68件中 41 - 50件表示
  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た2006年のMLBドラフト

    1988年、カリフォルニア州サンディエゴで生まれる。時代には精神面での不安定さと110kg以上の体重過多により十分な結果を出せず、2006年のMLBドラフトでは指名されなかった。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たゴールデンスパイク賞

    2009年7月14日、大学最優秀選手に贈られるゴールデンスパイク賞を受賞した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た2008年北京オリンピックの野球競技・キューバ代表

    にはユタ大学戦で1試合23奪三振を記録。8月に開催された北京オリンピックでは、アマチュア選手としてただ一人野球アメリカ合衆国代表に選出された。同大会では、予選リーグのオランダ戦と準決勝のキューバ戦に登板し、1勝1敗、防御率1.67の成績でアメリカ合衆国代表の銅メダル獲得に貢献した。北京五輪に先立ってチェコで行われた第4回世界大学野球選手権大会のアメリカ合衆国代表にも選出されている。同大会では準決勝で完封勝利を収め、アメリカ合衆国代表の3連覇に貢献した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た2008年北京オリンピック

    にはユタ大学戦で1試合23奪三振を記録。8月に開催された北京オリンピックでは、アマチュア選手としてただ一人野球アメリカ合衆国代表に選出された。同大会では、予選リーグのオランダ戦と準決勝のキューバ戦に登板し、1勝1敗、防御率1.67の成績でアメリカ合衆国代表の銅メダル獲得に貢献した。北京五輪に先立ってチェコで行われた第4回世界大学野球選手権大会のアメリカ合衆国代表にも選出されている。同大会では準決勝で完封勝利を収め、アメリカ合衆国代表の3連覇に貢献した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たチェンジアップ

    スリークォーターから平均球速95.5mph(約153.7km/h)フォーシームを中心に、平均80.6mphの落差のあるカーブ、平均88.4mphのキレの良いチェンジアップ、平均95.1mphのツーシーム、さらに2014年からはスライダーも習得し、2016年時点では変化球で最も多投している。MLBでの最高球速は2010年に記録した100.4mph(約161.6km/h)だが、大学時代は最速103mph(約166km/h)を記録している。速球派の投手だがコントロールも良く、大学時代の最終シーズンでは109回で195奪三振に対し、与四球は19であった。また、2015年シーズンでは127.1回で奪三振率11.0に対し、与四球率は1.8を記録している。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たナショナルズ・パーク

    8月21日、ナショナルズの本拠地ナショナルズ・パークで、ファンを前にした異例の入団会見が行われた。会見にはライアン・ジマーマン三塁手が同席した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たオアフ島

    同僚でドラフトの同期であるドリュー・ストーレンは「控え目なヤツ」と表現する。母校の球場の芝を張り替えるために15万ドル近くを寄付する一方で、自分は大学時代からホンダのアコードに乗り続け、後輩に笑われていた。マイナー時代には妻の、メジャーデビュー直前には両親ら家族への取材を断っている。練習熱心で、新婚旅行先のハワイにまでグラブを持参し、代理人が用意した地元の高校生捕手を相手に1日おきに投げ込んだ。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たベースボール・アメリカ

    唯一ストラスバーグに奨学金を提示したサンディエゴ州立大学に進学後、コンディショニング・コーチのデビッド・オートンに「Slothburg(Sloth=怠け者)」と命名されるなど尻を叩かれ、徹底したランニングにより減量に成功。体重の減少に伴い、直球の球速は上がっていった。入学時に91mph(約146km/h)だった最高球速は、100mph(約161km/h)にまで到達した。大学1年目はリリーフだったが、2年目から先発投手に転向し、8勝3敗、防御率1.57、97.1イニングを投げて133奪三振という成績を残す。同年にはベースボール・アメリカ誌が選ぶオール・アメリカンに選出された。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見たスリークォーター

    スリークォーターから平均球速95.5mph(約153.7km/h)フォーシームを中心に、平均80.6mphの落差のあるカーブ、平均88.4mphのキレの良いチェンジアップ、平均95.1mphのツーシーム、さらに2014年からはスライダーも習得し、2016年時点では変化球で最も多投している。MLBでの最高球速は2010年に記録した100.4mph(約161.6km/h)だが、大学時代は最速103mph(約166km/h)を記録している。速球派の投手だがコントロールも良く、大学時代の最終シーズンでは109回で195奪三振に対し、与四球は19であった。また、2015年シーズンでは127.1回で奪三振率11.0に対し、与四球率は1.8を記録している。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブン・ストラスバーグ

    スティーブン・ストラスバーグから見た独立リーグ

    2009年のMLBドラフトにおいて、ナショナルズにより全体1位で指名を受ける。ナショナルズGM補佐(当時)のマイク・リゾは契約成立に自信を見せたが、ボラスは交渉が不調に終われば1年間の野球浪人も辞さないという強気な姿勢を示し、その場合は独立リーグ、あるいは日本球界でプレーさせる可能性を示唆した。スティーブン・ストラスバーグ フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「スティーブン・ストラスバーグ」のニューストピックワード