51件中 41 - 50件表示
  • 株式会社

    株式会社から見たストック・オプションストックオプション

    アメリカでは、ストック・オプションの付与など、経営者の報酬を株主価値の増大に連動させることで経営者に対するインセンティブを与えることがあり、その他の国でもこれにならう会社がある。株式会社 フレッシュアイペディアより)

  • 商法

    商法から見たストックオプションストックオプション

    ストックオプション制度の創設(自己株式方式と新株引受権方式)商法 フレッシュアイペディアより)

  • インターネット・バブル

    インターネット・バブルから見たストックオプションストックオプション

    また日本国政府による起業支援、ストックオプションの規制緩和などが相俟ってベンチャーキャピタルが増加し、なかには詐欺まがいの問題企業も発生した(アイ・エックス・アイ。非上場では平成電電や近未來通信など)。市況全体も投資の活発化により刺激され、トヨタやファナック、キヤノン、任天堂などといった主力銘柄の一部もそれなりの株価上昇が見られた。こうした中で、世界的なITバブルの最中であった2000年には、「IT革命」が流行語にもなった。インターネット・バブル フレッシュアイペディアより)

  • ミーム

    ミームから見たストックオプションストックオプション

    また、企業はストックオプションという報酬を使って従業員を企業に縛り付ける。カルトがメンバーを引き留めるのと同じように、「脱退すると悪い結果になる」というミームである。ミーム フレッシュアイペディアより)

  • クライスラー

    クライスラーから見たストックオプションストックオプション

    経営危機の真っ只中の1978年に、フォード・モーターの社長をつとめていたものの、同社会長のフォード2世との対立から同年に解雇の憂き目にあっていたリー・アイアコッカが新たに社長に就任した。1979年にアイアコッカは、連邦政府と議会からストックオプションと引き換えに、15億ドルのローン保証を得ることに成功した。クライスラー フレッシュアイペディアより)

  • 労働組合

    労働組合から見たストックオプションストックオプション

    日本の企業の経営者は、労働者の出世レースのゴールであることが多く(経営者と労働者の未分離)、それが過度の癒着、または対立を生む背景の一つであった。現在の日本では、労働組合活動自体があまり知られているとは言えない現状であり、労働組合というだけで「抵抗勢力」や「何にでも反対する」というレッテルを貼られがちであり、さらには先入観から労働運動自体に眉をひそめる人もいて、労働組合の果たしている労使協議等の多面的な機能が労働者に十分評価されていない。近年ではストックオプション制の導入など、労働者を経営側に取り込む動きも見られている。労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ジョブズ

    スティーブ・ジョブズから見たストックオプションストックオプション

    ジョブズは約8,000ドルの利益を手に、多忙で商談ができなかったブッシュネルの紹介でマイク・マークラに起業の話を持ちかける。マークラは、インテルの中級社員だったが、目先の現金が欲しい同僚や友人からストックオプションの株を買い集め、インテルの株式公開時には、巨額の富を手に入れていた。紹介されたジョブズらの話に興味を持ったマークラは、1976年11月にアップルに加わり、自身の個人資産の92,000ドルを投資し、1977年1月3日、3人でアップルコンピュータを法人化した。株式はジョブズ、ウォズニアック、マークラで3割ずつ持ち合うこととなった。スティーブ・ジョブズ フレッシュアイペディアより)

  • アップル (企業)

    アップル (企業)から見たストックオプションストックオプション

    ジョブズは、その思惑通りに事を進めて行く中で、士気を上げるため従業員のストックオプションの引き下げを取締役会に提案した。しかし、取締役会がこれを否定すると、ジョブズは取締役全員に辞任を迫った。結局、マイク・マークラを含む取締役陣は、そのほとんどが辞任する事となる。代わりに、オラクルのラリー・エリソン、インテュイットのビル・キャンベルらを取締役に迎え入れ、取締役会はほぼジョブズ寄りのメンバーに再構成された。アップル (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ハーレーダビッドソン

    ハーレーダビッドソンから見たストックオプションストックオプション

    1990年代後半から21世紀初頭の需要ピークの期間に、ハーレーダビッドソンは国内のディーラー数を拡大するプログラムに着手した。同時に、現存のディーラーは最も人気のあるモデルいくつかの、最大1年になるウェイティングリストを一般的に持っていた。ハーレーダビッドソンのようなメーカーは販売数を記録するが、それは消費者が購入した数ではなくディーラーに出荷した数である。したがって、メーカーはディーラーに対して「詰め物」と呼ばれる架空の売上を要求することで、販売数を膨らませることができる。2003年に需要が減少し、このニュースが報じられると株価は劇的に下落した。2004年4月の株価は60ドル以上あったのが40ドル未満となった。この株価下落の直前に、前CEOのジェフリー・ブルースタインはストックオプションを行使して4200万ドルの利益を得た。ハーレーダビッドソンは同社の経営陣が利益を故意に騙し取ったとして、多数の投資家によって訴えられることとなった。2007年1月までに、ハーレーダビッドソンの株価は70ドルに達した。ハーレーダビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たストックオプションストックオプション

    6月29日:ストックオプション制度を導入。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「ストックオプション」のニューストピックワード