68件中 11 - 20件表示
  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たドリュー・ストーレン

    同僚でドラフトの同期であるドリュー・ストーレンは「控え目なヤツ」と表現する。母校の球場の芝を張り替えるために15万ドル近くを寄付する一方で、自分は大学時代からホンダのアコードに乗り続け、後輩に笑われていた。マイナー時代には妻の、メジャーデビュー直前には両親ら家族への取材を断っている。練習熱心で、新婚旅行先のハワイにまでグラブを持参し、代理人が用意した地元の高校生捕手を相手に1日おきに投げ込んだ。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たジェイク・ピービー

    趣味はゴルフ。好きな野球選手は地元サンディエゴ・パドレスのエースだったジェイク・ピービースティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たライアン・ジマーマン

    8月21日、ナショナルズの本拠地ナショナルズ・パークで、ファンを前にした異例の入団会見が行われた。会見にはライアン・ジマーマン三塁手が同席した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たイアン・デズモンド

    は、満を持して開幕から先発ローテーションに入った。4月には、ナ・リーグ月間最優秀投手に輝いた。6月8日のレッドソックス戦では13個の三振を奪い、メジャー通算29試合の先発登板で、208奪三振を記録。1900年以降の近代野球、史上6人目となる『30試合未満で200奪三振』を達成。前半戦の活躍が評価され自身初めてオールスターに選出された。この年のオールスターゲームには、チームからジオ・ゴンザレス、イアン・デズモンド、ブライス・ハーパーが選出されている。後半戦は、8月21日のアトランタ・ブレーブス戦までに15勝を挙げ、ナショナルリーグ東地区を独走するチームに貢献する。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たカール・スプーナー

    6月8日にメジャーデビューとなるピッツバーグ・パイレーツ戦において7回を投げ被安打4無四死球2失点、7者連続を含む14奪三振で初勝利。投じた94球のうち、34球が98mph(約158km/h)を超えていた。試合後、捕手を務めたイバン・ロドリゲスは「今まで多くのピッチャーの球を受けてきたが別格。この坊やは信じられない」と語った。メジャーデビュー戦の14奪三振は、のカール・スプーナー及びのJ・R・リチャードの15奪三振に次ぐ記録となった。さらに6月23日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で先発デビューから4試合通算の奪三振数を41とし、にクリーブランド・インディアンスのハーブ・スコアが記録したメジャー記録を更新した。しかし、8月21日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で右肘を痛め、途中降板。同月27日にトミー・ジョン手術を受けた。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たA.J.バーネット

    大学時代の監督である元メジャーリーガートニー・グウィンは、「もうメジャーで投げる準備は出来ているし、今すぐ通用するだろう」と語り、「20?30年に1人の逸材」と評している。ドラフト前には、メジャースカウト陣の間で「現時点でA\.J\.バーネットと同格」とする声も上がっていた。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たジョニー・クエト

    は、制球が不安定な時期があったり、本調子でない面もあったが、リーグトップタイの34先発登板し、2年ぶりの2ケタ勝利となる14勝 (11敗) を挙げた。また、ジョニー・クエトと同数の242奪三振を記録し、自身初の個人タイトルであるナ・リーグ奪三振王を獲得した。また、サイ・ヤング賞の投票では9位タイにランクインした。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たジオ・ゴンザレス

    は、満を持して開幕から先発ローテーションに入った。4月には、ナ・リーグ月間最優秀投手に輝いた。6月8日のレッドソックス戦では13個の三振を奪い、メジャー通算29試合の先発登板で、208奪三振を記録。1900年以降の近代野球、史上6人目となる『30試合未満で200奪三振』を達成。前半戦の活躍が評価され自身初めてオールスターに選出された。この年のオールスターゲームには、チームからジオ・ゴンザレス、イアン・デズモンド、ブライス・ハーパーが選出されている。後半戦は、8月21日のアトランタ・ブレーブス戦までに15勝を挙げ、ナショナルリーグ東地区を独走するチームに貢献する。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たトニー・グウィン

    大学時代の監督である元メジャーリーガートニー・グウィンは、「もうメジャーで投げる準備は出来ているし、今すぐ通用するだろう」と語り、「20?30年に1人の逸材」と評している。ドラフト前には、メジャースカウト陣の間で「現時点でA.J.バーネットと同格」とする声も上がっていた。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たシルバースラッガー賞

    この球団の対応についてIt was pretty shocking. Honestly, I'm not too happy about it.I want to keep pitching out there.(かなり衝撃的だった。正直なところあまり満足していない。次の試合も投げたかった)、But as of right now, I think we've got some world-renowned doctors, and one of them is Dr. Lewis Yocum. He resurrected my career, so I got to listen to him and I got to trust him.(しかし、球団には世界的な医師達がいるし、彼らの中のひとりであるルイス・ヨーカム医師は自分のキャリアを復活させてくれたので彼に耳を傾け、信じることにした)と語った。この年は、打率.277・1本塁打・7打点・出塁率.333という打撃成績で、シルバースラッガー賞投手部門を受賞した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示

「スティーブン・ストラスバーグ」のニューストピックワード