153件中 91 - 100件表示
  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た雪の女王

    『春のめざめ』(アレクサンドル・ペトロフ脚本・監督)、『アズールとアスマール』(ミッシェル・オスロ原作・脚本・監督)、『雪の女王』(レフ・アタマーノフ監督)など。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た紅の豚

    「スタジオジブリ」の名称は、サハラ砂漠に吹く熱風(ghibli)に由来しており、第二次世界大戦中のイタリア・カプローニ社の偵察/爆撃機の名前でもある(CAPRONI Ca309 GHIBLI)。紅の豚においてエンジンにGHIBLIの名前もあり、宮崎駿の思い入れがうかがえる。宮崎駿の思い込みから「ジブリ」となったが、「ギブリ」の方が原語に近い発音である(イタリアのマセラティ社の乗用車ghibliは日本でも1970年代から「ギブリ」と呼ばれている。このイタリア語はもともとアラビア語のリビア方言の「ジャバル(山)」がなまったものである)。スタジオジブリのマークは、スタジオジブリの作品『となりのトトロ』に登場するキャラクター、トトロがデザインされている。スタジオジブリの第2レーベルで実写作品部門の「スタジオカジノ」は、スタジオの所在地東京都小金井市梶野町から命名された。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たマセラティ・ギブリ

    「スタジオジブリ」の名称は、サハラ砂漠に吹く熱風(ghibli)に由来しており、第二次世界大戦中のイタリア・カプローニ社の偵察/爆撃機の名前でもある(CAPRONI Ca309 GHIBLI)。紅の豚においてエンジンにGHIBLIの名前もあり、宮崎駿の思い入れがうかがえる。宮崎駿の思い込みから「ジブリ」となったが、「ギブリ」の方が原語に近い発音である(イタリアのマセラティ社の乗用車ghibliは日本でも1970年代から「ギブリ」と呼ばれている。このイタリア語はもともとアラビア語のリビア方言の「ジャバル(山)」がなまったものである)。スタジオジブリのマークは、スタジオジブリの作品『となりのトトロ』に登場するキャラクター、トトロがデザインされている。スタジオジブリの第2レーベルで実写作品部門の「スタジオカジノ」は、スタジオの所在地東京都小金井市梶野町から命名された。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た日向市

    日本各地にジブリクッズを販売する専門店は多数ある。東京駅八重洲口地下の東京キャラクターストリート内にある「どんぐりガーデン」、愛知県名古屋市にある「メッセ」、宮崎県日向市と宮崎市にある「むさしや」、鹿児島県鹿児島市にある「あみゅの森」、高知県高知市にある「どんぐり共和国」などである。また金曜ロードショー → 金曜ロードSHOW!でジブリ作品を独占的に放映する日本テレビのグッズを扱う日テレ屋でもジブリグッズが発売されている。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た香取慎吾の特上!天声慎吾

    特上!天声慎吾』オープニング映像(2003年)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント

    1996年にウォルト・ディズニー・カンパニー(WDC)並びに日本法人のウォルト・ディズニー・ジャパン(WDCJ)の間で国内でのビデオソフト(「」)発売および海外でのジブリ作品配給に関わる事業提携を締結した事に伴い、「もののけ姫」よりWDC(「ディズニー」表記)が長編アニメーション作品に製作参画するようになった。また、海外では基本的に(作品毎に地域が異なる)ウォルト・ディズニー・スタジオかWDC子会社のミラマックスが配給し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントがビデオ発売を担当する。2008年にはWDCJ社長の星野康二が創業メンバーの鈴木敏夫の指名により当社社長に就任している。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たアニメーション映画

    長編アニメーション映画の制作を主力事業としているが、1990年代中期以降、短編作品の制作および実写作品の企画を手がけている。また、日本国外のアニメーションの公開やDVD発売、『熱風』という小冊子の発行を行う出版事業、さらに音楽事業も行っている。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たヴェネツィア国際映画祭

    ベルリン国際映画祭の金熊賞、アカデミー賞アニメーション部門(『千と千尋の神隠し』)やヴェネツィア国際映画祭の金のオゼッラ賞(スタジオジブリの技術に対する評価)で受賞するなど、国際的にも高い評価を受けているジブリ映画であるが、そこに至る道のりは平坦ではなく、現在もその評価は一様ではない。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たゲド戦記

    と高い評価を受ける一方、『ゲド戦記』の原作者で小説家でもあるアーシュラ・K・ル・グウィンは、本作の原作改変部分やディティールの弱い絵などに強い違和感を示した。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た新居浜市立郷土美術館

    2012年7月20日 - 8月26日、新居浜市立郷土美術館にて開催されている。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

153件中 91 - 100件表示