379件中 21 - 30件表示
  • ジャスティン・ビーバー

    ジャスティン・ビーバーから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    カナダに生まれ、オンタリオ州ストラットフォードで育った。曾祖父はドイツ人であり、また母はフランス系カナダ人である。ビーバー自身もフランス系カナダ人学校に通った。母が18歳の時にジャスティンが生まれている。彼は12歳のとき、地元の歌手コンペティションに2回出場したことがある。またピアノ、ドラムス、ギター、トランペットなどの楽器を独学で学ぶ。2007年末頃から、彼はアッシャー、スティーヴィー・ワンダー、Ne-Yo、マイケル・ジャクソン、ジャスティン・ティンバーレイクなどの曲をカバーしてYouTubeに投稿し始める。トロントに拠点を置くRapidDiscoveryMedia社は、YouTubeやMySpaceアカウントの管理、プロデュース、編集、プロモーション活動などを援助した。クリス・ブラウンは自身の曲「ウィズ・ユー」を歌唱するジャスティンの姿をYouTubeで見て、個人的に電話をかけて祝福した。ジャスティン・ビーバー フレッシュアイペディアより)

  • 光永亮太

    光永亮太から見たスティービーワンダースティーヴィー・ワンダー

    シカゴ在住時にWe Are The Worldのビデオに出逢い、4歳で歌手になることを志す。以来、Michael Jackson、Quincy Jones、Stevie Wonder、Hall & Oates、Babyface、Phil Collins、安全地帯らに強い影響を受ける。光永亮太 フレッシュアイペディアより)

  • クラビネット

    クラビネットから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    Clavinet I、Clavinet II、Clavinet C(スティーヴィー・ワンダーが『迷信』で使用した白い外観のもの)、Clavinet L(キース・エマーソンが初期ELPで使用した、台形ボディで白黒反転鍵盤のもの)を経て、最も有名なD6となる。その後、外装を軽く簡素なものとしたE-7、ピアネットを内蔵した最終モデルDuoと変遷を遂げていった。Duoをもってクラビネットの歴史は幕を閉じるが、1980年代になってホーナー社は日本で製造されたデジタルピアノを "Clavinet DP" の名称で発売した。もちろん、楽器としてのクラビネットとは関係はない。クラビネット フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    4歳で楽譜なしでピアノが演奏できるようになった。父親が初めて聴かせてくれたレコードはスティーヴィー・ワンダーであり、その後ブルース・スプリングスティーンの曲などをピアノで練習するようになる。多くの有名アーティストを手掛けた先生からレッスンを受けるようになり、13歳になるころには初のピアノ・バラードを自分自身で作曲。11歳当時にジュリアード学院の音楽部門に合格するも、当時は音楽にさほど興味が無く入学を辞退し、マンハッタンのカトリック系私立学校、聖心女子学院()へ進学。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • 後楽園球場

    後楽園球場から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    コンサートでも数多く利用され、日本初のスタジアムライブとなった1968年(昭和43年)8月12日のザ・タイガース公演を端緒として、西城秀樹、矢沢永吉、アリス、キャンディーズ、ピンク・レディー、たのきんトリオなどの国内アーティストの他、エマーソン・レイク・アンド・パーマー、フリー、グランド・ファンク・レイルロード、サイモン&ガーファンクル、マイケル・ジャクソン、マドンナ、スティーヴィー・ワンダー、デュラン・デュラン、ライオネル・リッチー、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースなどの欧米のスーパースターが大規模コンサートを行ない、コンサート以外でも日本テレビの「アメリカ横断ウルトラクイズ」などの巨大イベントで使用された。また太平洋戦争が開戦された際には在京新聞8社の主催で「米英撃滅国民大会」が挙行されている。後楽園球場 フレッシュアイペディアより)

  • キリンビバレッジ

    キリンビバレッジから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    主なBGMはスティーヴィー・ワンダーによる"To Feel the Fire"であったが、反町から変更。大泉からはさらに一新し、爆風スランプの過去の楽曲「無理だ! 〜YOU CAN NOT DO THAT〜」の替え歌バージョン「挽きたての歌」を大泉が歌った。福山時代は、自ら書き下ろした新曲「明日の☆SHOW」を歌った。2012年3月からは、くりぃむしちゅーの二人をメインキャラクターに起用、爆風スランプの楽曲「Runner」をBGM(アレンジ:内山肇)に使用している。キリンビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • サンプリング

    サンプリングから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーの「Pastime Paradise」をまんま使い。サンプリング フレッシュアイペディアより)

  • シンセサイザー

    シンセサイザーから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    最初のサンプリングシンセ製品(ミニコンDEC PDP-8使用)。発音は単音のみで、後にARP 2600と連携可能になった。1979年スティービー・ワンダーがサウンドトラックに使用シンセサイザー フレッシュアイペディアより)

  • マーヴィン・ゲイ

    マーヴィン・ゲイから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    1971年、アルバムWhat's Going On(『ホワッツ・ゴーイン・オン)』を発表する。華麗で美しい楽曲と隙のない緻密なアレンジによる音楽性は絶賛を受け、アルバムと共にシングルで発売されたタイトル曲やMercy Mercy Me(「マーシー・マーシー・ミー」)も大ヒットを記録する。音楽以上に人々に衝撃を与えたのは、このアルバムが、ベトナム戦争や公害、貧困といった社会問題を取り上げた歌詞と、それに対する苦悩を赤裸々に表現したマーヴィンの熱唱であった。当時、シングル盤が中心であった黒人音楽の世界に、一つのテーマ、特に社会情勢などを元にしたアルバムを制作することは画期的なことであり、またこのアルバムで、内容に対して消極的になっていた会社に対して、マーヴィン自身がセルフ・プロデュースという制作体制で望んだことも大きな注目を集めた。自分の感じたままのことを干渉されずに作品にまとめ上げるというこのセルフ・プロデュースの姿勢は、同世代に活躍した黒人アーティストに大きな影響を与え、マーヴィンの行動に触発されたダニー・ハサウェイやスティーヴィー・ワンダー、カーティス・メイフィールドなどのアーティストが、より自分の才能をいかしたより個人的世界を反映した作家性の高い、意欲的で充実した作品を多く生み出すことになり、「ニューソウル」という新しい音楽を確立することとなった。また、この影響はベイビーフェイスなどの次世代の黒人アーティストにも十分に受け継がれている。マーヴィン・ゲイ フレッシュアイペディアより)

  • トゥー・ロウ・フォー・ゼロ

    トゥー・ロウ・フォー・ゼロから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加している。トゥー・ロウ・フォー・ゼロ フレッシュアイペディアより)

379件中 21 - 30件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード

  • 破門 ふたりのヤクビョーガミ

  • 上演後に放心状態になる自分が想像できる

  • これほどぶっ飛んでて性的な作品が舞台化とか、興味しかない!