36件中 21 - 30件表示
  • ブロケード コミュニケーションズ システムズ

    ブロケード コミュニケーションズ システムズから見たストックオプションストックオプション

    2005年、1998年からCEOの地位にあったグレゴリー・レイズは、米国証券取引委員会の調査を受けて合衆国司法省から証券詐欺の疑いで告発がなされたためにCEOを辞任した。裁判は2007年に始まり、レイズは自らのストックオプションの日付を実際の日付より遡ってより低価格のオプションにごまかすことにより自社株の売買で不当な利益を得たとして、同様の利益を得たとされる人事担当副社長ステファニー・ジェンセンとともに12の罪で起訴された。裁判は証人となったブロケードの経理担当者が証言をのちに翻すなど紆余曲折を経て第二審まで行われたが、2010年にレイズは取り下げられた二つの罪状以外の10の罪状のうち9の罪状で有罪と認められ罰金1,500万ドルと懲役18か月の実刑を宣告され、2011年末までカリフォルニア州タフトの刑務所に服役した。ジェンセンもより軽い罰ではあるが有罪とされた。レイズはまた、2012年現在、未解決の案件を含む総額2,000万ドルを超える複数の民事訴訟をブロケードの株主などから起こされている。レイズは1999年にブロケードの株式公開を果たし、その後3年足らずで従業員数を6倍に増やしブロケードを業界トップの企業に育て上げた功労者であったが、「バックデイティング(日付付け替え)」と呼ばれるストックオプションの詐欺で初めて陪審に裁かれた犯罪者となった。ブロケード コミュニケーションズ システムズ フレッシュアイペディアより)

  • 太田誠一

    太田誠一から見たストックオプションストックオプション

    1997年にはストックオプションの導入を目指して保岡興治らと商法の改正案を提出。基本法の改正を議員立法で行うのは初めてのことだったため、政府の法制審議会との対立が注目された。1998年の小渕内閣において総務庁長官を務めた。太田誠一 フレッシュアイペディアより)

  • コンバース・テクノロジー

    コンバース・テクノロジーから見たストックオプションストックオプション

    2006年5月 経営幹部らのOption Backdatingと呼ばれるストックオプション報酬の付与日付を偽装するスキャンダルが発覚。創業者のコビ・アレクサンダーは米国とは犯罪人引渡し条約が締結されていないナミビアへ逃亡するが逮捕される。コンバース・テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ストリンガー

    ハワード・ストリンガーから見たストックオプションストックオプション

    2010年6月 - 年間報酬額(ボーナス、ストックオプションを含む)が約8億1650万円であることが株主総会において公開された。ハワード・ストリンガー フレッシュアイペディアより)

  • インターネット・バブル

    インターネット・バブルから見たストックオプションストックオプション

    一方で日本ではOS戦争からほとんどの企業が撤退し、ブラウザや検索エンジン開発など多くの分野がすでに米国企業の後塵を拝していたため、投資対象となったのはおもに既存の通信・携帯電話関連株(NTT、ドコモ、KDDI)、コンピュータ関連株(NEC、富士通、東芝、ソニーなど)、半導体、通信ケーブル、あるいは光通信、大阪有線(現:USEN)、ソフマップなど新規上場株であった。また政府による起業支援、ストックオプションの規制緩和などが相俟ってベンチャーキャピタルが増加し、なかには詐欺まがいの問題企業も発生した(アイ・エックス・アイ。非上場では平成電電や近未來通信など)。市況全体も投資の活発化により刺激され、トヨタやファナック、キヤノン、任天堂などといった主力銘柄の一部もそれなりの株価上昇が見られた。インターネット・バブル フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・キヨサキ

    ロバート・キヨサキから見たストックオプションストックオプション

    ずっと石油会社の株式に投資していないという事実と同様に、株式市場に投資したり、投機したりしないと、多くのインタビューで述べている。その代わりに金融市場においてストックオプション、外国為替通貨、その他のデリバティブを取引している。これは『金持ち父さんの予言』や2009年の不動産投資家ジョン・ハーマンのインタビューで述べられている。ロバート・キヨサキ フレッシュアイペディアより)

  • ニューウエイズ

    ニューウエイズから見たストックオプションストックオプション

    ニューウエイズを元トップ会員が損害賠償求め提訴 「ストックオプション問題」が訴訟へニューウエイズ フレッシュアイペディアより)

  • ミーム

    ミームから見たストックオプションストックオプション

    また、企業はストックオプションという報酬を使って従業員を企業に縛り付ける。カルトがメンバーを引き留めるのと同じように、「脱退すると悪い結果になる」というミームである。ミーム フレッシュアイペディアより)

  • コーポレート・ガバナンス

    コーポレート・ガバナンスから見たストック・オプションストックオプション

    経営者にインセンティブを与える制度としては、ストック・オプションがある。これは、経営者に対する報酬として、一定の価格で一定数の自社株を購入できる新株予約権を与えるというものであり、経営者が常に株価を高めるような経営を行うことを狙ったものである。コーポレート・ガバナンス フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たストックオプションストックオプション

    ジョブズは、その思惑通りに事を進めて行く中で、士気を上げるため従業員のストックオプションの引き下げを取締役会に提案した。しかし、取締役会がこれを否定すると、ジョブズは取締役全員に辞任を迫った。結局、マイク・マークラを含む取締役陣は、そのほとんどが辞任する事となる。代わりに、オラクルのラリー・エリソン、インテュイットのビル・キャンベルらを取締役に迎え入れ、取締役会はほぼジョブズ寄りのメンバーに再構成された。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「ストックオプション」のニューストピックワード