51件中 21 - 30件表示
  • 吉留真

    吉留真から見たストックオプションストックオプション

    2007年4月、大和証券エスエムビーシー代表取締役社長に就任。また同年には大和証券グループ本社の代表取締役副社長、最高執行責任者(COO)にも就任した。社長在任中に大和証券エスエムビーシーは三井住友フィナンシャルグループとの合弁を解消、2010年1月に大和証券キャピタル・マーケッツに改称した。2010年当時、吉留の役員報酬はストックオプションを含めて1億6000万円であったと公表されている。吉留真 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンパラシュート

    ゴールデンパラシュートから見たストックオプションストックオプション

    ゴールデンパラシュートとは、会社の買収で役員が解任された場合に大幅に割増された退職金を支給させ会社の価値を低下させる買収防衛策である。買収の際には、従業員がリストラで解雇される中、社長や会長などが高額の退職金を持って退職するのは印象によろしくない為、割増退職金の様な露骨な形ではなく、条件付きのストックオプションのような形態をとったりする。ゴールデンパラシュート フレッシュアイペディアより)

  • 松井証券

    松井証券から見たストックオプションストックオプション

    6月 - ストックオプション融資サービスを開始。松井証券 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・マークラ

    マイク・マークラから見たストックオプションストックオプション

    南カリフォルニア大学にて学士号と修士号を修得する。また、シリコンバレーにあるサンタクララ大学より名誉博士号を授与される。アップルと関係を持つ前は、フェアチャイルドセミコンダクターとインテルでマーケティング部長を務め、ストックオプションで財をなした。現在はEcheLON社やACM Aviation社などの取締役を務める。マイク・マークラ フレッシュアイペディアより)

  • 未公開株

    未公開株から見たストックオプションストックオプション

    未公開株は、創業者やその親族、取引先、ベンチャーキャピタルといったところが多く保有している。株式公開していないので証券取引所で売買することはできないが、譲渡価格など条件面で合意さえすれば、当事者間で売買は可能である。ただし、発行会社によって譲渡制限が付されている場合はそれも出来ない場合がある。ストックオプションの行使により特定の関係者(子会社や親会社、従業員や役員など)に譲渡される場合がある。未公開株 フレッシュアイペディアより)

  • Mozilla Corporation

    Mozilla Corporationから見たストックオプションストックオプション

    の記事によれば、コーポレーションの設立に際して、コーポレーションはファウンデーションの完全子会社であり、収益の全ては プロジェクトに還元されること、株主が存在せずストックオプションも発行されず配当も支払われないこと、上場しないことから他社が乗っ取ったり買収することは不可能なこと、ファウンデーションが商標や知的財産権を保持してコーポレーションにライセンスを与えること、ファウンデーションがソースコードリポジトリを管理しチェックイン権限の付与を行なうこととされている。Mozilla Corporation フレッシュアイペディアより)

  • CNET

    CNETから見たストックオプションストックオプション

    1996年から2003年の間に行われたストックオプションの不正が発覚した結果、2006年10月11日、Shelby Bonnie がCEOを辞任した。後任として Neil Ashe がCEOに就任した。CNET フレッシュアイペディアより)

  • ワラント

    ワラントから見たストックオプションストックオプション

    日本では2000年代に入り商法改正によって新株予約権制度が導入され、従来の転換社債の転換請求権、ワラント債の新株引受権、ストックオプションがまとめて「新株予約権」として再構成された。また、転換社債と非分離型ワラント債を「新株予約権付社債」として一本化した。なお、分離型ワラント債については社債と新株予約権の同時発行として構成されたため新株予約権付社債の概念からは除外された。ワラント フレッシュアイペディアより)

  • 有価証券届出書

    有価証券届出書から見たストック・オプションストックオプション

    自己株式にかかるストック・オプションを自社の役職員に付与する場合有価証券届出書 フレッシュアイペディアより)

  • 新株予約権

    新株予約権から見たストックオプションストックオプション

    資金調達における新株予約権を発行する企業は、発行における公正価値の根拠に対して、既存株主に対して説明責任を負うこと、また、訴訟リスクを回避するために、第三者機関に委託し、評価を行うのが一般的である。また、ストックオプションとしての新株予約権においても、会社法施行後、上場企業において費用計上が義務付けられたため、新株予約権の評価が必要となった。新株予約権 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「ストックオプション」のニューストピックワード