前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
379件中 1 - 10件表示
  • Ryohei

    Ryoheiから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    京都府長岡京市出身。南山大学経営学部卒業。豊田通商株式会社に入社後、デトロイト:スティーヴィー・ワンダーバンドリーダーのキースジョンにボーカリストとして認められ退社。2000年 スティーヴィー・ワンダーバンドの元でボーカル修業。ARTIMAGE所属。2003年にワーナーミュージック・ジャパンより山本領平としてデビュー。2006年にエイベックス系のレーベルrhythm zoneに移籍し、アーティスト名をRyoheiに変更し、2009年からはDJ ratpak(共犯者を意味)という名義でミュージシャンとDJプレイでセッション活動を開始。2010年 ARTIMAGEから独立。2012年 Rat the Wolfプロジェクトを発表。Ryohei フレッシュアイペディアより)

  • 羊毛とおはな

    羊毛とおはなから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    Superstition(スティーヴィー・ワンダーのカバー)羊毛とおはな フレッシュアイペディアより)

  • 帰ってほしいの (アルバム)

    帰ってほしいの (アルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    「ノーバディ」「帰ってほしいの」の2曲は、ベリー・ゴーディ・ジュニアを中心としたプロデューサー・チームであるザ・コーポレーションが、ジャクソン5のために書き下ろした曲である。他はカヴァー曲で、フォー・トップス、スティーヴィー・ワンダー、ミラクルズ、マーヴィン・ゲイ、テンプテーションズといった同じモータウン所属のアーティストの曲や、スライ&ザ・ファミリー・ストーンやP-Funkの曲も含まれている。帰ってほしいの (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 愛の園 (AI NO SONO)

    愛の園 (AI NO SONO)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーのアルバム『シークレット・ライフ』収録曲のカヴァーとなる作品で、編曲はYMOの坂本龍一が担当した。バックコーラスは子供たちが担当した。愛の園 (AI NO SONO) フレッシュアイペディアより)

  • ベック・ボガート & アピス (アルバム)

    ベック・ボガート & アピス (アルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ジェフ・ベックとしてはアルバム『ジェフ・ベック・グループ』、ティム・ボガートとカーマイン・アピスとしてはアルバム『OT'N Sweaty』に続くアルバム。彼ら3人によるこの新バンドはジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスやクリームの流れを継ぐスーパー・トリオとなった。しかしこの頃はハードロック、グラム・ロック、プログレッシブ・ロックなどロックが多様化している時代であり、今作で聴かれるサウンドは既に時代遅れのものになりつつあった。また、モンスター級の音を出すカーマイン・アピス+ティム・ボガートのリズム体と孤高のギタリストジェフ・ベックの対決のような構図も、あまり一般リスナーの耳に馴染みやすいものではなかった。しかしスティーヴィー・ワンダー提供の「迷信」やカーティス・メイフィールドのカバー「アイム・ソー・プラウド」などポップな楽曲にも支えられて売り上げは悪くなく、凄まじいステージ・パフォーマンスもあってツアーも好調なものとなった。ベック・ボガート & アピス (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ボウズ

    ダニー・ボウズから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    音楽的な影響はスティーヴィー・ワンダー、プリンス、マーヴィン・ゲイ、ポール・ロジャース、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、フリーなど、ロックからR&Bまで幅広い。中でもスティーヴィー・ワンダーとプリンスが彼のソングライターとしての2大ヒーローとなっている。シンガーとしてはポール・ロジャースに最初に憧れ、ジェイムズ・デューアやデイヴィッド・カヴァデール、グレン・ヒューズにも影響を受けたとのこと。ダニー・ボウズ フレッシュアイペディアより)

  • 風に吹かれて (ボブ・ディランの曲)

    風に吹かれて (ボブ・ディランの曲)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーがカヴァーした1966年のシングルは、『ビルボード』誌8月27日付「トップ・セリング R&B シングルズ」チャートで1位に、9月3日付「Hot 100」チャートで最高9位を記録した。風に吹かれて (ボブ・ディランの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ベリー・ゴーディ

    ベリー・ゴーディから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    才能の発掘と育成におけるゴーディーの手腕は、注意深く管理されたアーティストたちのパブリック・イメージと相まって、モータウンに全米での成功をもたらし、やがてそれは国外にも広まっていった。その後、1960年代を通して、ゴーディーは、 スプリームス、マーヴィン・ゲイ、コントゥアーズ(The Contours)、ジミー・ラフィン(Jimmy Ruffin)、テンプテーションズ、フォー・トップス、グラディス・ナイト&ザ・ピップス(Gladys Knight & the Pips)、コモドアーズ、ヴェルヴェレッツ(The Velvelettes)、マーサ&ザ・ヴァンデラス、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン・ファイヴといったアーティストたちと契約を結んだ。ベリー・ゴーディ フレッシュアイペディアより)

  • 36.5℃

    36.5℃から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    シングルとしてすでに発表されていた「あたいの夏休み」にスティーヴィー・ワンダーが参加した以外は基本的に国内でレコーディングされたが、アルバムのミキシングとマスタリングは海外で行われた。マスタリングを手掛けたのはニューヨーク、スターリング・サウンド・スタジオの大物で世界屈指の名エンジニア、テッド・ジェンセン。ミキシングは同じくニューヨークのパワー・ステーション・スタジオにて、ラリー・アレキサンダーの手によって行われている。36.5℃ フレッシュアイペディアより)

  • すごいぞ!テープ

    すごいぞ!テープから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーの『キー・オブ・ライフ』からの選曲。この作品では久保田の一人多重アカペラによって構成されている。すごいぞ!テープ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
379件中 1 - 10件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード

  • 破門 ふたりのヤクビョーガミ

  • 上演後に放心状態になる自分が想像できる

  • これほどぶっ飛んでて性的な作品が舞台化とか、興味しかない!