501件中 21 - 30件表示
  • リカルド・モンタルバン

    リカルド・モンタルバンから見たスタートレックスタートレック

    第二次世界大戦後にハリウッドスターとして活躍したほか、1970年代から1980年代にかけてのアメリカのテレビ・ドラマ『ファンタジー・アイランド』で主演として「ミスター・ローク」役を演じて、お茶の間のスターの座も確保した。またSF人気シリーズ『スタートレック』(TV及び映画)に出演し、カリスマ的な敵役「カーン」を演じて話題になった。リカルド・モンタルバン フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙戦艦

    宇宙戦艦から見たスタートレックスタートレック

    SFの勃興期に登場した最初期の宇宙戦艦は、1920年代からアメリカにおいて登場したスペースオペラ作品中で活躍するものである。『レンズマン』シリーズのドーントレス号などが代表的なものにあげられる。映像の分野では、やはりアメリカにおいて1966年から放映された『宇宙大作戦』(スタートレックシリーズ)に登場するUSSエンタープライズ、あるいは映画の『スター・ウォーズ』に登場する宇宙戦艦など、地球上における「戦艦」というイメージからは程遠い物となっている(エンタープライズはじめ宇宙艦隊の船のほとんどは、分類上は深宇宙探査船であり戦艦ではない。ただし防衛も任務の一つであるため、戦艦クラスの武装がなされている)。SFの勃興期において、現実世界では戦艦は現役かつ最強の兵器だった。その後戦艦という艦種が消滅するという事は想像の範囲外であって、遥か未来の宇宙空間における最強の宇宙船に「宇宙戦艦」の名前を与える事は、極めて自然な事であり、一方で未来世界・宇宙空間の兵器のデザイン等に現在の地球上の兵器のイメージを反映させる必要は無かった。よって欧米のSFにおける宇宙戦艦が、現実の戦艦とは似ても似つかぬものになるのは当然だった。宇宙戦艦 フレッシュアイペディアより)

  • フェイザー

    フェイザーから見たスタートレックスタートレック

    フェイザー(Phaser、フェーザー)とはアメリカのSFドラマ『スタートレック』シリーズに登場する架空の兵器。フェイザー フレッシュアイペディアより)

  • 今川泰宏

    今川泰宏から見たスタートレックスタートレック

    トレッキーでもあるため『スタートレック』の吹き替え声優を多く起用している。今川作品に出演した声優の大半は、その後も今川関連作品に出演することが多く、監督ではなく脚本についているはずの作品でも今川作品の常連を配した作品もある。今川泰宏 フレッシュアイペディアより)

  • 超光速航法

    超光速航法から見たスタートレックスタートレック

    SFテレビシリーズの『スタートレック』では、ワープ・エンジンにより宇宙船を包み込むように亜空間フィールドを発生させると、亜空間フィールドの膜に包まれた内部は、プランク時間以内に通常の空間に対して光速で進み出し、ワープ航法を行うという設定になっている。作品中ではワープ用の亜空間フィールドのことを「ワープ・フィールド」言うこともある。亜空間フィールドの膜の中は通常の空間であり、宇宙船自体は通常の空間に対して静止している。亜空間フィールドの外から見ると、宇宙船は亜空間フィールドの膜に包まれ光速で移動しているように見えるが、宇宙船自体は亜空間フィールドの膜の中にある通常の空間に対して静止している。『スタートレック』シリーズでは、亜空間という架空の空間により、光速以上の速さで移動できないという相対性理論との矛盾を回避している。超光速航法 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙空母ギャラクティカ

    宇宙空母ギャラクティカから見たスタートレックスタートレック

    リ=イマジニングシリーズは、『スタートレック』シリーズの脚本家として知られるロナルド・D・ムーアらによる「バトルスター・ギャラクティカ」のシリーズである。宇宙空母ギャラクティカ フレッシュアイペディアより)

  • スター・トレック (2009年の映画)

    スター・トレック (2009年の映画)から見たスタートレックスタートレック

    『スター・トレック』(原題: Star Trek)は、2009年のアメリカ映画。劇場版『スタートレック』の第11作目であり、『宇宙大作戦』より少し前の時代が舞台の映画である。スター・トレック (2009年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 沢海 陽子

    沢海陽子から見たスタートレックスタートレック

    同事務所所属の大塚明夫と2005年2月11日に結婚。2008年2月に離婚(2009年2月21日放送のラジオ大阪 「岩田光央・鈴村健一 スウィートイグニッション」にて大塚明夫が離婚について明言)。『コヨーテ ラグタイムショー』にて主役とその宿敵として夫婦共演。その後も『レジェンド・オブ・ゾロ』においてアントニオ・バンデラス(吹き替えは大塚が担当)の妻役であるキャサリン・ゼタ=ジョーンズの吹き替えを担当した。また、『木曜洋画劇場』で放映された『ブレイド2』では義父である大塚周夫とのトリプル共演も実現している。またシリーズは違うものの、夫婦二人とも『スタートレック』に出演していることから、それぞれの役にちなみ二人の結婚を「セブン、ライカーを同化」と報じるものもあった。沢海陽子 フレッシュアイペディアより)

  • CSI:科学捜査班

    CSI:科学捜査班から見たスタートレックスタートレック

    頭脳明晰で腕も確かだが少々変わった性格の持ち主で、空気を読まない減らず口を叩く癖がある為、CSIのメンバーからは若干敬遠されている節がある。また、検査の結果を直接主任に報告してしまうことから、ニックからは受けがよくなかった。ラボ時代のグレッグに憎まれ口を利く事を特に好んでおり、彼が捜査官になってからは以前の彼の素っ頓狂な姿を懐かしむこともある。彼女は居たが、ふられている。本人曰く「運動神経は無い」。劣性遺伝によりシアン化合物を嗅ぎ分ける嗅覚を持っている。飼い猫の名前は「Mr.K」、またの名を「コバヤシマル」。名前はスタートレックに関係すると思われるが、話をグリッソムに打ち切られたため不明。CSI:科学捜査班 フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック ジェネレーションズ

    スタートレック ジェネレーションズから見たスタートレックスタートレック

    『スタートレック ジェネレーションズ』(Star Trek: Generations)は、 1994年のアメリカ映画でスタートレックの映画第7作目。『新スタートレック』の登場人物が出演する劇場版としては、記念すべき第1作となる。監督はデビッド・カーソン。スタートレック ジェネレーションズ フレッシュアイペディアより)

501件中 21 - 30件表示

「スタートレック」のニューストピックワード