523件中 81 - 90件表示
  • リトル・スティービー・ワンダー

    リトル・スティービー・ワンダーから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    リトル・スティービー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・クヴァストホフ

    トーマス・クヴァストホフから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    『サー・デューク』(スティービー・ワンダートーマス・クヴァストホフ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤史果

    佐藤史果から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    11歳の時に見た映画「天使にラブ・ソングを2」にて、ゴスペルに強い衝撃を受け、自らの意思でゴスペルクワイアに参加し音楽活動を開始する。参加当初は、主にコーラスパートでの練習を重ねていたが、その歌に注目したディレクターよりリードヴォーカルを取るよう3ヶ月間にわたり熱いラブコールを受け、最終的に一度練習の場でリードとして、その歌を披露したところ、他参加者からも高評価を受け、歌手になることを強く決意する。また、同時期に津軽三味線に強い衝撃を受け、吉田良一郎(吉田兄弟)に弟子入りをする。同年2003年には、米ゴスペル界カリスマEdwin Hawkins主催のワークショップに参加。L.A.の教会では、地元クワイアと共に、スティーヴィー・ワンダーの前で歌うという経験をする。2008年には、1980年代に「おしゃれフリーク」や「Good Times」等、世界的大ヒットを量産したシックや、「We Are Family」で有名なSister Sledgeに在籍、また、ジョージ・ベンソン「Give Me The Night」にてバッキングヴォーカルとしても活躍した経緯を持つNYのヴォーカリスト、Diva Grayに見初められ、マンツーマンのスペシャルトレーニングを1年間受ける。佐藤史果 フレッシュアイペディアより)

  • アープ (電子楽器メーカー)

    アープ (電子楽器メーカー)から見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    モジュラー式と内部結線式が混合した中型シンセサイザー。スティービー・ワンダーなどがユーザとして有名。日本にも早くから輸入されており、1970年代前半、加藤和彦、深町純、大野克夫などが使用したと言われている。機動戦士ガンダムの効果音の多くはこのシンセサイザーで作成された。アープ (電子楽器メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • クレイトン・ブラザーズ・クインテット

    クレイトン・ブラザーズ・クインテットから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ジェフ・クレイトンは主にアルト・サックス、オーボエ、そしてフレンチ・ホーンやフルートなどのリード楽器を担当。スティーヴィー・ワンダーをはじめ、グラディス・ナイト、ケニー・ロジャース、マイケル・ジャクソン、チャカ・カーン、クイーン・ラティファ、パティ・ラベル、アース・ウィンド・アンド・ファイアー、マドンナ、ジャスティン・ティンバーレイク、クインシー・ジョーンズなど数々の有名なミュージシャンと共演・レコーディングをしたことがある。また、ジャズ界で有名なアーティスト、フランク・シナトラやエラ・フィッジェラルドなどとも共演したことがある。クレイトン・ブラザーズ・クインテット フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・ベラミー

    マシュー・ベラミーから見たスティービー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ピアノをはじめたきっかけはレイ・チャールズやスティービー・ワンダーなどのブラックミュージックだった。マシュー・ベラミー フレッシュアイペディアより)

  • ホワッツ・ザット・ユアー・ドゥイン

    ホワッツ・ザット・ユアー・ドゥインから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ホワッツ・ザット・ユアー・ドゥイン(What's That You're Doing?)は、1982年にポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー(Paul McCartney & Stevie Wonder)が発表した楽曲。アルバム『タッグ・オブ・ウォー』に収録されている。ポールとスティービー・ワンダーの共作・共演曲であり、ジャム・セッションから生まれた曲で曲でもある。ホワッツ・ザット・ユアー・ドゥイン フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・バクサー

    ブラッド・バクサーから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ブラッド・バクサー (Brad Buxer) は、アメリカのキーボーディスト、作曲家。アメリカのレコーディング・アーティストであるマイケル・ジャクソンとの数多くのコラボレーションで知られ、ツアーの音楽監督も長年務めいていた。ジャクソンと仕事をする前はスタジオ・ミュージシャンとして、スティーヴィー・ワンダー、スモーキー・ロビンソンの作品に携わるほか、ニュー・ウェーヴ・バンドのザ・ジェットゾーンズのメンバーとして活動していた。2000年代に、ジェットゾーンズの元メンバーであるブルース・コノールとともにザ・スイサイド・キングスを結成した。ブラッド・バクサー フレッシュアイペディアより)

  • LISTEN WITHOUT PREJUDICE VOL. 1

    LISTEN WITHOUT PREJUDICE VOL. 1から見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    ゼイ・ウォント・ゴー・ホエン・アイ・ゴー / They Won't Go When I Go (スティーヴィー・ワンダー、イヴォンヌ・ライト) - 9:17LISTEN WITHOUT PREJUDICE VOL. 1 フレッシュアイペディアより)

  • スヴァンテ・ヘンリソン

    スヴァンテ・ヘンリソンから見たスティーヴィー・ワンダースティーヴィー・ワンダー

    スヴァンテ・ヘンリソンは、ウメオ大学の教授の父親と教務部長の母親を両親に持ち、スウェーデン北部のウメオで育つ。12歳からロック・バンドでベースを弾き始めるようになり、2年後にはジャズ・ベースも始める。ウメオ・ジャズ・フェスティヴァルでのスタン・ゲッツの演奏に感化されミュージシャンになることを決意する。一方で、エステルスンドでのロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートをきっかけにクラシックにも興味を持つ。14歳からヘルネーサンドで2年間音楽を学んだ後、インゲスンド音楽大学とチェコのプラハ音楽院でコントラバスと作曲を学ぶ。プラハ音楽院在学中にマリス・ヤンソンスの元、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団の首席コントラバス奏者になる。ヨハン・バプティスト・ヴァンハルのコントラバス協奏曲でコントラバスのソリスト・デビューを果たす。1987年から1989年にかけて、ノルウェー室内管弦楽団(芸術監督はアイオナ・ブラウン)の首席コントラバス奏者を務める。1989年から1992年までヘヴィ・メタル・ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンのバンドにベーシストとしてアルバム・レコーディングとツアーに参加。この頃から独学でチェロを弾き始め、チェリストとしてノルウェー室内管弦楽団と活動するようになり、1991年にはベンジャミン・ブリテンの作品をリリースする。その後、クラシックのコントラバス奏者とチェリストとしての活動以外でも、ベーシストとしてジョーイ・テンペスト、グレン・ヒューズ、ライオンズ・シェア、ブレイズン・アボット、ハウス・オブ・シャキラなどのヘヴィ・メタル・ミュージシャン、スティーヴィー・ワンダー、エルヴィス・コステロ、ライアン・アダムスなどのロック/ポップス・ミュージシャン、スティーヴ・ガッド、プッテ・ウィックマンなどのジャズ・ミュージシャンに至るまであらゆるジャンルで活躍する。スヴァンテ・ヘンリソン フレッシュアイペディアより)

523件中 81 - 90件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード