523件中 21 - 30件表示
  • フレンズ (ディオンヌ・ワーウィックのアルバム)

    フレンズ (ディオンヌ・ワーウィックのアルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    アリスタ・レコードの社長クライヴ・デイヴィスがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、バート・バカラックとキャロル・ベイヤー・セイガーの夫婦が10曲中5曲をプロデュースした。そのうち「愛のハーモニー」は、元々はロッド・スチュワートが映画『ラブ IN ニューヨーク』で歌唱した曲のリメイクで、本作ではスティーヴィー・ワンダー、グラディス・ナイト、エルトン・ジョンの3人がゲスト参加する運びとなった。また、「愛は果てしなく」はセイガー自身がアルバム『真夜中にくちづけ』(1981年)で発表した曲のリメイクで、セイガーのオリジナル・ヴァージョンは全米30位を記録している。フレンズ (ディオンヌ・ワーウィックのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ベリー・ゴーディ

    ベリー・ゴーディから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    才能の発掘と育成におけるゴーディーの手腕は、注意深く管理されたアーティストたちのパブリック・イメージと相まって、モータウンに全米での成功をもたらし、やがてそれは国外にも広まっていった。その後、1960年代を通して、ゴーディーは、スプリームス、マーヴィン・ゲイ、コントゥアーズ(The Contours)、ジミー・ラフィン(Jimmy Ruffin)、テンプテーションズ、フォー・トップス、グラディス・ナイト&ザ・ピップス(Gladys Knight & the Pips)、コモドアーズ、ヴェルヴェレッツ(The Velvelettes)、マーサ&ザ・ヴァンデラス、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン・ファイヴといったアーティストたちと契約を結んだ。ベリー・ゴーディ フレッシュアイペディアより)

  • ブッシュ (スヌープ・ドッグのアルバム)

    ブッシュ (スヌープ・ドッグのアルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    前作「7 Days of Funk」から2年ぶりのアルバム。プロデューサーには「第56回グラミー賞」で最優秀プロデューサー賞となったPharrell Williamsを迎え、ゲストミュージシャンにはStevie Wonder、Charlie Wilson、ラッパーのT.I.、Kendrick Lamar、Rick Rossらが参加するなど、豪華なアルバムとなっている。Snoopは「本当に考えるだけでも恐ろしいんだが、制作するにあたって、Dr. Dreとの作品と『Drop It Like It's Hot』を越えなければならなかった。Dr. DreとPharrellは今のオレの偉大さを支えているよ。そしてオレのキャリアの頂点はDr. Dreの『2001』とPharrellとの曲である『Beautiful』と『Drop It Like It's Hot』。さらに今回のアルバムが加わったんだ」。ブッシュ (スヌープ・ドッグのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 木下航志

    木下航志から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    木下 航志(きした こうし、1989年5月8日 - )は全盲の日本のミュージシャン。鹿児島県薩摩川内市出身。“和製スティーヴィー・ワンダー”とも呼ばれる。木下航志 フレッシュアイペディアより)

  • 風に吹かれて (ボブ・ディランの曲)

    風に吹かれて (ボブ・ディランの曲)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーがカヴァーした1966年のシングルは、『ビルボード』誌8月27日付「トップ・セリング R&B シングルズ」チャートで1位に、9月3日付「Hot 100」チャートで最高9位を記録した。風に吹かれて (ボブ・ディランの曲) フレッシュアイペディアより)

  • バックコーラスの歌姫たち

    バックコーラスの歌姫たちから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    マイケル・ジャクソン 、ミック・ジャガー、ブルース・スプリングスティーン、スティーヴィー・ワンダー、スティングなどの音楽界のトップスターを陰で支えてきたバックシンガー。しかし、数々のヒット・ソング で記憶に残るハーモニーを訊かせてきた彼女たちの名前が知られることはほとんどない。トップシンガー達と変わらないほどの実力を持ち、いつかはステージのメインに立とうと夢見るバックシンガー。バックシンガーに誇りを持ち、今でも一線で活躍するもの。音楽業界に利用され、夢を打ち砕かれたもの。運に恵まれたもの、そうでなかったもの。これまでスターの陰に隠れていた彼女達に初めてスポットライトを当てた本作は、傷つけられても、歌うことに喜びを見出し、音楽を愛し続けた名もなき歌姫たちの人生を描く。バックコーラスの歌姫たち フレッシュアイペディアより)

  • メアリー・J. ブライジ

    メアリー・J. ブライジから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    2000年に発売された日本独自企画のコンピレーション・アルバムであるバラード・アルバム『バラッズ』には、スティーヴィー・ワンダーの「オーヴァージョイド」を収録。このカバーは友人であるマイケル・ジョーダンの企画・仲介で実現した。コンサートツアーやユニセフのチャリティー・コンサート参加など、多忙を極める中、Soul Train "Lady of Soul" AwardでR&B/Soul Album of the Year, Solo(「Mary」)とR&B/Soul or Rap Song of the Year(「オール・ザット・アイ・キャン・セイ」)の2冠に輝く。メアリー・J. ブライジ フレッシュアイペディアより)

  • ルーサー・ヴァンドロス

    ルーサー・ヴァンドロスから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    葬儀はニューヨーク市にて 2005年7月8日に行われた。葬儀には、親友のスティーヴィー・ワンダーをはじめ、アレサ・フランクリン、ディオンヌ・ワーウィック、パティ・ラベル、アッシャー、アリシア・キーズ、シシー・ヒューストン(ホイットニー・ヒューストンの母)等、大物アーティストが参列した。2日後、ニュージャージー州のジョージ・ワシントン共同墓地に埋葬された。ルーサー・ヴァンドロス フレッシュアイペディアより)

  • すごいぞ!テープ

    すごいぞ!テープから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーの『キー・オブ・ライフ』からの選曲。この作品では久保田の一人多重アカペラによって構成されている。すごいぞ!テープ フレッシュアイペディアより)

  • Tokyo Junction

    Tokyo Junctionから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    作詞・作曲:Stevie Wonder / 編曲:STokyo Junction フレッシュアイペディアより)

523件中 21 - 30件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード