51件中 31 - 40件表示
  • 新株引受権

    新株引受権から見たストックオプションストックオプション

    2000年代に入り商法改正によって新株予約権制度が導入されたことにより、従来の転換社債の転換請求権、ワラント債の新株引受権、ストックオプションがまとめて「新株予約権」として再構成された。ただ、現行法上の新株予約権制度は株式を一定の条件で取得できる権利(新株予約権)を新株発行とは関係なく与えることを可能としており従来の新株引受権とは性質が異なるものとなった。新株引受権 フレッシュアイペディアより)

  • 新株引受権

    新株引受権から見たストック・オプションストックオプション

    1981年(昭和56年)の商法改正(1982年10月1日施行)により、新株引受権付社債の制度が創設され(341条ノ8以下)、さらに、1997年(平成9年)5月の商法改正(同年6月1日施行)により、ストック・オプションとして取締役や使用人に新株引受権を付与することが可能となった(280条ノ19以下)。新株引受権 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・キヨサキ

    ロバート・キヨサキから見たストックオプションストックオプション

    ずっと石油会社の株式に投資していないという事実と同様に、株式市場に投資したり、投機したりしないと、多くのインタビューで述べている。その代わりに金融市場においてストックオプション、外国為替通貨、その他のデリバティブを取引している。これは『金持ち父さんの予言』や2009年の不動産投資家ジョン・ハーマンのインタビューで述べられている。ロバート・キヨサキ フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・カトラー

    デヴィッド・カトラーから見たストックオプションストックオプション

    DECでのプリズムプロジェクトが中止となったことを受け、カトラーが干されていることが業界内にも伝わった。当時マイクロソフトのビル・ゲイツは堅牢性が高く、マルチユーザー・マルチタスクに対応した高機能なOSの必要性を認識していたため、実績のあるカトラーに白羽の矢を立て、多額のストックオプションを提示しDECから引き抜くことに成功した。カトラーと彼のチームはDECを去り、1988年10月にマイクロソフトへ入社し、新OSの開発リーダーとなった(後に方針変更され、チームはそのままWindows NTを開発することになる)。その後、彼はDECの(プリズムの設計をベースにしている)64ビットのAlphaマシンにWindows NTとWindows 2000を移植した。Alpha版Windows2000がβ2を最後に終了すると、カトラーはAMDのAMD64(x64としても知られる)にWindowsを移植するべく尽力した。彼はWindows XP Professional x64 Edition、Windows Server 2003 x64 Editions、Windows Vista (初期リリースからx64をサポート)に関与した。2006年8月にマイクロソフトのオンラインサービスであるWindows Liveの部門に異動した。この時点でのカトラーの肩書きはシニア・テクニカル・フェローである。デヴィッド・カトラー フレッシュアイペディアより)

  • 賃金

    賃金から見たストックオプションストックオプション

    ストックオプションの付与は、「賃金」に当たらない。オプション保有者たる労働者が権利の行使について任意であるため、制度として実施するには就業規則に記載すべきとされる(改正商法に係るストツク・オプションの取扱いについて(平成9年6月1日基発第412号、道府県労働基準局長宛て、労働省労働基準局長通達))賃金 フレッシュアイペディアより)

  • クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

    クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件から見たストックオプションストックオプション

    2008年11月に、国税局はクレディ・スイス証券の従業員及び退職者の一斉税務調査を行った。その対象者は約300人に上ったが、その300人のほとんどが、自社株(売買制限条項付株式及びストックオプション)で受け取った海外給与を正しく税務申告しておらずに申告漏れとなり、そのうち約100人がそれら株式報酬を無申告であった。同時期以降に、その他外資系証券にも調査が入り、同じく多数の申告漏れが指摘されている。クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 給与所得

    給与所得から見たストックオプションストックオプション

    給与所得と一時所得の区分については、一時所得およびストックオプションの項を参照。給与所得 フレッシュアイペディアより)

  • コーポレート・ガバナンス

    コーポレート・ガバナンスから見たストック・オプションストックオプション

    経営者にインセンティブを与える制度としては、ストック・オプションがある。これは、経営者に対する報酬として、一定の価格で一定数の自社株を購入できる新株予約権を与えるというものであり、経営者が常に株価を高めるような経営を行うことを狙ったものである。コーポレート・ガバナンス フレッシュアイペディアより)

  • 内部者取引

    内部者取引から見たストックオプションストックオプション

    1909年に合衆国最高裁判所がインサイダー取引禁止に関する法律を制定した。情報の非対称性につけこんだ内部取引は、少なくとも戦前からウォール街ではびこっていた。捜査当局は、最初から妻等の名義で未公開情報を手にする側にあるか、そうでなければ捜査の手がかりを持たないかのいずれかであった。追う者と逃げる者との両陣営が人海戦術をとるために、しばしば巨悪を逃してきた。1964年、カナダのオンタリオ州ティミンズの鉱山をめぐるが起きた。バーニー・コーンフェルドがファンド・オブ・ファンズをつくってオフショア市場という抜け穴をつくりはじめたころであった。1984年には内部者取引制裁法で罰則が制定された。懲罰的損害賠償制度の一環として、インサイダー取引規制の違反者に対して、得た利益の3倍までの範囲内で民事制裁金が課されうることとなっている。当時はレーガノミックスで証券取引委員会の人員が削減されていた。そしてドレクセル・バーナム・ランベールがマイケル・ミルケンを旗印に株価の激震と情報の独占をセットにして量産したのである。アメリカではストックオプションや制限付き株ユニット等の自社株取引を従業員がしばしば行うので、経理担当者など会社の業績の詳細を知りうる立場にある従業員のインサイダー取引は厳重に規制される。それ以外の従業員でも例えば四半期ごとの決算発表の前後1ヵ月間は自社株の取引を禁止するなどの規制があり、違反者は解雇に加えて刑事告発する旨を明文化している企業が多い。内部者取引 フレッシュアイペディアより)

  • 三木谷浩史

    三木谷浩史から見たストックオプションストックオプション

    1995年に興銀を退社し、楽天を創業し会長に就任した。2008年にはフォーブス誌の日本人富豪ランキング8位にランクイン、38億ドル(約4000億円)保有していると報じられ、2009年には36億ドル(約3384億円)で7位にランクイン、2010年には47億ドル(約4288億円)で6位にランクイン、2011年には56億ドル(約4648億円)で5位にランクイン、2015年には68億ドル(約1兆400億円)で3位にランクイン(なお、楽天での役員報酬は2010年12月期現在で1億円強。内訳は基本報酬7千万円、ストックオプション900万円、賞与2700万円)。現在では、松濤幼稚園の跡地に居宅を構えている。三木谷浩史 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「ストックオプション」のニューストピックワード