523件中 31 - 40件表示
  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    幼少時からアレサ・フランクリン、ホイットニー・ヒューストン、ジェームス・ブラウン、スティーヴィー・ワンダー、ダニー・ハサウェイ、マーヴィン・ゲイ、ミニー・リパートン、シャギー・オーティス、ジャクソン5、スプリームス等が好きで、ソウルミュージックやゴスペル、R&Bに夢中になり、次第にそれ以外の音楽も聴き、自分なりの音楽スタイルを求めるようになった。7歳ごろのビヨンセはダンス・スクールに通い、最初にビヨンセの才能を見出したダンス講師の勧めで学校主催のタレント・ショーに出場した。ビヨンセはステージの上では自分がまったくの別人に生まれ変わることに気づき、パフォーマンスへの自信をつける。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • サプライズ (ハービー・マンのアルバム)

    サプライズ (ハービー・マンのアルバム)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    「ケイジャン・ムーン」、「クリーピン」、「イースター・ライジング」、「アサ・ブランカ」ではがリード・ボーカルを担当し、ヒューストンは「ドロウ・ユア・ブレイクス」でもコーラス隊の一員として参加している。「ケイジャン・ムーン」はJ・J・ケイルがアルバム『Okie』(1974年)で発表した曲のカヴァーで、「クリーピン」はスティーヴィー・ワンダーがアルバム『ファースト・フィナーレ』(1974年)で発表した曲のカヴァー。サプライズ (ハービー・マンのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • サンプリング

    サンプリングから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーの1976年のNo.1ヒット「Pastime Paradise(楽園の彼方へ)」をまんま使い。サンプリング フレッシュアイペディアより)

  • ソウルブック

    ソウルブックから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    収録曲のオリジナル・ヴァージョンを発表したスティーヴィー・ワンダーとスモーキー・ロビンソンの本人参加に加えて、メアリー・J. ブライジとジェニファー・ハドソンもゲスト参加した。また、レコーディング・メンバーの一人ボブ・バビットは、モータウンで多くのヒット曲のレコーディングに参加したのメンバーだった。プロデュースはスティーヴ・ジョーダンとスティーヴ・タイレルが曲ごとに担当したが、「ラヴ・トレイン」のみジョーダン、タイレル、それにチャック・ケンティスが共同プロデュースした。ソウルブック フレッシュアイペディアより)

  • 清貴

    清貴から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    影響を受けたミュージシャンには、スティーヴィー・ワンダー、アレサ・フランクリン、ニーナ・シモン、ダニー・ハサウェイ、ビル・エヴァンス、ナット・キング・コール、ビリー・ジョエル、マライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、ルーサー・ヴァンドロス、エルトン・ジョン、セリーヌ・ディオン、、、矢野顕子、松任谷由実、久石譲、槙原敬之、モーリス・ラベル、フレデリック・ショパンなどを挙げている。清貴 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・コスビー

    ヘンリー・コスビーから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーの初期のヒット作『マイ・シェリー・アモール』『愛するあの娘に』『アップタイト』をワンダーと共作した。ヘンリー・コスビー フレッシュアイペディアより)

  • Ryohei

    Ryoheiから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    2000年、デトロイト:スティーヴィー・ワンダーバンドリーダーのキースジョンに認められスティーヴィー・ワンダーバンドの元でボーカル修業。Ryohei フレッシュアイペディアより)

  • 原田真二

    原田真二から見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    父は英語塾の講師、母は小学校の国語教師。母の影響で幼少の頃から読書好きでニックネームが博士。宇宙飛行士になるのが夢だった少年だったが、小学校上学年の頃、ザ・モンキーズのテレビショーを見て音楽に興味を持つようになり中学からギターを始める。中学、高校は、エルビス・プレスリー、エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、スティービー・ワンダー等の洋楽に魅了される根っからの洋楽志向。ブラック・アンド・ホワイトの両方を好む。原田真二 フレッシュアイペディアより)

  • Saltie

    Saltieから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    2010年8月8日、SUMMER SONIC東京公演スティービー・ワンダーCHOIRメンバーとして共演を果たした。Saltie フレッシュアイペディアより)

  • 後楽園球場

    後楽園球場から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    コンサートでも数多く利用され、日本初のスタジアムライブとなった1968年(昭和43年)8月12日のザ・タイガース公演を端緒として、西城秀樹、矢沢永吉、アリス、キャンディーズ、ピンク・レディー、たのきんトリオなどの国内アーティストの他、エマーソン・レイク・アンド・パーマー、フリー、グランド・ファンク・レイルロード、サイモン&ガーファンクル、マイケル・ジャクソン、マドンナ、スティーヴィー・ワンダー、デュラン・デュラン、ライオネル・リッチー、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースなどの欧米のスーパースターが大規模コンサートを行ない、コンサート以外でも日本テレビの「アメリカ横断ウルトラクイズ」などの巨大イベントで使用された。また太平洋戦争が開戦された際には在京新聞8社の主催で「米英撃滅国民大会」が挙行されている。後楽園球場 フレッシュアイペディアより)

523件中 31 - 40件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード