55件中 41 - 50件表示
  • 山内悦嗣

    山内悦嗣から見たスタンレー電気スタンレー電気

    開成高等学校を経て、一橋大学商学部卒業後、公認会計士登録し、1986年アーサー・アンダーセン日本代表に就任。1999年日本アンダーセン研究所副理事長、株式会社住友銀行取締役、2000年スタンレー電気株式会社監査役、2001年株式会社アマナ取締役、セイコーウオッチ株式会社監査役、2002年株式会社三井住友フィナンシャルグループ取締役、2003年ソニー株式会社取締役監査委員会議長、2005年ソニー生命保険株式会社監査役、2006年住友電装株式会社監査役、2011年株式会社アマナホールディングス、セイコーホールディングス株式会社監査役。山内悦嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 秦野市

    秦野市から見たスタンレー電気スタンレー電気

    工業製造品出荷額は5,381億円。事業所数は417、従業者数は15,617人(2000年)。戦後、市の中心部に工場の誘致を進め、日立製作所や島津製作所、スタンレー電気、東芝などの大企業も進出している(現在は関連企業のみとなっているものもある)。秦野市 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ

    ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータから見たスタンレー電気スタンレー電気

    部品の開発と生産は、方向センサをスタンレー電気と、表示部、コンピュータ、距離センサをアルプス電気と協業した。ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンピューター

    ジャンピューターから見たスタンレー電気スタンレー電気

    事の始まりは1981年6月。コピーヤーが「ジャンピューター」ならぬ「ジャンピュータ」という名称で商標登録しているとし、オルカ、G.G.Iといったメーカーが商標使用料をオペレーターから徴収するという問題が発生。その後の調査で「ジャンピュータ」という商標については自動車用電機メーカースタンレー電気が1978年10月に商標登録していることが分かり、それをコピーヤーがスタンレー電気から業務用ゲームについてのみ、コピーヤー側に1981年5月分割譲渡されていたことが分かった。ジャンピューター フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井はな

    櫻井はなから見たスタンレー電気スタンレー電気

    CEATEC JAPAN2013・スタンレー電気ブースコンパニオン(2013年10月)櫻井はな フレッシュアイペディアより)

  • 服部尚貴

    服部尚貴から見たスタンレー電気スタンレー電気

    その後前述のアメリカンフォーミュラ参戦のため、3年間のブランクが空くが、2000年の国内復帰の際にムーンクラフトがメンテナンスをしていた縁でチーム国光の「RAYBRIG NSX」で、高橋国光引退後のシートを射止め、シリーズに復帰する。2001年に免停処分で出場ができなかった星野一義の代役としてホシノレーシングに一時的に加入。その後プライベートチームの一ツ山レーシングに所属した後、2003年に今度はトヨタ系チームのKRAFTに移籍した。そこでダンロップワークスのドライバーとして活動。2006年シーズンから投入された新型のレクサス・SC430で、第3戦の富士スピードウェイにおいて優勝を果たした。これは、1996年最終戦美祢以来の優勝であった(ダンロップにとっても、1997年最終戦以来の勝利)。その後2度表彰台に上がりシリーズ9位となったものの、翌2007年にチーム、マシン共に大不振に陥り、同じダンロップタイヤを履くナカジマレーシングのNSXが1勝を含む3度の表彰台を記録しランキング2位を記録したのとは対照的に、シーズン中盤まで最新型マシンを手にできず、また新型投入後も熟成が進まず、入賞回数こそ9戦中5回を記録したものの最高位は6位に止まり、この年を以てSUPER GTから引退した。服部尚貴 フレッシュアイペディアより)

  • '87未来の東北博覧会

    '87未来の東北博覧会から見たスタンレー電気スタンレー電気

    出展者 : 新日本製鐵、日本鋼管、川崎製鉄、住友金属、神戸製鋼所、東北金属工業、日揮、日本精工、セイコー電子工業、沖電気工業、東北電気工事、国際電気、スタンレー電気、オリンパス光学工業、ウルトラクリーンテクノロジー協賛グループ'87未来の東北博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・モートン・スタンリー

    ヘンリー・モートン・スタンリーから見たスタンレー電気スタンレー電気

    スタンレー電気の社名はスタンリーにあやかってつけられた。ヘンリー・モートン・スタンリー フレッシュアイペディアより)

  • スタンレーレディスゴルフトーナメント

    スタンレーレディスゴルフトーナメントから見たスタンレー電気スタンレー電気

    スタンレーレディスゴルフトーナメントは毎年10月第1週から第2週にかけ、自動車機器及び電子機器の製造・販売を手がけるスタンレー電気の主催、日本女子プロゴルフ協会公認による女子プロゴルフトーナメントである。2017年現在、賞金総額9000万円、優勝賞金1620万円。スタンレーレディスゴルフトーナメント フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・アコード

    ホンダ・アコードから見たスタンレー電気スタンレー電気

    スタイルは先代のキープコンセプトだったが、サイズは5ナンバーフルサイズとなり、キャビンも全高が上げられたことにより居住性が向上した。サスペンション形式は、先代同様四輪ダブルウィッシュボーン式だが、この代はストロークが増やされ乗り心地や路面への追従性が向上した。室内の内張りの素材を、音がこもりやすいフロアやルーフには新開発のハニカム構造の防音材を採用し、触感も考慮された。またスタンレー電気と共同開発したマルチリフレクター式ヘッドライトが採用され、バルブのみが取り替えられるタイプに変更された。ホンダ・アコード フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「スタンレー電気」のニューストピックワード