前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    2009年のドラフトでは、1巡目(全体1位)でスティーブン・ストラスバーグを指名し、ドラフト史上最高の総額1510万ドルで契約を結んだほか、14巡目で駒澤大学附属苫小牧高等学校出身の鷲谷修也を指名し契約したが、鷲谷は2010年6月に傘下のマイナー(ルーキークラス)、ガルフ・コースト・ナショナルズを成績不振で解雇された。ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ボラス

    スコット・ボラスから見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    ドラフトではないものの、2006年のポスティングシステムによる松坂大輔のボストン・レッドソックスへの入団交渉においても、同チームオーナーであるヘンリーの自家用機で交渉が行われていたが、交渉期限10分前になってもチーム側提示額とボラス側の要求額には開きがあり(6年5500万ドルを要求していた)交渉期限3分前で松坂自身から「金額よりも入団が先」とボラスにストップをかけギリギリで交渉成立となった。さらにこの翌年、ボラスはこの際の交渉を引き合いに出し、ワシントン・ナショナルズからドラフト指名されたスティーブン・ストラスバーグの入団交渉で総額5000万ドルという史上最高の金額を要求した。スコット・ボラス フレッシュアイペディアより)

  • ストラスバーグ

    ストラスバーグから見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグ - アメリカの野球選手。ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピック野球アメリカ合衆国代表

    北京オリンピック野球アメリカ合衆国代表から見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    のアテネ大会では予選で敗退したため、金メダルを獲得したのシドニー大会以来、2大会ぶりの出場となった。第1回WBCで打撃コーチを務めたデーブ・ジョンソンを代表監督に擁し、大学生のスティーブン・ストラスバーグを除いた23選手がマイナーリーグ所属選手で占められた。予選リーグでは初戦の対韓国戦で悪送球をきっかけとしてサヨナラ負けを喫し、対キューバ戦で延長11回の末に5-4で惜しくも敗れたものの、それ以外のチームには全勝。最終戦の対日本戦は0-0で迎えた延長11回に4得点を重ねて試合を決めた。準決勝の対キューバ戦はキューバ側の4本の本塁打攻勢で10−2と大敗した。日本との3位決定戦では1-4と3点リードされた3回にG.G.佐藤の失策などで走者を埋めてマシュー・ブラウンが和田毅から同点となる2号3点本塁打を放ち、5回にも川上憲伸から4得点を奪って日本を下し、銅メダルを獲得した。北京オリンピック野球アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・プライアー

    マーク・プライアーから見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    南カリフォルニア大学在学中に全米の大学野球最高の選手に与えられるゴールデンスパイク賞を受賞。、ドラフト1巡目(全体2位)でシカゴ・カブスから指名を受け、破格の契約金1050万ドルで入団した。この金額は2009年にスティーブン・ストラスバーグがワシントン・ナショナルズと1500万ドルで契約するまで史上最高であった。なお、この年の全体1位はミネソタ・ツインズのジョー・マウアー。マーク・プライアー フレッシュアイペディアより)

  • ジェイムソン・タイヨン

    ジェイムソン・タイヨンから見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    テキサス州の時代のにはベネズエラで開催されたパン・アメリカンU-18大会に米国代表として出場し、決勝のキューバ戦で7回2/3を16三振、無失点に抑えて金メダル獲得に大きく貢献した。3月23日には19奪三振ノーヒットノーランを達成。ジョシュ・ベケット以降では最高の高校生投手との評価を受け、スティーブン・ストラスバーグとも比較された。ジェイムソン・タイヨン フレッシュアイペディアより)

  • ロス・デトワイラー

    ロス・デトワイラーから見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    にはスティーブン・ストラスバーグ、ジオ・ゴンザレス、ジョーダン・ジマーマン、エドウィン・ジャクソンに続く五番手として強力な先発投手陣を形成。ナショナルズの先発投手の防御率はリーグ1位だった。個人としては初の二桁勝利を達成した。ロス・デトワイラー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ラナン

    ジョン・ラナンから見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    はジオ・ゴンザレスの加入などで先発陣が充実したため長らくマイナーに留まっていたが、スティーブン・ストラスバーグが投球回数制限で登板を終えてからは、その代役としてメジャーに昇格した。シーズン終了後の11月30日にFAとなった。ジョン・ラナン フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ロス (野球)

    ジョー・ロス (野球)から見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    はAA級ハリスバーグ・セネターズで開幕を迎え、9試合に登板。2勝2敗、防御率2.81の成績で、6月6日にナショナルズとメジャー契約を結んだ。同日のシカゴ・カブス戦で先発起用されメジャーデビュー。5回を投げ、6安打3失点4奪三振だったが、打線の援護がなくメジャー初黒星を喫した。2試合目の登板となった6月13日のミルウォーキー・ブルワーズ戦では、8回を7安打2失点8奪三振に抑え、メジャー初勝利を挙げた。昇格後は3試合の登板で、2勝1敗、防御率2.66と好投していたが、6月23日にスティーブン・ストラスバーグが故障者リストから復帰したため、AAA級シラキュース・チーフスへ降格。7月21日に再昇格した。再昇格後は先発ローテーションに定着したが、9月中旬からはリリーフとして3試合に登板した。この年は16試合に登板し、5勝5敗、防御率3.64だった。ジョー・ロス (野球) フレッシュアイペディアより)

  • リック・アンキール

    リック・アンキールから見たスティーブン・ストラスバーグスティーブン・ストラスバーグ

    はかつての投手経験を生かして同僚のスティーブン・ストラスバーグにアドバイスを送ったが、自身の出場機会は限られ、7月7日にDFAとなった。リック・アンキール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示

「スティーブン・ストラスバーグ」のニューストピックワード