950件中 91 - 100件表示
  • 同情スト

    同情ストから見たストライキストライキ

    同情スト(どうじょうスト、sympathetic strike)とは、他の企業の労働者の労働争議支援を目的とした、ストライキの一種。企業別労働組合を基礎とした日本ではほとんど見かけることはない。同情スト フレッシュアイペディアより)

  • 愛宕丸 (1924年)

    愛宕丸 (1924年)から見たストライキストライキ

    「愛宕丸」の当初の竣工予定は1924年(大正13年)3月末であったが、造船所の労働者がストライキを起こした影響で大きく遅れ、1924年11月28日の竣工となった。この間の同年7月に三井物産船舶部が三井物産造船部玉工場で建造したディーゼル貨物船「赤城山丸」が先に竣工しており、日本最初の航洋ディーゼル商船のタイトルを逃している。愛宕丸 (1924年) フレッシュアイペディアより)

  • カール=マルクス=アレー

    カール=マルクス=アレーから見たストライキストライキ

    沿道には1952年から1960年にスターリン様式の建築物が建設された。この建設作業中の1953年6月16日、スターリン=アレー(当時)の建設作業者が東ドイツ政府のノルマ引上に反対してストライキを起こし、これが発端となって東ベルリン暴動へと発展した。カール=マルクス=アレー フレッシュアイペディアより)

  • トム・ジョード

    トム・ジョードから見たストライキストライキ

    農場には経営者(銀行家)が売店も構えており、そこは町よりも高い値段で食料品を売っていたが、農民達はやむなくその売店で高い食料品を買うしか無く、日雇いで稼いだ賃金もそのようにしてまた資本家に吸い上げられていくという構造であった。そのようななか、トムの友人であるジム・ケイシーが農民達を組織して組合を作り、ストライキに訴えて農民の生活改善を図ろうとしていたが、ケイシーは資本家に雇われた警備員に殴り殺されてしまう。その場を目撃したトムは、とっさの怒りにケイシーを殴り殺した警備員をその角材を奪い取って撲殺し、追われる身となってしまう。(トムは仮出所中の身なので、本来はオクラホマ州から無断で出ることが禁止されていた。)トム・ジョード フレッシュアイペディアより)

  • 共匪

    共匪から見たストライキストライキ

    共匪は共産主義を謳う匪賊で、中華民国、満洲国、大韓民国などに存在し、政府によって討伐対象とされた。共匪は、ソ連共産党政治局(ポリトビューロ)の実質的な支配下にあるコミンテルン(第三インター)、プロフィンテルン(赤色労働組合インター)及びプロフィンテルン下部組織の太平洋労働組合書記局から資金、革命手法及び連絡手法を提供してもらい、細胞組織を設立してプロパガンダを流したりストライキや暴動を起こし、ロシア内戦を再現することによって、最終的にソビエト地方政府の樹立を目指していた。これらの組織には、スターリン支持者とトロツキー支持者とが居たが、トロツキー支持者は時世を顧みず極左冒険主義者だったとされる。極東における共産主義者(含共匪)の連絡役は太平洋労働組合書記局の書記員イレール・ヌーランであったが、1931年に上海で逮捕されている (ヌーラン事件)。共匪 フレッシュアイペディアより)

  • 血の日曜日事件 (1905年)

    血の日曜日事件 (1905年)から見たストライキストライキ

    行進に先立って挙行されたストライキへの参加者は、サンクトペテルブルクの全労働者18万人中、11万人に及んだと言われ、行進参加者は6万人に達した。血の日曜日事件 (1905年) フレッシュアイペディアより)

  • フェアバンクス・モース

    フェアバンクス・モースから見たストライキストライキ

    それでも、フェアバンクス・モースは、トレインマスターやロードスイッチャータイプの車両の製造を続けた。しかし、これらもまた、市場には受け入れられなかった。Fシリーズで成功し、戦時中もディーゼル機関車の製造を続けたEMDに対するアドバンテージもフェアバンクス・モースにはなく、機関車製造事業から撤退した。最後にアメリカで機関車を販売したのは1958年、メキシコに最後に輸出したのは1963年、1965年に併合したCLCが長期ストライキのあとでキングストン工場を閉鎖したのは1969年であった。フェアバンクス・モース フレッシュアイペディアより)

  • ローリー・ナッシュ

    ローリー・ナッシュから見たストライキストライキ

    ローレンス・ジョン・(ローリー・)ナッシュ(Laurence John (Laurie) Nash、1905年12月20日 - 1992年10月6日)は、オーストラリアのビクトリア州フィッツロイ出身のテストクリケット選手、オーストラリアンフットボール選手。彼の父親もロバート・ナッシュもオーストラリアンフットボールの選手でのキャプテンを務めたこともあった。彼の父は兼業していた警察官の仕事をストライキを行ったことにより解雇され、タスマニアでホテルの経営をすることになり家族ごとタスマニアへと引っ越した。ローリー・ナッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ヴォワロン

    ヴォワロンから見たストライキストライキ

    パリやリヨンに次いで、ヴォワロンはキリスト教系労働組合活動の生誕地である。実際、1906年には繊維産業に関わる労働者たちが賃金カットを不服としてゼネラル・ストライキを起こしている。この暴力的ストライキと革命的サンディカリズムの回答は、グルノーブルのブルジョワ出身であるセシル・ポンスによって始められ、リヨンを含む社会主義的カトリック運動が途中で加わり、ヴォワロンの繊維産業労働者による自由労働組合、女性の労働組合が、教会の社会道徳に基づいて結成された。1936年、この労働組合は、イゼール県の男性の自由組合と統合した。ヴォワロン フレッシュアイペディアより)

  • コダマ (競走馬)

    コダマ (競走馬)から見たストライキストライキ

    日本ダービーの後は休養に入り、秋はセントライト以来2頭目のクラシック三冠が懸かる菊花賞を目標としたが、脚部の不安のため調教が順調に進まず、オープン競走に出走するもフランケルの2着と敗れ、デビュー以来の連勝を7で止めた。続く阪神大賞典もヤマニンモアー、シーザーに後れての3着と敗れたが、三冠に向けてコダマを本命視するマスコミの報道は収まらず、武田は彼らに向けて「コダマはそれほど強い馬ではない。春は仕上がりが順調で好成績を収めてきたが、秋には相手の進境が著しい。春シーズンとは事情が異なっている」と語った。11月13日の菊花賞は、厩務員組合がストライキを決行、調教師会長の武田も事態の収拾に当たり、解決したのは競走の2時間前という異様な状況下で行われた。コダマは1番人気に支持されたが、キタノオーザの5着と敗れ、三冠は成らなかった。コダマ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

950件中 91 - 100件表示