379件中 91 - 100件表示
  • シークレット・ライフ

    シークレット・ライフから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    シークレット・ライフ(Journey through the Secret Life of Plants)は、1979年に発表されたスティーヴィー・ワンダーのサウンドトラック。シークレット・ライフ フレッシュアイペディアより)

  • ピアニカ前田

    ピアニカ前田から見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    友人から、スティービー・ワンダーの「イズントシーラヴリー」の間奏は実は鍵盤ハーモニカだと吹き込まれ、鍵盤ハーモニカ奏者になる(実際はハーモニカで演奏)。ピアニカ前田 フレッシュアイペディアより)

  • ジュ

    ジュから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    好きな歌手はビヨンセ、スティービー・ワンダー、インディア・アリー。ジュ フレッシュアイペディアより)

  • 3D-boys

    3D-boysから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    DJネーム「アーチ」として活躍する、新人のラジオDJ。DJプロダクション「株式会社3D」所属。3D社長のベベの付き人をやりながら、DJという仕事の勉強をしている。20歳。乙女座。血液型はB型。DJネームの由来は、尊敬するサーファーであるマット・アーチボルトのニックネーム。1年前、ロサンゼルスでプロサーファーを目指していたが、怪我によりその夢を挫折しかけていた。そのとき、KJLH(スティービー・ワンダーがオーナーの、ロサンゼルスのFMラジオ局)から流れたベベのDJとしての声と歌(ジャクソン5の「I'll Be There」)に勇気付けられた。そして、当時、バーテンダーのアルバイトをしていた店でベベと運命の出会いを果たす。その後、サンセット・グロリア(晴れた日の夕方に、ブレイクした波の白い部分が夕日の影響で蛍光グリーンに光る現象。サーファーの間では、見ることができたら幸せになれる波と伝説のように語られている)を見たときに、隣にいたベベに「DJにならないか」と口説かれ、海の波を電波という波に乗り換え、日本に帰国しDJの仕事に就くことに。「I'll Be There」はアーチと耕作を繋ぎ止める、作中のキーとなる楽曲である。劇中劇「L.A.クラック!!」では、主人公の人気DJ「DJクラック」を演じる。3D-boys フレッシュアイペディアより)

  • シリータ・ライト

    シリータ・ライトから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    シリータ・ライト (Syreeta Wright 、通称(Syreeta)1946年8月3日-2004年7月6日)はアメリカ合衆国のソウルシンガー。ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれ。バックアップシンガーとして活動していたがスティーヴィー・ワンダーと結婚し、夫のプロデュースを受けデビュー。後にスティーヴィー・ワンダーと離婚。リオン・ウェアのプロデュースを受けたり、ミゼル・ブラザーズ作品に参加するなどのキャリアを重ねる。シリータ・ライト フレッシュアイペディアより)

  • VOICE NOVA

    VOICE NOVAから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    Part-Time Lover *スティーヴィー・ワンダーのカバーVOICE NOVA フレッシュアイペディアより)

  • ギャングスタズ・パラダイス

    ギャングスタズ・パラダイスから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    この曲はスティーヴィー・ワンダーの1976年の楽曲「楽園の彼方へ」(Pastime Paradise) をサンプリングしている。1995年のグラミー賞では、クーリオとL.V.に加え、スティーヴィー・ワンダーも共演した。ギャングスタズ・パラダイス フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダーの作品

    スティーヴィー・ワンダーの作品から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーの作品は、スティーヴィー・ワンダーのアルバム、シングルの一覧である。スティーヴィー・ワンダーの作品 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・オン・ステージ

    スティーヴィー・オン・ステージから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・オン・ステージ(Stevie Wonder Live)は、1970年に発表されたスティーヴィー・ワンダーのアルバム。2枚目のライブ・アルバムである。スティーヴィー・オン・ステージ フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・フィリンゲインズ

    グレッグ・フィリンゲインズから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ミシガン州デトロイトで生まれ、後にカリフォルニア州ロサンゼルスに移る。スティーヴィー・ワンダーの楽曲をインストゥルメンタルにアレンジした演奏が、スティーヴィー本人に気に入られ、1976年にスティーヴィーのバック・バンドに加入。その後、主にR&Bやフュージョンの分野を中心に、スタジオ・ミュージシャンとして精力的に活動。1979年にはマイケル・ジャクソンの『オフ・ザ・ウォール』に参加し、その後もマイケルの作品の制作に深く関わっていく。グレッグ・フィリンゲインズ フレッシュアイペディアより)

379件中 91 - 100件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード

  • 破門 ふたりのヤクビョーガミ

  • 上演後に放心状態になる自分が想像できる

  • これほどぶっ飛んでて性的な作品が舞台化とか、興味しかない!