スチュワート・シンク ニュース&Wiki etc.

スチュワート・シンク(Stewart Cink, 1973年5月21日 - )は、アメリカ・アラバマ州ハンツビル出身の男子プロゴルファー。2009年の全英オープンゴルフ優勝者になった選手である。世界ゴルフ選手権シリーズでも2004年のNECインビテーショナルで優勝経験があり、アメリカを代表するプロゴルファーの1人として活… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「スチュワート・シンク」のつながり調べ

  • 全英オープン (ゴルフ)

    全英オープン (ゴルフ)から見たスチュワート・シンク

    こうした特徴から、リンクスコースは経験が必要とされ、近年では2008年に当時53歳で過去当選手権の優勝者であるグレッグ・ノーマンが3日目終了時点で首位に立ち (最終的には3位タイ) 、2009年には当時59歳で過去当選手権を5度制しているトム・ワトソンが最終日の最終ホールまで首位を守る (最終的にプレーオフでスチュワート・シンクに敗れ2位) など、他のメジャーよりもいわゆるベテラン選手と呼ばれる選手たちの活躍が多い。2010年にR&Aはこうした活躍を考慮して、選手権出場の60歳定年制を変更し、歴代優勝者のうち過去5年の当選手権で上位10位までの選手に選手権出場資格を与えることを決定した。トム・ワトソンは2011年以降の当選手権にこの資格で出場し、自身の持つ最年長予選通過記録を64歳まで更新した。(全英オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • ローリー・マキロイ

    ローリー・マキロイから見たスチュワート・シンク

    2009年のWGCアクセンチュアマッチプレー選手権で、マキロイは4回戦進出を遂げた。1回戦では南アフリカのルイス・ウーストハウゼンを 2 & 1で破り、2回戦ではハンター・メイハンを 1-up で退け、3回戦では 4 & 3でティム・クラークを下したが、4回戦でジェフ・オギルビーに2 & 1で敗れた。なおオギルビーはその後ポール・ケーシー、スチュワート・シンクに勝利して優勝している。マキロイは5月までPGAツアーに参戦し、ホンダ・クラシックで13位タイ、CA選手権で20位タイ、シェル・ヒューストン・オープンでは19位タイと好成績を収めた。(ローリー・マキロイ フレッシュアイペディアより)

「スチュワート・シンク」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「スチュワート・シンク」のニューストピックワード