562件中 11 - 20件表示
  • 未来史

    未来史から見たスタートレックスタートレック

    未来史SFの問題は、実際の時間が追いついてしまい、内容が時代遅れになってしまう点である。例えば、H・ビーム・パイパーの未来史では1973年に核戦争が起きることになっていた。また、『スタートレック』の未来史もそうなっている部分がある。この問題への対策はいくつか存在する。未来史 フレッシュアイペディアより)

  • ウルフ359の戦い

    ウルフ359の戦いから見たスタートレックスタートレック

    ウルフ359の戦い(ウルフ359のたたかい、Battle of Wolf 359)は、アメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズの『新スタートレック』に登場する架空の宇宙戦で、惑星連邦とボーグの初めての本格的な交戦である。ウルフ359の戦い フレッシュアイペディアより)

  • モンゴメリー・スコット

    モンゴメリー・スコットから見たスタートレックスタートレック

    モンゴメリー・スコット () は、アメリカのSF作品『スタートレック』シリーズ、主にテレビドラマ『宇宙大作戦』(TOS) の登場人物。宇宙パトロール船USSエンタープライズ号機関主任で、日本語吹替版での呼び名は「チャーリー」。カーク、スポック、マッコイにつぐ主要キャラである。俳優はTOSではジェームズ・ドゥーアン、2009年以降の映画ではサイモン・ペグ。モンゴメリー・スコット フレッシュアイペディアより)

  • 万能翻訳機

    万能翻訳機から見たスタートレックスタートレック

    万能翻訳機は基本的に同時通訳するが、それまで一度も録音されたことがない言語の場合、正しく翻訳できるようになるまで時間がかかることがある。例えば、スタートレックの万能翻訳機はそのようになっている。もっともらしさを演出するため、その言語の放送電波を受信することで、新しい言語のデータベースを蓄積するという設定になっていることもある。万能翻訳機 フレッシュアイペディアより)

  • 超光速航法

    超光速航法から見たスタートレックスタートレック

    SFテレビシリーズの『スタートレック』では、ワープ・エンジンにより宇宙船を包み込むように亜空間フィールドを発生させると、亜空間フィールドの膜に包まれた内部は、プランク時間以内に通常の空間に対して光速で進み出し、ワープ航法を行うという設定になっている。作品中ではワープ用の亜空間フィールドのことを「ワープ・フィールド」ということもある。亜空間フィールドの膜の中は通常の空間であり、宇宙船自体は通常の空間に対して静止している。亜空間フィールドの外から見ると、宇宙船は亜空間フィールドの膜に包まれ光速で移動しているように見えるが、宇宙船自体は亜空間フィールドの膜の中にある通常の空間に対して静止している。『スタートレック』シリーズでは、亜空間という架空の空間により、光速以上の速さで移動できないという相対性理論との矛盾を回避している。超光速航法 フレッシュアイペディアより)

  • スター・トレック (2009年の映画)

    スター・トレック (2009年の映画)から見たスタートレックスタートレック

    『スター・トレック』(原題: Star Trek)は、2009年のアメリカのSF映画で、『スタートレック』の劇場版第11作。『宇宙大作戦』の登場人物が出演するものとしては劇場版第7作であるが、以前の作品からの直接的な続編ではないリ・イマジネーション・リブート作品である。スター・トレック (2009年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • IXS エンタープライズ

    IXS エンタープライズから見たスタートレックスタートレック

    NASAの「Advanced Propulsion Team」を先導するがワープを使用する宇宙船として提示したもので、スタイリングデザインにはスタートレック関連イラスト作品を数多く描いているアーティストのマーク・レドメーカーが参加した。構想は2010年から開始されたものといい、2013年11月に発表された。製作には1600時間以上の時間がかけられたという。IXS エンタープライズ フレッシュアイペディアより)

  • ファンボーイズ

    ファンボーイズから見たスタートレックスタートレック

    本作はスター・ウォーズファンを自認するスタッフによって制作されたもので、スター・ウォーズファンを主軸にしたコメディ映画である。各所にスター・ウォーズのパロディが散りばめられており、レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャー、ダース・モール役のレイ・パーク、ランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズがセルフパロディを行った他、『スタートレック』のジェームズ・T・カーク役のウィリアム・シャトナーも本人役で出演する。ファンボーイズ フレッシュアイペディアより)

  • ボーズマン (モンタナ州)

    ボーズマン (モンタナ州)から見たスタートレックスタートレック

    SFドラマシリーズ『新スタートレック』にU.S.S.ボーズマンという宇宙船が登場した。スタートレックシリーズのプロデューサーであるブラノン・ブラガがボーズマン出身であることによる。後に、スタートレックの世界では、2063年4月5日にボーズマンで地球人とバルカン人がファーストコンタクトすることになっている設定が追加された(『スタートレック:エンタープライズ』など)。ボーズマン (モンタナ州) フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・モンタルバン

    リカルド・モンタルバンから見たスタートレックスタートレック

    第二次世界大戦後にハリウッドスターとして活躍したほか、1970年代から1980年代にかけてのアメリカのテレビ・ドラマ『ファンタジー・アイランド』で主演として「ミスター・ローク」役を演じて、お茶の間のスターの座も確保した。またSF人気シリーズ『スタートレック』(TV及び映画)に出演し、カリスマ的な敵役「カーン」を演じて話題になるなど60年以上にわたり活躍した。リカルド・モンタルバン フレッシュアイペディアより)

562件中 11 - 20件表示

「スタートレック」のニューストピックワード