51件中 11 - 20件表示
  • 片岡洋一

    片岡洋一から見たストック・オプションストックオプション

    現在の研究分野は会計学研究方法論、ABC(活動基準原価計算)モデルの開発、活動基準利益分析、デリバティブ会計の理論、ストック・オプション取引の測定、負債の本質、リース取引の測定、改善原価計算モデル、製品原価計算システムの開発、予算モデルの開発、バランス・スコアカード(BSC)、ファジイCVP分析モデルなどの研究を行っている。片岡洋一 フレッシュアイペディアより)

  • ニューウエイズ

    ニューウエイズから見たストックオプションストックオプション

    ニューウエイズを元トップ会員が損害賠償求め提訴 「ストックオプション問題」が訴訟に発展ニューウエイズ フレッシュアイペディアより)

  • ブロケード コミュニケーションズ システムズ

    ブロケード コミュニケーションズ システムズから見たストックオプションストックオプション

    2005年、1998年からCEOの地位にあったグレゴリー・レイズは、米国証券取引委員会の調査を受けて合衆国司法省から証券詐欺の疑いで告発がなされたためにCEOを辞任した。裁判は2007年に始まり、レイズは自らのストックオプションの日付を実際の日付より遡ってより低価格のオプションにごまかすことにより自社株の売買で不当な利益を得たとして、同様の利益を得たとされる人事担当副社長ステファニー・ジェンセンとともに12の罪で起訴された。裁判は証人となったブロケードの経理担当者が証言をのちに翻すなど紆余曲折を経て第二審まで行われたが、2010年にレイズは取り下げられた二つの罪状以外の10の罪状のうち9の罪状で有罪と認められ罰金1,500万ドルと懲役18か月の実刑を宣告され、2011年末までカリフォルニア州タフトの刑務所に服役した。ジェンセンもより軽い罰ではあるが有罪とされた。レイズはまた、2012年現在、未解決の案件を含む総額2,000万ドルを超える複数の民事訴訟をブロケードの株主などから起こされている。レイズは1999年にブロケードの株式公開を果たし、その後3年足らずで従業員数を6倍に増やしブロケードを業界トップの企業に育て上げた功労者であったが、「バックデイティング(日付付け替え)」と呼ばれるストックオプションの詐欺で初めて陪審に裁かれた犯罪者となった。ブロケード コミュニケーションズ システムズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の商法

    日本の商法から見たストックオプションストックオプション

    ストックオプション制度の創設(自己株式方式と新株引受権方式)日本の商法 フレッシュアイペディアより)

  • 原価即事実説

    原価即事実説から見たストックオプションストックオプション

    原価即事実説と原価即価値説とが共存可能なのは、原価=価値という仮定が成立する場合であるが、ストックオプションについてはこの仮定が成立しておらず、二つの考え方の対立によって会計処理にゆらぎが生じてしまっている。原価即事実説 フレッシュアイペディアより)

  • 原価即価値説

    原価即価値説から見たストックオプションストックオプション

    原価即価値説と原価即事実説とが共存可能なのは、原価=価値という仮定が成立する場合であるが、ストックオプションについてはこの仮定が成立しておらず、二つの考え方が対立してしまって会計処理にゆらぎが生じている。原価即価値説 フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ストリンガー

    ハワード・ストリンガーから見たストックオプションストックオプション

    2010年6月 - 年間報酬額(ボーナス、ストックオプションを含む)が約8億1650万円であることが株主総会において公開された。ハワード・ストリンガー フレッシュアイペディアより)

  • 8人の反逆者

    8人の反逆者から見たストックオプションストックオプション

    フェアチャイルド・セミコンダクターの親会社の社長のジョン・カーターは半導体事業で得られた利益を再投資せずに他の事業の買収に費やした。また、シャーマン・フェアチャイルドも従業員へのストックオプションの贈与には消極的だったので徐々に創業メンバーを含む従業員達の不満が高まった。8人の反逆者 フレッシュアイペディアより)

  • 西村源二郎

    西村源二郎から見たストックオプションストックオプション

    また、全社員株主の「新生資本主義」を標榜してストックオプションを拡充して資本充実を図り、全国に支店網を拡大、成長を続けた。西村源二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 株式の希薄化

    株式の希薄化から見たストックオプションストックオプション

    2001年には、取得した株式を目的を定めず手元に残す「金庫株」も解禁された。金庫株はストックオプションやM&A(企業買収)におけるポイズンピルなどに活用できる反面、当面こうした活用の予定がない金庫株を増やすことには、その存在自体が株式の売り出しリスク=潜在的株式となるとの批判がある。これは転換社債など普通株への転換の可能性がある証券の存在が、潜在的株式として株式の需給悪化要因になるのと同じ理屈である。株式の希薄化 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「ストックオプション」のニューストピックワード