69件中 51 - 60件表示
  • スタートレック

    スタートレックから見たかばん語

    この平行宇宙を指す公式名は当初存在せず、ファンからは「別現実(劇場版第11作での台詞に由来)」「エイブラムスバース(J・J・エイブラムスと宇宙のかばん語)」などと呼ばれていたが、劇場版第13作の公開前になって「ケルヴィン・タイムライン」という公式名が与えられた。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たターミナル (映画)

    『スタートレック』の熱心なファンのことを、トレッキーまたはトレッカーと呼ぶが、アメリカのみならず世界中の宇宙関連事業関係者にもファンが多いと言われる。また、スティーヴン・ホーキングのように、『スタートレック』を自らの講演で引用したり、ゲストとして出演するような著名人もいる。また、『ターミナル』の入国審査官のように、現代のアメリカを舞台とした作品で、登場人物がトレッキーという設定になっていることもある。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たハヤカワ文庫

    小説の日本語訳は、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』と『スタートレック:ヴォイジャー』が角川文庫から、他がハヤカワ文庫から出版されたが、多くが絶版状態となっている。また、ドラマや劇場版のノベライズとは別に、オリジナル小説もいくつか出版された。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見た声優

    作品が何度も映像化される際、同じ声優が確保できなかったり、当初日本語版でカットされていたシーンに後から吹き替えを追加したことで、声優がこまめに変更されてしまうケースが存在する。なお、劇場版は便宜上「劇場版第○作」で表記した。役名の括弧内は日本語版での呼称。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たロミュラン人

    地球は150個ほどの星系とともに惑星連邦という組織を形成しており、宇宙艦隊を編成して銀河系の探査や学術調査、外交、治安維持等の任務にあてている。他にも様々な星間国家が存在して、武力行使を含めた外交の駆け引きを繰り広げている。惑星連邦の本部はパリにあり、宇宙艦隊の本部はサンフランシスコにある。惑星連邦内では軍事力を伴った紛争がほぼ根絶されたが、他の星間国家との間ではそうはなっていない。クリンゴン帝国やロミュラン帝国、カーデシア連合などの侵略的な国家との関係が必ずしも良好ではないためである。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見た万能翻訳機

    登場する異星人にはヒューマノイド型の異星人が多い。これは元々の遺伝子が同じものであったからということが『新スタートレック』で語られている。クリンゴン人を始めいくつかの種族には独自の言語が設定されているが、高性能な宇宙翻訳機があるため、基本的にどの星の人とも英語で会話ができる(フェレンギ人が過去の地球に囚われてしまった話には、翻訳機が頭に埋め込まれていることを示唆する描写がある)。未知の言語であっても普通はコンピューターが短時間で解析し翻訳できるようになるが、一部の特殊な言語を持つ種族に対しては翻訳が不能であるなど例外もある。22世紀ではまだ翻訳機の性能が低く、意思疎通に苦労することも多かった。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見た天文現象

    『スタートレック:エンタープライズ』では惑星連邦設立以前の時代を描いているが、他の作品に出てくる星間帝国や異星人が登場しており、シリーズとしての一貫性が保たれている。また、銀河系の一部しか知られていないという設定のため、後の作品では既成の事実や知識となっている未知の異星人や、天文現象と初めて遭遇するパターンも多く使われている。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たスタートレック:フェイズII

    1977年にはドラマ版として『スタートレック:フェイズII』の企画が立ち上がり、キャストを呼んだ撮影まで行われた。だが、『スター・ウォーズ』のヒットをはじめとするSF映画ブームがおこったため、企画はドラマ版から劇場版へと変更され、劇場版第1作として公開されるに至った。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たタイムトラベル

    長く作品が制作され続けるシリーズでは、これまでの作品を「なかったこと」にして、複雑化した設定を一新することがよくあるが、このシリーズではほとんどすべての作品が同じ宇宙を共有している。そのため、『新スタートレック』『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』『スタートレック:ヴォイジャー』はすべて『宇宙大作戦』から見て未来の出来事であり、『スタートレック:エンタープライズ』『スタートレック:ディスカバリー』は『宇宙大作戦』から見て過去の出来事である。劇場版第11作では初めて『宇宙大作戦』とは別の宇宙をメインのストーリーラインとして扱うが、次元を超えたタイムトラベルにより新たに誕生した平行宇宙を舞台にするという設定により、旧来の作品との連続性が保たれている(『宇宙大作戦』に始まる宇宙は別に存続している)。スタートレック フレッシュアイペディアより)

  • スタートレック

    スタートレックから見たNBC

    次にロッデンベリーがこの企画を持ち込んだNBCではパイロット版を製作するよう言われ、ジェフリー・ハンターをクリストファー・パイク船長役としたパイロット版「」を製作する事になった。この第一パイロット版はNBCからアクションシーンの少なさを指摘された。しかし、異例ながら第二パイロット版の製作が許可され、ロッデンベリーはウィリアム・シャトナーをジェームズ・T・カーク船長役とする「」を製作した。この第二パイロット版のおかげで、1966年2月に初代シリーズである『宇宙大作戦』の放映が決定され、同年9月より放映される事となった。スタートレック フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「スタートレック」のニューストピックワード