523件中 111 - 120件表示
  • アラバマ・シェイクス

    アラバマ・シェイクスから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    2012年9月、バンドはワイト島のベスティヴァルに、ザ・エックス・エックスやスティーヴィー・ワンダーとならんで出演。彼らは2013年2月16日のオースティン・シティ・リミッツ に登場し、「踏ん張って(Hold On)」「いつでも大丈夫(Always Alright)」「君はひとりじゃない(You Ain't Alone)」「私は変わったの(I Ain't the Same)」「道すがら(On Your Way)」を演奏した。アラバマ・シェイクス フレッシュアイペディアより)

  • エイブラハム・ラボリエル

    エイブラハム・ラボリエルから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ポップスからR&B、フュージョンと幅広く活動しており、スティーヴィー・ワンダー、バーブラ・ストライサンド、アル・ジャロウ、ドリー・パートン、エルトン・ジョン、レイ・チャールズ、マドンナ、ポール・サイモン、キース・グリーン、リサ・ローブ、クインシー・ジョーンズ、デイブ・グルーシン、ラス・タフ、エンゲルベルト・フンパーディンク、クリスタル・ルイス、クリス・アイザック、マイケル・ジャクソン、日本のアーティストでは渡辺貞夫、神保彰、松任谷由実、中島みゆき、高中正義、織田哲郎、角松敏生など多様なアーティストのレコーディングに参加している。エイブラハム・ラボリエル フレッシュアイペディアより)

  • 死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム

    死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバムから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    4枚: ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズ、レナード・コーエン、マイルス・デイヴィス、ブライアン・イーノ、PJハーヴェイ、キンクス、メタリカ、ジョニ・ミッチェル、ピンク・フロイド、R.E.M.、レディオヘッド、スティーリー・ダン、トーキング・ヘッズ, U2、スティーヴィー・ワンダー死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム フレッシュアイペディアより)

  • ウィークエンド歌謡スペシャル

    ウィークエンド歌謡スペシャルから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    オープニング兼エンディングは、Overjoyed(スティーヴィー・ワンダー) のピアノメインアレンジのインストゥルメンタルを使用していた。ウィークエンド歌謡スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • シルヴァー・ポニー

    シルヴァー・ポニーから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    イフ・イッツ・マジック - "If It's Magic" (Stevie Wonder) - 4:34シルヴァー・ポニー フレッシュアイペディアより)

  • 野村昌之

    野村昌之から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    高崎晃によると、野村はスティーヴィー・ワンダーの大ファンで、そうした音楽のエンジニアを目指していたが、1982年4月10日のLOUDNESSの日比谷野外音楽堂公演で大音量でコンサートを行った事で、近隣住民からのクレームが殺到した事による出入り禁止の伝説を作ったエンジニアとして知れ渡った事から、しばらくの間ヘヴィメタル関連の仕事ばかり舞い込んできて困っていたという。野村昌之 フレッシュアイペディアより)

  • てぃーんず ぶるーす

    てぃーんず ぶるーすから見たスティービーワンダースティーヴィー・ワンダー

    原田が作ったデモテープの時点では、イントロにスティービーワンダーのようなブルースハープが入り、アコースティックギターのカッティングを基調とした作りで、「洋楽のロックアーティストがあえてアコギを弾いて歌ってるような渋いイメージ」を想定していたが、出来上がってきたアレンジは、キーボードを主体とした、当時のニューミュージックの先端をいくような軽いタッチのものに変更されていた。またテレビでも、あえてピアノを弾いて歌う演出法がとられたり、曲自体をもっとハードに仕上げたかった原田と製作側の意向とではギャップがあったようである。てぃーんず ぶるーす フレッシュアイペディアより)

  • 加納浩敬

    加納浩敬から見たスティービーワンダースティーヴィー・ワンダー

    ルーサー・ヴァンドロス、メルバムーア、バレリーシンプソン、スティービーワンダー、ベン・E・キングのバックコーラスを務め、「セサミストリート」等にも出演していたヴォイストレーナー・Beverly Hanshaw Smithから指導を受ける。加納浩敬 フレッシュアイペディアより)

  • 3D-boys

    3D-boysから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    DJネーム「アーチ」として活躍する、新人のラジオDJ。DJプロダクション「株式会社3D」所属。3D社長のベベの付き人をやりながら、DJという仕事の勉強をしている。20歳。乙女座。血液型はB型。DJネームの由来は、尊敬するサーファーであるマット・アーチボルトのニックネーム。1年前、ロサンゼルスでプロサーファーを目指していたが、怪我によりその夢を挫折しかけていた。そのとき、KJLH(スティービー・ワンダーがオーナーの、ロサンゼルスのFMラジオ局)から流れたベベのDJとしての声と歌(ジャクソン5の「I'll Be There」)に勇気付けられた。そして、当時、バーテンダーのアルバイトをしていた店でベベと運命の出会いを果たす。その後、サンセット・グロリア(晴れた日の夕方に、ブレイクした波の白い部分が夕日の影響で蛍光グリーンに光る現象。サーファーの間では、見ることができたら幸せになれる波と伝説のように語られている)を見たときに、隣にいたベベに「DJにならないか」と口説かれ、海の波を電波という波に乗り換え、日本に帰国しDJの仕事に就くことに。「I'll Be There」はアーチと耕作を繋ぎ止める、作中のキーとなる楽曲である。劇中劇「L.A.クラック!!」では、主人公の人気DJ「DJクラック」を演じる。3D-boys フレッシュアイペディアより)

  • 藤村美樹

    藤村美樹から見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティービー・ワンダーの大ファンで、アルバムでも曲をカバーしていた。藤村美樹 フレッシュアイペディアより)

523件中 111 - 120件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード