153件中 31 - 40件表示
  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た百瀬義行

    『ギブリーズ episode2』(百瀬義行監督)など。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た大塚康生

    このような状況を指して、庵野秀明は1996年の時点で既に「宮さん(宮崎)におんぶにだっこのジブリの環境では、後継者は育ちませんよ」と指摘しており、後には当のジブリ経営陣であるはずの鈴木敏夫をして、ジブリは宮崎と高畑の2人の為のスタジオであり、人材が育つわけがないと発言している。鈴木はジブリの若手・中堅世代のアニメーター育成のためにテレコムからベテランアニメーターの大塚康生を招聘したが、その大塚の主なアドバイスは「宮さんの言うことは、右から聞いたら左へ流しなさい。自分の好きなように描け」というものであったといい、前述の近藤はその発言を受け入れたことで頭角を現した1人だったという。近藤没後の2001年、『千と千尋の神隠し』の作画監督をした安藤雅司もまた「ある意味、ジブリを壊していかなくてはいけない」と、ジブリの方法論に従うだけの現状を疎んでおり、実際に製作中ジブリの外からアニメーターを積極的に受け入れるなどしていた。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たドナルド・リチー

    映画のどこをどう読むか(ドナルド・リチー、書籍 2006年)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た鴨長明

    神奈川近代文学館『堀田善衞展 スタジオジブリが描く乱世。』(2008年。堀田の作品をモチーフとしたアニメ作品『定家と長明』『路上の人』を「もし作るとしたら」という仮定のもとの設定画を、宮崎吾朗、武重洋二、田中直哉等が描いた)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たロマン・カチャーノフ

    チェブラーシカ 全4話完全<デジタルリマスター>版(ロマン・カチャーノフ監督、公開およびDVD発売 2008年)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た原徹

    会社法上、『風の谷のナウシカ』を製作したトップクラフトを母体とし改変した設立形式をとっている。1985年6月15日に徳間書店の出資によって実現した。株式会社としてスタートし、代表権のある社長には出資者側の徳間書店社長の徳間康快が就任した。実質的に経営財務責任者は旧トップクラフトの代表取締役だった常務の原徹が就任した。当初は作品ごとにスタッフを集め、完成と共に解散する方式を採っており、アニメーターの給料も歩合制だったが、後に人材育成のためにアニメーターの給料を固定給制にするなど、高品質で安定した作品作りの拠点とした。この為、現在でもジブリ関連書籍の大半が徳間書店から刊行されている。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た片渕須直

    その後のジブリでは、長編作品で宮崎と高畑の後釜を担える力量を認められた監督候補として近藤に代わるだけの人材が決定的に不足しており、組織内の人材育成も難航を極めていた。また、それまでも含めて、育成だけではなく、外部からも今までに主に若手・中堅世代で注目したクリエイターを何名か監督候補として招いて制作作業に携わらせているものの、ジブリの社風に馴染めず降板したケースが少なくなかったという。過去には『魔女の宅急便』で片渕須直、『ハウルの動く城』では東映動画から出向していた細田守の降板などが伝えられている。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見たロジャー・コーマン

    アメリカにも『風の谷のナウシカ』が輸出されているが、配給権を得たのは低予算C級映画で知られるロジャー・コーマン配下の会社であった。116分の本編は95分にカット、ストーリーも大幅に改竄されて『風の戦士たち(Warriors of the Wind)』と題して、アメリカ国内で短い期間劇場公開された後にビデオで販売され、更にはヨーロッパ各国にも転売された(風の谷のナウシカの「日本国外版」も参照のこと)。この『風の戦士たち』は宮崎アニメファンたちの間では悪評が高い。このアメリカ向け短縮版は宮崎駿に無断で作成されたものだったが、この一件で宮崎駿とスタジオジブリは自社作品の輸出に当たってはノーカット公開を要求するようになった。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た今村太平

    漫画映画論(今村太平、書籍 2005年)スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

  • スタジオジブリ

    スタジオジブリから見た安藤雅司

    このような状況を指して、庵野秀明は1996年の時点で既に「宮さん(宮崎)におんぶにだっこのジブリの環境では、後継者は育ちませんよ」と指摘しており、後には当のジブリ経営陣であるはずの鈴木敏夫をして、ジブリは宮崎と高畑の2人の為のスタジオであり、人材が育つわけがないと発言している。鈴木はジブリの若手・中堅世代のアニメーター育成のためにテレコムからベテランアニメーターの大塚康生を招聘したが、その大塚の主なアドバイスは「宮さんの言うことは、右から聞いたら左へ流しなさい。自分の好きなように描け」というものであったといい、前述の近藤はその発言を受け入れたことで頭角を現した1人だったという。近藤没後の2001年、『千と千尋の神隠し』の作画監督をした安藤雅司もまた「ある意味、ジブリを壊していかなくてはいけない」と、ジブリの方法論に従うだけの現状を疎んでおり、実際に製作中ジブリの外からアニメーターを積極的に受け入れるなどしていた。スタジオジブリ フレッシュアイペディアより)

153件中 31 - 40件表示

「スタジオジブリ」のニューストピックワード