222件中 31 - 40件表示
  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た文藝春秋

    文藝春秋、2013年4月創刊で毎月刊。宮崎駿・高畑勲自身の著作の再刊や、新装版(過去に徳間書店のシネマ・コミックや同〈アニメージュ文庫〉などで出版された書目)に加え、作品論「ジブリの教科書」などオリジナル出版も行っている。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たアサヒ飲料

    アサヒ飲料「旨茶」(2001年)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た堀田善衞

    神奈川近代文学館『堀田善衞展 スタジオジブリが描く乱世。』(2008年。堀田の作品をモチーフとしたアニメ作品『定家と長明』『路上の人』を「もし作るとしたら」という仮定のもとの設定画を、宮崎吾朗、武重洋二、田中直哉等が描いた)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た小金井市

    「スタジオジブリ」の名称は、サハラ砂漠に吹く熱風(ghibli)に由来しており、第二次世界大戦中のイタリア・カプローニ社の偵察/爆撃機の名前でもある(CAPRONI Ca309 GHIBLI)。紅の豚においてエンジンにGHIBLIの名前もあり、宮崎駿の思い入れがうかがえる。宮崎駿の思い込みから「ジブリ」となったが、「ギブリ」の方が原語に近い発音である(イタリアのマセラティ社の乗用車ghibliは日本でも1970年代から「ギブリ」と呼ばれている。このイタリア語はもともとアラビア語のリビア方言の「ジャバル(山)」がなまったものである)。スタジオジブリのマークは、スタジオジブリの作品『となりのトトロ』に登場するキャラクター、トトロがデザインされている。スタジオジブリの第2レーベルで実写作品部門の「スタジオカジノ」は、スタジオの所在地東京都小金井市梶野町から命名された。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た寺田農

    1980年代までは脇に俳優が起用されることもありつつ(寺田農など)、主役級には主に声優事務所に所属する専業声優が起用されていたが、1990年代以降の作品では、主役や主要人物の声は、テレビドラマ等で有名な俳優が多く起用されており、これらは往々にしてジブリ作品の特徴として語られるが、舘野仁美によれば「俳優さんの仕事の中で声の仕事だけが専門化していったのは、70年代くらいから」であり、高畑や宮崎は「昔ながらのやり方で役に合う俳優さんを選んでいるだけ」であったという。また宮崎は特に高畑のキャスティングのセンスには全幅の信頼を置いていたという。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た島本須美

    外国メディアからのインタビューの中では「日本の女性声優はコケティッシュで男性の気を引きたがっているかのような声の持ち主しかいないので、(「ハウルの動く城」の荒地の魔女役には)我々は全く必要としていなかった」と述べている。『「もののけ姫」はこうして生まれた。』には、ナウシカ役等を演じた島本須美が、「職業上の仮面」を引き剥がせずに宮?の要求する演技に応えられない様子が収録されている。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た徳間書店

    1985年6月15日、『風の谷のナウシカ』を制作したトップクラフトを徳間書店の出資によって発展的に解散・改組する形で設立、同社々長(当時)徳間康快が初代代表取締役社長に就任した。ただし実質的な経営財務責任者は旧トップクラフトを設立した原徹であった(原は初代常務に就任)。当時はジブリ関連書籍の大半が徳間書店から刊行され、同社の他メディア展開推進の中核的存在でもあった。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た大塚康生

    このような状況を指して、庵野秀明は1996年の時点で既に「宮さん(宮崎)におんぶにだっこのジブリの環境では、後継者は育ちませんよ」と指摘しており、後には当のジブリ経営陣であるはずの鈴木敏夫をして、ジブリは宮崎と高畑の2人のためのスタジオであり、人材が育つわけがないと発言している。鈴木はジブリの若手・中堅世代のアニメーター育成のためにテレコムからベテランアニメーターの大塚康生を招聘したが、その大塚の主なアドバイスは「宮さんの言うことは、右から聞いたら左へ流しなさい。自分の好きなように描け」というものであったといい、前述の近藤はその発言を受け入れたことで頭角を現した1人だったという。近藤没後の2001年、『千と千尋の神隠し』の作画監督をした安藤雅司もまた「ある意味、ジブリを壊していかなくてはいけない」と、ジブリの方法論に従うだけの現状を疎んでおり、実際に製作中ジブリの外からアニメーターを積極的に受け入れるなどしていた。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たドナルド・リチー

    映画のどこをどう読むか(ドナルド・リチー、書籍 2006年)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た鴨長明

    神奈川近代文学館『堀田善衞展 スタジオジブリが描く乱世。』(2008年。堀田の作品をモチーフとしたアニメ作品『定家と長明』『路上の人』を「もし作るとしたら」という仮定のもとの設定画を、宮崎吾朗、武重洋二、田中直哉等が描いた)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

222件中 31 - 40件表示

「スタジオジブリ」のニューストピックワード