112件中 11 - 20件表示
  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たシリータ・ライト

    1970年に歌手のシリータ・ライトと結婚したが、1972年に離婚。2001年にデザイナーのカイ・ミラード・モリスと結婚したが、2009年に別居、2012年に離婚が申請され、2015年10月5日離婚が成立した。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たデューク・エリントン

    1974年の第16回グラミー賞で、自身初の受賞を果たす(シングル「迷信」が最優秀男性R&Bボーカル賞と最優秀R&B楽曲賞、「サンシャイン」が最優秀男性ポップ・ボーカル賞、アルバム『インナーヴィジョンズ』が最優秀アルバム賞をそれぞれ受賞)。翌1975年2月のグラミー賞授賞式では、最優秀アルバム賞受賞後のスピーチで、この賞を前年に亡くなったデューク・エリントンに捧げると発言した。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たセルジオ・メンデス

    『ザ・リアル・シング』- セルジオ・メンデス(1977)スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たラウル・ミドン

    ラウル・ミドン 「Expressions Of Love」(ハーモニカを担当)スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たプリファブ・スプラウト

    プリファブ・スプラウト 「Nightingales」(ハーモニカを担当)スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たチャカ・カーン

    チャカ・カーン「I Feel For You」(ハーモニカを担当)スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たザップ (音楽グループ)

    また、特に70年代において、新しい楽器の導入にも貪欲さを示しており、上記の様にそのころに徐々に一般化し始めたモーグ・シンセサイザーなどをいち早く導入した代表的な人物であると共に、トーキング・モジュレーターも同様にいち早く取り入れて大々的に使用している。後者は後のザップ/ロジャー・トラウトマン等に影響を与えたとされる。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たナット・キング・コール

    スティーヴィーは自身が尊敬するアーティストとしてデューク・エリントンとナット・キング・コールを挙げている。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たジャーメイン・ジャクソン

    『レッツ・ゲット・シリアス』 - ジャーメイン・ジャクソン(1980)スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たビートルズ

    こうしてモータウンに加わったスティーヴィーは、61年に最初のレコーディングとして「Mother Thank You」を収録するが、結果として、デビューシングルはベリー・ゴーディーの手による「I Call It Pretty Music But The Old People Call It The Blues」に変更され、これが1962年の夏に発売された。結局、この曲が発表されたのは、タイトルを変えた上で、1964年になってからであった。続いて、シングル「Little Water Boy」(ヒットはしなかった)や、アルバム「The Jazz Soul of Little Stevie」と「Tribute to Uncle Ray」を発表し、こちらは小さなヒットとなった。スティーヴィーが12歳であった1962年末、モータウン・レビューの一員として全米をツアーする。このツアーで廻ったシカゴのリーガル・シアターでの20分ほどの演奏を録音したものが、1963年の5月にアルバム「Recorded Live: The 12 Year Old Genius」としてリリースされ、これがBillboard 200で1位になる大ヒットを記録。ここから同月にシングルカットされた「Fingertips - Part 1 & 2」もBillboard Hot 100で1位の大ヒットとなる。この、13歳での1位獲得は現在でも史上最年少の記録である。また、わずか12歳でデビューしたため、ビートルズのメンバーとは年齢が離れているにもかかわらず、キャリアとしては同等の長さを誇る。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

112件中 11 - 20件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード