523件中 11 - 20件表示
  • トゥー・ロウ・フォー・ゼロ

    トゥー・ロウ・フォー・ゼロから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加している。トゥー・ロウ・フォー・ゼロ フレッシュアイペディアより)

  • ソングス・フロム・ザ・ウエストコースト

    ソングス・フロム・ザ・ウエストコーストから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティービー・ワンダーやルーファス・ウェインライトがゲスト参加。ソングス・フロム・ザ・ウエストコースト フレッシュアイペディアより)

  • COVER ALL YO!

    COVER ALL YO!から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    作詞・作曲: Stevie Wonder、原曲歌唱: スティーヴィー・ワンダーCOVER ALL YO! フレッシュアイペディアより)

  • 帰ってほしいの (アルバム)

    帰ってほしいの (アルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    「ノーバディ」「帰ってほしいの」の2曲は、ベリー・ゴーディ・ジュニアを中心としたプロデューサー・チームであるザ・コーポレーションが、ジャクソン5のために書き下ろした曲である。他はカヴァー曲で、フォー・トップス、スティーヴィー・ワンダー、ミラクルズ、マーヴィン・ゲイ、テンプテーションズといった同じモータウン所属のアーティストの曲や、スライ&ザ・ファミリー・ストーンやP-Funkの曲も含まれている。帰ってほしいの (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • CINDY

    CINDYから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    作詞:Stevie Wonder 作曲:Stevie WonderCINDY フレッシュアイペディアより)

  • 石井聖子

    石井聖子から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    2. OVER JOYED(作詞・作曲:Stevie Wonder、編曲:菅原弘明) ※スティーヴィー・ワンダーのカバー石井聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 母乳 (アルバム)

    母乳 (アルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    オーディションの結果、ジョン・フルシアンテとチャド・スミスが加入。スティーヴィー・ワンダーの『ハイヤー・グラウンド (Higher Ground)』やジミ・ヘンドリックスの『ファイア - Fire』などをカバーしているが、ドラッグ中毒で死亡したヒレル・スロヴァクに贈られた「ノック・ミー・ダウン - Knock Me Down」などの楽曲が揃う作品となった。母乳 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 愛の園 (AI NO SONO)

    愛の園 (AI NO SONO)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーのアルバム『シークレット・ライフ』収録曲のカヴァーとなる作品で、編曲はYMOの坂本龍一が担当、またシンセサイザー・プログラミングを松武秀樹が担当した。バックコーラスは子供たちが担当した。愛の園 (AI NO SONO) フレッシュアイペディアより)

  • Ken's Bar II

    Ken's Bar IIから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    作詞・作曲: Stevie Wonder、編曲: Frank McComb(vo・pf)Ken's Bar II フレッシュアイペディアより)

  • マーヴィン・ゲイ

    マーヴィン・ゲイから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    1971年1月、シングル「ホワッツ・ゴーイン・オン」を発表。この曲の成功を受けて、同年5月にアルバム『ホワッツ・ゴーイン・オン』を発表する。華麗で美しい楽曲と隙のない緻密なアレンジによる音楽性は絶賛を受け、アルバムと共にシングル・カットされた「マーシー・マーシー・ミー」も大ヒットを記録する。音楽以上に人々に衝撃を与えたのは、このアルバムが、ベトナム戦争や公害、貧困といった社会問題を取り上げた歌詞と、それに対する苦悩を赤裸々に表現したマーヴィンの歌唱であった。当時、シングル盤が中心であった黒人音楽の世界に、一つのテーマ、特に社会情勢などを元にしたコンセプト・アルバムを制作することは画期的なことであり、またこのアルバムで、内容に対して消極的になっていた会社に対して、マーヴィン自身がセルフ・プロデュースという制作体制で望んだことも大きな注目を集めた。自分の感じたままのことを干渉されずに作品にまとめ上げるというこのセルフ・プロデュースの姿勢は、同世代に活躍した黒人ミュージシャンに大きな影響を与え、マーヴィンの行動に触発されたダニー・ハサウェイやスティーヴィー・ワンダー、カーティス・メイフィールドなどのアーティストが、より自分の才能をいかしたより個人的世界を反映した作家性の高い、意欲的で充実した作品を多く生み出すことになり、「ニューソウル」という新しい音楽を確立することとなった。また、この影響はベイビーフェイスなどの次世代の黒人アーティストにも受け継がれている。マーヴィン・ゲイ フレッシュアイペディアより)

523件中 11 - 20件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード