69件中 21 - 30件表示
  • スタートレック

    スタートレックから見たスタートレック (映画)

    1977年にはドラマ版として『スタートレック:フェイズII』の企画が立ち上がり、キャストを呼んだ撮影まで行われた。だが、『スター・ウォーズ』のヒットをはじめとするSF映画ブームがおこったため、企画はドラマ版から劇場版へと変更され、劇場版第1作として公開されるに至った。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たサードパーティー

    以前は版権元によりスタートレックシリーズの作品は「正史(canon)」「非正史」といった分類がなされていた事もあったが、2012年以降スタートレックの版権元であるCBSは「正史(canon)」ではなく「公式(official)」という表現を用いて、スタートレックシリーズの作品を「CBS・パラマウントが製作したオフィシャルな作品(テレビドラマや映画など)」「オフィシャルライセンス契約に基づいてサードパーティーが製作した作品(各種書籍・ゲームなど)」「オフィシャルライセンス契約がなされていないファンメイドの作品(いわゆるファンムービーなど)」の三つに分類し、「CBS・パラマウントが製作したオフィシャルな作品」と「オフィシャルライセンス契約に基づいてサードパーティーが製作した作品」について『スタートレック』シリーズ公式サイトで取り扱っている。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たスタートレック:ヴォイジャー

    長く作品が制作され続けるシリーズでは、これまでの作品を「なかったこと」にして、複雑化した設定を一新することがよくあるが、このシリーズではほとんどすべての作品が同じ宇宙を共有している。そのため、『新スタートレック』『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』『スタートレック:ヴォイジャー』はすべて『宇宙大作戦』から見て未来の出来事であり、『スタートレック:エンタープライズ』『スタートレック:ディスカバリー』は『宇宙大作戦』から見て過去の出来事である。劇場版第11作では初めて『宇宙大作戦』とは別の宇宙をメインのストーリーラインとして扱うが、次元を超えたタイムトラベルにより新たに誕生した平行宇宙を舞台にするという設定により、旧来の作品との連続性が保たれている(『宇宙大作戦』に始まる宇宙は別に存続している)。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たスポック

    役名、『宇宙大作戦』でのキャスト、劇場版第11作でのキャスト、の順で表記。なお、『宇宙大作戦』でスポックを演じたレナード・ニモイは、未来から来たスポック(スポック・プライム)の役で、劇場版第11作以降の作品にも出演している。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見た絶版

    小説の日本語訳は、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』と『スタートレック:ヴォイジャー』が角川文庫から、他がハヤカワ文庫から出版されたが、多くが絶版状態となっている。また、ドラマや劇場版のノベライズとは別に、オリジナル小説もいくつか出版された。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見た角川文庫

    小説の日本語訳は、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』と『スタートレック:ヴォイジャー』が角川文庫から、他がハヤカワ文庫から出版されたが、多くが絶版状態となっている。また、ドラマや劇場版のノベライズとは別に、オリジナル小説もいくつか出版された。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たスター・トレック BEYOND

    劇場版第11作から劇場版第13作までが舞台とする平行宇宙。ネロ達が次元を超えたタイムトラベルを行ったために新たに生じた宇宙で、2233年以前の出来事は主要宇宙と同一である。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たパイロット版

    次にロッデンベリーがこの企画を持ち込んだNBCではパイロット版を製作するよう言われ、ジェフリー・ハンターをクリストファー・パイク船長役としたパイロット版「」を製作する事になった。この第一パイロット版はNBCからアクションシーンの少なさを指摘された。しかし、異例ながら第二パイロット版の製作が許可され、ロッデンベリーはウィリアム・シャトナーをジェームズ・T・カーク船長役とする「」を製作した。この第二パイロット版のおかげで、1966年2月に初代シリーズである『宇宙大作戦』の放映が決定され、同年9月より放映される事となった。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たテレビドラマ

    『スタートレック』()とは、アメリカのSFテレビドラマシリーズ。1966年の放映開始以来、6本のドラマ作品、13本の劇場版、1本のアニメ作品が制作されている。ハードSF的なものからコメディー、スペースオペラ的なものまで、様々な話がある。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たスタートレック:ディープ・スペース・ナイン

    長く作品が制作され続けるシリーズでは、これまでの作品を「なかったこと」にして、複雑化した設定を一新することがよくあるが、このシリーズではほとんどすべての作品が同じ宇宙を共有している。そのため、『新スタートレック』『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』『スタートレック:ヴォイジャー』はすべて『宇宙大作戦』から見て未来の出来事であり、『スタートレック:エンタープライズ』『スタートレック:ディスカバリー』は『宇宙大作戦』から見て過去の出来事である。劇場版第11作では初めて『宇宙大作戦』とは別の宇宙をメインのストーリーラインとして扱うが、次元を超えたタイムトラベルにより新たに誕生した平行宇宙を舞台にするという設定により、旧来の作品との連続性が保たれている(『宇宙大作戦』に始まる宇宙は別に存続している)。スタートレック フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「スタートレック」のニューストピックワード