118件中 71 - 80件表示
  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見た後楽園球場

    10月23日,24日,25日 大阪城ホール、27日 福岡国際センター、29日,30日,31日 国立代々木競技場第一体育館、11月2日,3日 後楽園球場、5日 仙台市体育館、7日,8日 道立産業共進会場スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たさいたまスーパーアリーナ

    12月27日,28日 さいたまスーパーアリーナ、30日 マリンメッセ福岡スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見た最後の夜/My Cherie Amour

    CHEMISTRY - 正式デビュー前のオーディション最終選考のため発売された仮デビューシングルでマイ・シェリー・アモールをカバーした。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見た大阪市中央体育館

    2月17日,18日 さいたまスーパーアリーナ、20日 名古屋レインボーホール、24日 仙台グランディ21、27日,28日 大阪市中央体育館スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たキー・オブ・ライフ

    1976年には、2枚組のオリジナル・アルバム『キー・オブ・ライフ (Songs in the Key of Life) 』をリリース。このアルバムは、当時全米アルバムチャート14週1位となる大ヒットになり、この年のグラミー賞の最優秀アルバム賞も受賞した。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見た名古屋レインボーホール

    4月12日 福岡国際センター、13日 広島サンプラザ、15日,16日,17日 大阪城ホール、19日,20日 名古屋レインボーホール、21日 静岡草薙体育館、23日,24日 横浜スタジアム、25日,26日,27日 日本武道館、29日 仙台市体育館スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たフェスティバルホール

    10月28日 福岡国際センター、29日 愛知県体育館、31日,11月1日,2日 フェスティバルホール、4日,5日 日本武道館、6日 横浜文化体育館、8日 宮城県スポーツセンター、9日 郡山市総合体育館スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見た平和活動

    1973年、従兄弟の運転する車に同乗した際に交通事故に遭う。この事故の後遺症で一時味覚と嗅覚を失うが、その後のリハビリが功を奏し、ほぼ完全に回復。この体験により慈善活動や平和活動に目覚め、後の1980年代には南アフリカのアパルトヘイト政策に反対する歌、公民権運動指導者のマーティン・ルーサー・キング牧師を讃える歌を発表する。日本の全盲の中学生との交流がきっかけで仙台市立加茂中学校を訪問し、歌ったこともある。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見たインナーヴィジョンズ

    1974年の第16回グラミー賞で、自身初の受賞を果たす(シングル「迷信」が最優秀男性R&Bボーカル賞と最優秀R&B楽曲賞、「サンシャイン」が最優秀男性ポップ・ボーカル賞、アルバム『インナーヴィジョンズ』が最優秀アルバム賞をそれぞれ受賞)。翌1975年2月のグラミー賞授賞式では、最優秀アルバム賞受賞後のスピーチで、この賞を前年に亡くなったデューク・エリントンに捧げると発言した。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴィー・ワンダー

    スティーヴィー・ワンダーから見た未熟児網膜症

    ミシガン州サギノー生まれ。保育器内での過量酸素(未熟児網膜症)が原因で生まれてすぐに目が見えなくなる。スティーヴィー・ワンダー フレッシュアイペディアより)

118件中 71 - 80件表示

「スティービー・ワンダー」のニューストピックワード

  • 破門 ふたりのヤクビョーガミ

  • 上演後に放心状態になる自分が想像できる

  • これほどぶっ飛んでて性的な作品が舞台化とか、興味しかない!