68件中 31 - 40件表示
  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たフィラデルフィア・フィリーズ

    6月8日にメジャーデビューとなるピッツバーグ・パイレーツ戦において7回を投げ被安打4無四死球2失点、7者連続を含む14奪三振で初勝利。投じた94球のうち、34球が98mph(約158km/h)を超えていた。試合後、捕手を務めたイバン・ロドリゲスは「今まで多くのピッチャーの球を受けてきたが別格。この坊やは信じられない」と語った。メジャーデビュー戦の14奪三振は、のカール・スプーナー及びのJ・R・リチャードの15奪三振に次ぐ記録となった。さらに6月23日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で先発デビューから4試合通算の奪三振数を41とし、にクリーブランド・インディアンスのハーブ・スコアが記録したメジャー記録を更新した。しかし、8月21日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で右肘を痛め、途中降板。同月27日にトミー・ジョン手術を受けた。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たマイアミ・マーリンズ

    しかし、2010年の手術が将来への影響することを心配する球団側は開幕前から160回までというイニング制限を設けていた。これにより159.1/3回に達した9月7日のマイアミ・マーリンズ戦をもって2012年シーズンは終わった。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た故障者リスト

    は出だしから不安定なピッチングが続き、5月30日に首の張りで15日間のDL入りをした。この時点での成績は防御率6.55・3勝5敗という内容であった。この離脱もあって23試合の登板に留まり、3年ぶりに規定投球回到達を逃したが、戦列復帰後は8勝2敗と復調し、防御率も3.46まで向上させて、メジャーデビューから3.50未満を継続。トータルで11勝を挙げて2年連続2ケタ勝利を挙げたほか、奪三振率11.0 (デビュー以来9.0以上) を記録。結果、防御率こそダウンしたが、被安打率、奪三振率、WHIPなどの投球内容は前年よりも向上した。シーズン終了後には、投球時に違和感を与えていたという背中の良性腫瘍の摘出手術を受けた。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た2009年

    アマチュアNo.1投手として地位を築いた2009年シーズンでは前年より更にレベルアップした投球を披露し、13勝1敗、防御率1.32、109回を投げて195奪三振という圧倒的な成績を残した。5月8日の空軍士官学校戦では17奪三振を奪い、ノーヒットノーランを達成した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たサンディエゴ州立大学

    唯一ストラスバーグに奨学金を提示したサンディエゴ州立大学に進学後、コンディショニング・コーチのデビッド・オートンに「Slothburg(Sloth=怠け者)」と命名されるなど尻を叩かれ、徹底したランニングにより減量に成功。体重の減少に伴い、直球の球速は上がっていった。入学時に91mph(約146km/h)だった最高球速は、100mph(約161km/h)にまで到達した。大学1年目はリリーフだったが、2年目から先発投手に転向し、8勝3敗、防御率1.57、97.1イニングを投げて133奪三振という成績を残す。同年にはベースボール・アメリカ誌が選ぶオール・アメリカンに選出された。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たサンディエゴ

    スティーブン・ジェームズ・ストラスバーグ(Stephen James Strasburg, 1988年7月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。愛称はスターズ。代理人はスコット・ボラス。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たピッチャー・オブ・ザ・マンス

    は、満を持して開幕から先発ローテーションに入った。4月には、ナ・リーグ月間最優秀投手に輝いた。6月8日のレッドソックス戦では13個の三振を奪い、メジャー通算29試合の先発登板で、208奪三振を記録。1900年以降の近代野球、史上6人目となる『30試合未満で200奪三振』を達成。前半戦の活躍が評価され自身初めてオールスターに選出された。この年のオールスターゲームには、チームからジオ・ゴンザレス、イアン・デズモンド、ブライス・ハーパーが選出されている。後半戦は、8月21日のアトランタ・ブレーブス戦までに15勝を挙げ、ナショナルリーグ東地区を独走するチームに貢献する。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たホンダ・アコード

    同僚でドラフトの同期であるドリュー・ストーレンは「控え目なヤツ」と表現する。母校の球場の芝を張り替えるために15万ドル近くを寄付する一方で、自分は大学時代からホンダのアコードに乗り続け、後輩に笑われていた。マイナー時代には妻の、メジャーデビュー直前には両親ら家族への取材を断っている。練習熱心で、新婚旅行先のハワイにまでグラブを持参し、代理人が用意した地元の高校生捕手を相手に1日おきに投げ込んだ。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たゴルフ

    趣味はゴルフ。好きな野球選手は地元サンディエゴ・パドレスのエースだったジェイク・ピービー。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た2016年のMLBオールスターゲーム

    は昨年から一転、序盤から安定した投球を続けた。前半戦は登板した全ての試合で5イニング以上を投げ、4失点以下にまとめ上げた。打線の援護にも恵まれ、リーグ2位の12勝を挙げ、負けなしという圧倒的な成績を見せた。開幕からの12連勝は、ナショナルリーグの投手としては実に104年ぶりで、最終的に13連勝まで記録を伸ばした。オールスターにも選出されたが、6月に故障者リストに入って復帰してから間もないことを理由に辞退した。8月に入ると痛めていた右ひじの状態が悪化したが、それを押して登板を続けたことで2度目の故障者リスト入りとなった。戦線離脱する直前の3試合で3連敗を喫し、防御率14.66と大失速した。最終的には、24試合の先発登板で自己最多タイの15勝を挙げたが、防御率ではキャリアワーストを更新し、連続の故障もあって悪い面が目立ったシーズンとなった。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「スティーブン・ストラスバーグ」のニューストピックワード