前へ 1 次へ
4件中 1 - 4件表示
  • ローリー・マキロイ

    ローリー・マキロイから見たスチュワート・シンクスチュワート・シンク

    2009年のWGCアクセンチュアマッチプレー選手権で、マキロイは4回戦進出を遂げた。1回戦では南アフリカのルイス・ウーストハウゼンを 2 & 1で破り、2回戦ではハンター・メイハンを 1-up で退け、3回戦では 4 & 3でティム・クラークを下したが、4回戦でジェフ・オギルビーに2 & 1で敗れた。なおオギルビーはその後ポール・ケーシー、スチュワート・シンクに勝利して優勝している。マキロイは5月までPGAツアーに参戦し、ホンダ・クラシックで13位タイ、CA選手権で20位タイ、シェル・ヒューストン・オープンでは19位タイと好成績を収めた。ローリー・マキロイ フレッシュアイペディアより)

  • 全英オープン (ゴルフ)

    全英オープン (ゴルフ)から見たスチュワート・シンクスチュワート・シンク

    こうした特徴から、リンクスコースは経験が必要とされ、近年では2008年に当時53歳で過去当大会の優勝者であるグレッグ・ノーマンが3日目終了時点で首位に立ち (最終的には3位タイ) 、2009年には当時59歳で過去当大会を5度制しているトム・ワトソンが最終日の最終ホールまで首位を守る (最終的にプレーオフでスチュワート・シンクに敗れ2位) など、他のメジャー大会よりもいわゆるベテラン選手と呼ばれる選手たちの活躍が多い。2010年にR&Aはこうした活躍を考慮して、大会出場の60歳定年制を変更し、歴代優勝者のうち過去5年の当大会で上位10位までの選手に大会出場資格を与えることを決定した。トム・ワトソンは2011年以降の当大会にこの資格での出場を表明しており、2011年、2012年と最年長予選通過記録を更新している。全英オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見たスチュワート・シンクスチュワート・シンク

    優勝:スチュワート・シンク(アメリカ合衆国) -2(278)(プレーオフ)初優勝2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たスチュワート・シンクスチュワート・シンク

    2009年の全英オープンでは初日から好調で、最終日単独首位に立つも、プレーオフの結果惜敗の2位(優勝はスチュワート・シンク)。59歳のトムが優勝すれば大会史上最年長優勝の記録を142年ぶりにぬりかえることから、観客も大きな声援を送った。トムもそれにこたえるように終始堂々とプレーし、周囲に大きな感動を与えた。また現地コース際でリポートしていた青木功が大会終了後、往年の盟友・戦友であるトムが優勝できなかったことを大いに残念に思い涙した映像がメディアで放送された。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
4件中 1 - 4件表示

「スチュワート・シンク」のニューストピックワード