523件中 131 - 140件表示
  • メタモーフォシス

    メタモーフォシスから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    アイ・ドント・ノウ・ホワイ(スティーヴィー・ワンダーのカバー)メタモーフォシス フレッシュアイペディアより)

  • ブギー (アルバム)

    ブギー (アルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    愛するあの娘に - "I Was Made to Love Her" (Henry Cosby, Sylvia Moy, Stevie Wonder) - 4:17ブギー (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ウーマン・イン・レッド

    ウーマン・イン・レッドから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ウーマン・イン・レッド(The Woman in Red)は、1984年に発表されたスティーヴィー・ワンダーのアルバム。ウーマン・イン・レッド フレッシュアイペディアより)

  • ウーマン・イン・レッド (映画)

    ウーマン・イン・レッド (映画)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    サウンドトラックはスティーヴィー・ワンダーが手掛け、主題歌「心の愛」(I Just Call to Say I Love You)は第57回アカデミー歌曲賞と第42回ゴールデングローブ賞 主題歌賞を受賞した。ウーマン・イン・レッド (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 南雲玲生

    南雲玲生から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    my cherie amour (dj nagureo feat. sana名義) - スティーヴィー・ワンダーのカバー。南雲玲生 フレッシュアイペディアより)

  • 君の手がささやいている

    君の手がささやいているから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    主題歌:「心の愛(I just called to say I love you)」スティーヴィー・ワンダー君の手がささやいている フレッシュアイペディアより)

  • キーボード・マガジン

    キーボード・マガジンから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    創刊特集タイトルは「80年代はキーボードが主役だ!」、創刊号でのインタビュー記事は、リック・ウェイクマン、ヤン・ハマー、ミッキー吉野、尾崎亜美、本田竹広、徹底研究はキース・ジャレット、そのほかビリー・ジョエル、リチャード・ティー、スティーヴィー・ワンダーが取り上げられていた。キーボード・マガジン フレッシュアイペディアより)

  • ラブ IN ニューヨーク

    ラブ IN ニューヨークから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    なおこの歌は、1985年に、ディオンヌ&フレンズ(ディオンヌ・ワーウィック、グラディス・ナイト、エルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダー)がシングル「愛のハーモニー」としてカヴァーし、86年1月にはビルボード・トップ100に4週間1位となる大ヒットを記録。87年グラミー賞年間最優秀楽曲賞を受賞した。ラブ IN ニューヨーク フレッシュアイペディアより)

  • 太陽のあたる場所 (スティーヴィー・ワンダーのアルバム)

    太陽のあたる場所 (スティーヴィー・ワンダーのアルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    太陽のあたる場所(Down to Earth )は、1966年に発表されたスティーヴィー・ワンダーのアルバム。6枚目のオリジナル・アルバム。太陽のあたる場所 (スティーヴィー・ワンダーのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • A.J.クラウチ

    A.J.クラウチから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    4歳の時点では脳腫瘍により彼は完全に盲目であったが、10歳になるにつれ彼の左目は徐々に視力を回復していった。しかし、人生において困難なこの時期に彼はスティーヴィー・ワンダーやレイ・チャールズの音楽との出会いによって感化され、ラジオやレコードから流れる曲に合わせてピアノを弾くことを覚える。A.J.クラウチ フレッシュアイペディアより)

523件中 131 - 140件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード