379件中 51 - 60件表示
  • ロジャー・メイヤー

    ロジャー・メイヤーから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ロジャー・メイヤーは英国海軍本部の水中探索プロジェクトの音響エンジニアの一員として働いていた。ギターエフェクトがほとんど知られていなかった頃、彼はビッグ・ジム・サリヴァン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックといった英国の著名なギタリスト達のためにディストーションの設計、組み立てしていた(P.J.プロビーのシングル"Hold Me" (1964)やヤードバーズの楽曲で使われている)。ヘンドリクスとは1967年の初旬にChislehurst Cavesでの演奏を鑑賞した際にお互い知ることとなった。ヘンドリクスはヤードバーズのレコードを知っており、あのようなギタートーンをどうすれば作る事ができるのかを詳しく知りたがった。 数週間のうちにメイヤーはヘンドリクスと共にスタジオに入り、ヘンドリクスが、彼の頭の中で"聴いた"サウンドを作るためにトーンを調整しエフェクターを設計した。メイヤーがデザインした音はアクシス:ボールド・アズ・ラヴとElectric Ladylandの全曲を通して聴くことができる。またメイヤーはヘンドリクスやヤードバーズ以外にもアイズレー・ブラザーズ から ボブ・マーリーに至るまで数多くのアーティストと共に仕事をした。(彼はまたスティーヴィー・ワンダーと共にシンセサイザーの開発もしていたが、もっとも近しく関係していたのはヘンドリクスだろう。)ロジャー・メイヤー フレッシュアイペディアより)

  • サンシャイン (スティーヴィー・ワンダーの曲)

    サンシャイン (スティーヴィー・ワンダーの曲)から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    「サンシャイン」(原題:You Are the Sunshine of My Life)は、スティーヴィー・ワンダーが1972年のアルバム『トーキング・ブック』で発表した楽曲。1973年には、同アルバムからの第2弾シングルとしてリリースされた。サンシャイン (スティーヴィー・ワンダーの曲) フレッシュアイペディアより)

  • On the Album

    On the Albumから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    29日-Stevie Wonder「Talking Book(トーキング・ブック)」('72)On the Album フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市立加茂中学校

    仙台市立加茂中学校から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダー(加茂中学校を訪問したことがある。)仙台市立加茂中学校 フレッシュアイペディアより)

  • テリ・リン・キャリントン

    テリ・リン・キャリントンから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ジェームズ・ムーディーやクラーク・テリーらとの共演を経て、ウェイン・ショーターのオーディションに合格し、Joy Ryderを録音、ツアーにも同行することで、名実なキャリアを上げる。ウェインとの仕事の上でロサンジェルスに移る。デイヴィッド・サンボーンのバンドにも参加し、1989年にデビュー作Real Life Storyをヴァーヴ・フォアキャストよりを発表。ショーター等のゲスト陣を据えたこのアルバムはグラミー賞へのノミネートを獲得した。1990年代は、ウェインのバンドに加え、スティーヴィー・ワンダーやハービー・ハンコック、ジョニ・ミッチェルらと共演。テリ・リン・キャリントン フレッシュアイペディアより)

  • エイモス・リー

    エイモス・リーから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    エイモス・リー(Amos Lee,1978年 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のシンガーソングライター、ギタリストである。その音楽スタイルにはフォークやソウル、ジャズなどが含まれる。ブルーノートから3つのアルバム "Amos Lee" と "Supply and Demand""Last Days at the Lodge" を発表。ボブ・ディランやエルヴィス・コステロ、ノラ・ジョーンズ、ポール・サイモン、マール・ハガードらのツアーに参加した経験がある。音楽的にスティービー・ワンダーやジョン・プライン、ビル・ウィザース、ジェームス・テイラーといったミュージシャンの影響を受けている。エイモス・リー フレッシュアイペディアより)

  • 長良川公園

    長良川公園から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    1988年7月22日夜 ぎふ中部未来博のメインイベントとして冨田勲による「トミタ・サウンドクラウド・イン・長良川」(テーマ「人間讃歌」)がスティーヴィー・ワンダーの協力を得て行われ約30万人が魅了された。(※現在の長良川公園として整備される以前)長良川公園 フレッシュアイペディアより)

  • キーボード・マガジン

    キーボード・マガジンから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    創刊特集タイトルは「80年代はキーボードが主役だ!」、創刊号でのインタビュー記事は、リック・ウェイクマン、ヤン・ハマー、ミッキー吉野、尾崎亜美、本田竹広、徹底研究はキース・ジャレット、そのほかビリー・ジョエル、リチャード・ティー、スティーヴィー・ワンダーが取り上げられていた。キーボード・マガジン フレッシュアイペディアより)

  • キョードー東京

    キョードー東京から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    キョードー東京は上記の他にも、ダイアナ・ロス、スティーヴィー・ワンダー、レイ・チャールズ、ボストン・ポップス・オーケストラ、マイケル・ジャクソン、マドンナ、ライオネル・リッチー、ポール・マッカートニー、ジャネット・ジャクソン、ケニー・G、パット・メセニー・グループ、ホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリー、ブリトニー・スピアーズ、バックストリート・ボーイズ、ダニエル・パウター、などの海外アーティストの招聘公演を行い、小田和正、谷村新司、井上陽水、南こうせつ、SMAP、安室奈美恵、浜崎あゆみ、宇多田ヒカル、BoA、倖田來未、L'Arc〜en〜Ciel、EXILE、藤井フミヤ、河村隆一、T.M.Revolution、葉加瀬太郎、押尾コータローなどの国内アーティストのコンサート、K-1、WWE、X-TRAIL JAM、世界フィギュアスケート選手権などのスポーツ、blast、CHICAGO、Movin'out、RENT、などの演劇、ミュージカル招聘などもこれまで数多く手がけている。また、現社長の山崎芳人は業界団体のコンサートプロモーターズ協会の会長を務める。キョードー東京 フレッシュアイペディアより)

  • タック&パティ

    タック&パティから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ボーカルとギターだけのシンプルな編成で、バラエティ豊かな世界を創り出す。基本的にはジャズと呼べる音楽だが、カバー曲の選曲はスティーヴィー・ワンダーなどのソウルミュージックや、ビートルズ、ジミ・ヘンドリックスなどのロックにも及ぶ。タックのギター・ソロも見せ場の一つであり、サンタナ「哀愁のヨーロッパ」やアース・ウィンド・アンド・ファイアーの「ゲッタウェイ」といった曲をも、ギター一本で表現してしまう。ソロアルバムでもその実力は遺憾なく発揮されている。パティは元々教会などで活動していたゴスペルシンガーであった事もあり、ソウルフルで力強いナンバーから、囁くような柔らかいスタイルまで幅広く歌いこなす。実生活でも互いを深く尊敬しあう夫婦である事もあり、二人のコンビネーションから生み出される温かみのある優しい音楽にはファンも多い。タック&パティ フレッシュアイペディアより)

379件中 51 - 60件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード

  • 破門 ふたりのヤクビョーガミ

  • 上演後に放心状態になる自分が想像できる

  • これほどぶっ飛んでて性的な作品が舞台化とか、興味しかない!