夫の指名により当社社長に就任している。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た宮崎吾朗

    鈴木は2006年、『ゲド戦記』の制作にあたって、当時三鷹の森ジブリ美術館の館長で、それまでアニメーション制作の仕事は実質未経験であった宮崎の息子の宮崎吾朗を監督に起用する人事を行った。これは鈴木が「前提としてジブリの今後を考え、当の鈴木を含め宮崎や高畑勲が高齢であるため」と発表当初のインタビューで述べており、つまりは事実上の「後継者育成」の一策として起用したものであると認めている。しかしこの吾朗の監督起用については、宮崎と鈴木の意見が真っ向から対立しており、2010年末にも鈴木は質疑応答の中で「(宮崎は)いまだに『ゲド戦記』を吾朗くんに撮らせたことについて、僕のことを許していないんですよ」と明かしている。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た高畑勲

    『天空の城ラピュタ』(宮崎駿原作・脚本・監督)、『となりのトトロ』(宮崎駿原作・脚本・監督)、『火垂るの墓』(高畑勲脚本・監督)など。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た日本テレビ放送網

    日本テレビ開局40年記念スポットそらいろのたね(1992年。『ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート』に収録)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示

「スタジオジブリ」のニューストピックワード