523件中 41 - 50件表示
  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    4歳で楽譜なしでピアノが演奏できるようになった。父親が初めて聴かせてくれたレコードはスティーヴィー・ワンダーであり、その後ブルース・スプリングスティーンの曲などをピアノで練習するようになる。多くの有名アーティストを手掛けた先生からレッスンを受けるようになり、13歳になるころには初のピアノ・バラードを自分自身で作曲。11歳当時にジュリアード学院の音楽部門に合格するも、当時は音楽にさほど興味が無く入学を辞退し、マンハッタンのカトリック系私立学校、聖心女子学院()へ進学。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

  • 黒田俊介

    黒田俊介から見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ビートルズやスティービー・ワンダー、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど、洋楽全般を好む。特に、スティービー・ワンダーの大ファンで、朝日新聞の「21STREET」では自称「堺のスティービー・ワンダー」と言っていた。また、邦楽では安全地帯の玉置浩二を尊敬しており、musicfair玉置特集回で「日本で一番 歌がうまい」と語った。また玉置作曲の「しあわせノのランプ」をカバーするなどしている。黒田俊介 フレッシュアイペディアより)

  • クラビネット

    クラビネットから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    Clavinet I、Clavinet II、Clavinet C(スティーヴィー・ワンダーが『迷信』で使用した白い外観のもの)、Clavinet L(キース・エマーソンが初期ELPで使用した、台形ボディで白黒反転鍵盤のもの)を経て、最も有名なD6となる。その後、外装を軽く簡素なものとしたE-7、ピアネットを内蔵した最終モデルDuoと変遷を遂げていった。Duoをもってクラビネットの歴史は幕を閉じるが、1980年代になってホーナー社は日本で製造されたデジタルピアノを "Clavinet DP" の名称で発売した。もちろん、楽器としてのクラビネットとは関係はない。クラビネット フレッシュアイペディアより)

  • トニー・ベネット

    トニー・ベネットから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    歌唱力と企画の両面に恵まれることからグラミー賞の常連的存在であり、最近では2003年にリリースしたシェリル・クロウ、ダイアナ・クラール、ビリー・ジョエル、スティーヴィー・ワンダーらと共演したデュエット・アルバム『ウィズ・マイ・フレンズ』、2005年の「アート・オブ・ロマンス」でBest Traditional Pop Vocal Album部門を受賞した。トニー・ベネット フレッシュアイペディアより)

  • 中西 保志

    中西保志から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    大学ではグリークラブに所属していた傍ら、大学二年の頃にバンドのボーカルを始める。二十歳の時に友人の誘いで自主制作ミュージカルの製作に関わるが急遽、代役として舞台に立つ事になりビリー・ジョエルの「素顔のままで(Just the Way You Are)」を歌う。大学4年生の時に大阪府のクラブ主催のオーディションで優勝。審査委員長はマーサ三宅であった。歌った曲はスティーヴィー・ワンダーの「心の愛」とビリー・ジョエルの「ニューヨークの想い」。中西保志 フレッシュアイペディアより)

  • モータウン

    モータウンから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    1961年から1971年、モータウンの曲がトップ・テンに110曲がランクインした。この時期モータウンにはダイアナ・ロスが在籍していたことで知られるスプリームス、フォー・トップス、ジャクソン5などが所属し、タムラではスティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、マーヴェレッツ、ミラクルズがヒット曲を重ねていた。最初はモータウンとタムラの2つのレーベルのみだったが、さらにいくつかのレーベルを所有するようになった。自身の名を冠した第3のレーベル「ゴーディ」(当初は「ミラクル」と呼ばれていた)はテンプテーションズ、コンツアズ、マーサ&ザ・ヴァンデラスなどが所属していた。第4のレーベル「V.I.P.」はヴェルヴェレッツ、スピナーズ、モニターズ、クリス・クラークなどがレコードをリリースしていた。モータウン フレッシュアイペディアより)

  • キリンビバレッジ

    キリンビバレッジから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    主なBGMはスティーヴィー・ワンダーによる"To Feel the Fire"であったが、反町から変更。大泉からはさらに一新し、爆風スランプの過去の楽曲「無理だ! 〜YOU CAN NOT DO THAT〜」の替え歌バージョン「挽きたての歌」を大泉が歌った。福山時代は、自ら書き下ろした新曲「明日の☆SHOW」を歌った。2012年3月からは、くりぃむしちゅーの二人をメインキャラクターに起用、爆風スランプの楽曲「Runner」をBGM(アレンジ:内山肇)に使用している。キリンビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ビーバー

    ジャスティン・ビーバーから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    『Christmas in Washington』の収録のため、ビーバーはホワイトハウスで米大統領バラク・オバマとファーストレディミシェル・オバマにスティービー・ワンダーの『Someday at Christmas』を歌った。これは2009年12月20日にTMTで放送された。また、2009年12月31日に『Dick Clark's New Year's Rockin' Eve with Ryan Seacrest』に出演した。2010年1月31日、ビーバーは第52回グラミー賞のプレゼンターを務め、またハイチ地震による被災者支援のために、25周年となった『We Are The World』のリメイクのレコーディングに参加した。ビーバーはオリジナルではライオネル・リッチーが歌った歌い出しを歌った。ジャスティン・ビーバー フレッシュアイペディアより)

  • シンセサイザー

    シンセサイザーから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    最初のサンプリングシンセ製品(ミニコンDEC PDP-8使用)。発音は単音のみで、後にARP 2600と連携可能になった。1979年スティービー・ワンダーがサウンドトラックに使用シンセサイザー フレッシュアイペディアより)

  • 光永亮太

    光永亮太から見たスティービーワンダースティーヴィー・ワンダー

    シカゴ在住時にWe Are The Worldのビデオに出逢い、4歳で歌手になることを志す。以来、Michael Jackson、Quincy Jones、Stevie Wonder、Hall & Oates、Babyface、Phil Collins、安全地帯らに強い影響を受ける。光永亮太 フレッシュアイペディアより)

523件中 41 - 50件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード