808件中 11 - 20件表示
  • 1994-1995シーズンのNBA

    1994-1995シーズンのNBAから見たストライキストライキ

    労使協定が締結されないまま11月を迎えれば、ロックアウトやストライキによって新シーズンが始まらない事態も起こりえたが、一度は決裂したオーナーと選手会は10月に入って再協議に入り、新協定締結は先送りした形で、新シーズンは通常通り行うことが約束された。辛うじてシーズン短縮、あるいは消滅という最悪の事態は免れたが、この問題は後々まで尾を引き、そして1999年にはロックアウトによるシーズン短縮が、現実と化してしまう。1994-1995シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ポートシカゴの惨事

    ポートシカゴの惨事から見たストライキストライキ

    NSGLでのトレーニングから新しい補充兵で補強されたディビジョン2とディビジョン4、ディビジョン8は弾薬倉庫と積載桟橋があったメア島海軍工廠に連れて行かれた。1944年8月8日に、USSサンゲイ号は魚雷と他の弾薬を積み込むためにドックに入った。328名の水兵は、弾薬積載の危険な任務を再び始めるよう要求された。彼らは一様に恐怖を感じた。そして彼らが以前と同じ士官と状況の下では決して弾薬は積まないといった。それは大規模な作業停止であった。彼らが民間人であったなら、それはストライキと呼ばれていただろう。特に戦時には、海軍はそのような振る舞いを許さない。上官が弾薬を載せることが義務であることを明らかにした後、水兵の内の70名は考えを変え、上官に従った。8月9日になって、なおも兵器大隊の258名のアフリカ系アメリカ人水兵は、弾薬を載せることを拒否し続けた。彼らは仮設軍人刑務所または営倉として使われた(定員たった75名の)はしけに連行された。営倉の大部分の水兵は直接の命令を与えられた訳ではなかった。彼らは単に船に荷物を積むか、それとももう一つの道を選ぶか選択させられた。彼らは総じて爆発の再来が怖いと漏らした。USSサンゲイ号に弾薬を載せる際に収監された水兵の代わりに民間港湾労働者請負人が呼び出された。ポートシカゴの惨事 フレッシュアイペディアより)

  • 2時っチャオ!

    2時っチャオ!から見たストライキストライキ

    ※2009年3月13日のストライキ時には出演しなかった。2時っチャオ! フレッシュアイペディアより)

  • 皐月賞

    皐月賞から見たストライキストライキ

    1963年はストライキの影響で5月12日に東京競馬場の芝2000メートルで順延開催、1964年は中山競馬場の改修工事により前年同様に東京競馬場の芝2000メートルで施行、1974年・1976年は再度ストライキの影響により東京競馬場の芝2000メートルで順延開催、1984年からはグレード制施行によりGIに格付けされた。皐月賞 フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空

    イースタン航空から見たストライキストライキ

    しかし、イースタン航空がロッキード・エレクトラを導入した1959年には競合他社はDC-8やCV880、ボーイング707といったジェット旅客機を就航させており、イースタン航空は厳しい戦いを強いられた。さらに操縦士と航空機関士の対立やストライキなどによってサービスも低下し、業績は悪化。1961年には念願の大陸横断路線開設を申請したが再び失敗し、許認可はライバルのデルタ航空やナショナル航空に下りてしまった。イースタン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 森戸辰男

    森戸辰男から見たストライキストライキ

    世は労働者のストライキが急増、小作争議が広がり、学生運動も台頭。森戸も当時の知識人たちと同様、近代社会の弊害を除去するための探求に進む。社会科学あるいは社会問題を生涯の研究課題に選ぶ。森戸は大学に残り師事した高野岩三郎の経済統計研究室でしばらく助手をした後1916年、経済学科助教授となる。当時の経済学科は法科大学の附属品のような存在であったため、他の研究者たちと独立に尽力。経済学・社会科学の研究は、法律・政治の国家学とは本質的に異なるうえ、国家主義的思想の強い法科大学とは袂を分かちたい気持もあった。結果的にこの考えが後の森戸事件で上杉慎吉ら学内の右翼団体から攻撃を受ける事となる。1917年、ロシア革命が発生。1919年、経済学科が経済学部として法学部から独立。1920年、新機運を象徴するものとして経済学部が森戸と同じ助教授だった大内兵衛編集による機関誌『経済学研究』を刊行。森戸は人類の究極の理想が無政府共産制にあるとの考えから、この創刊号にロシアの無政府主義者・クロポトキンの「パンと奪取」という論文を翻訳し「クロポトキンの社会思想の研究」として発表した。このことが上杉慎吉を中心とする学内の右翼団体・興国同志会から排撃を受けて雑誌は回収処分のち発売禁止となった。さらに新聞紙法第42条の朝憲紊乱罪により森戸と大内は起訴された。これをきっかけに東大新人会が森戸らを擁護、さらに各大学の学生団体も森戸を擁護し新聞・雑誌も大きく取り上げ、言論界は大論争となった。裁判では今村力三を主任弁護士に原嘉道、花井卓蔵、鵜沢総明、特別弁護人に三宅雪嶺、吉野作造、佐々木惣一、安部磯雄ら錚々たるメンバーが揃い、大審院まで行ったが上告は棄却され有罪が確定。森戸と大内両名は失職した。この間森戸は巣鴨監獄の独房で3ヶ月を過ごした。しかし前述の弁護団を始め有島武郎や長谷川如是閑、後藤新平ら多くの文化人が森戸らを擁護し、有島とは終生変わらぬ交友を持った。有島は生前のクロポトキンに会った数少ない日本人の一人である。森戸辰男 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の学生運動

    日本の学生運動から見たストライキストライキ

    日常的に彼ら活動家は、自治会や様々なサークル(社研など)を拠点にして討論や学習をし、自前のビラ(アジビラ)やポスター、立て看板(タテカン)を作製し、授業前のクラスや昼休みの広場などで演説をし、自らの主張をアピールする。時には校内で集会や講演会、学習会などのイベントを開く。運動は日常的には地道なものであり、地味なものである。しかし運動がまれに盛り上がるときもある。普段は大学問題や政治問題に関心のない一般の学生も運動に加わり、全学的に運動が高揚する場合である。そうなればデモや授業ボイコット(ストライキ)、大衆団交、果てはバリケードによる建物占拠などが行われる。日本の学生運動 フレッシュアイペディアより)

  • エゲッドバス

    エゲッドバスから見たストライキストライキ

    新自由主義政策を採るネタニヤフ政権による民営化にも関わらず、エゲッド社は未だイスラエル国内旅客バス業界において大きな地位を占め、路線バス・都市間長距離バスとしての役割を担っている。また、ネタニヤフ政権による民営化は従業員たちの反発を買い、大規模なストライキを招き、結果・サービスの低下に繋がったともいわれる。現在も、エゲッド社の社員は頻繁にストライキを敢行し、その度に管理職の職員や退職者が臨時にバスの運行に携わる始末である。エゲッドバス フレッシュアイペディアより)

  • 共同通信杯

    共同通信杯から見たストライキストライキ

    1970年には再び積雪の影響でダート1600mで施行、翌1971年には現在の芝1800mに変更、1972年にはストライキ及び流行性の馬インフルエンザの影響で5月に開催順延し、福島競馬場の芝1800mで施行された。共同通信杯 フレッシュアイペディアより)

  • フィオレロ・ラガーディア

    フィオレロ・ラガーディアから見たストライキストライキ

    リベラルな改革派の指導的政治家として、ラガーディアは労働法制の整備を後援すると共に、移民制限に反対した。主な業績として1932年にネブラスカ州選出の上院議員ジョージ・ノリスと共同提出したノリス=ラガーディア法がある。これはクレイトン反トラスト法が1914年に発効して以後1920年代末まで続いた最高裁による労働組合活動に対する制限を回避するものだった。同法は下級裁判所が憲法ではなく議会によって生成されるという理論に基づいており、そうである以上は議会は司法権を定義し制限する広い権限を持つとして、以下のような目的に向けた差止め命令の発行を禁止した。すなわち、反組合的な雇用契約の維持、罷業または雇用関係拒絶に対する妨害、またはストライキ、ボイコット、およびピケッティングなどの活動の根拠となる法律の制限、などである。また、これにより被雇用者が組合に加入するのを禁ずる所謂黄犬契約を裁判所が強制することも出来なくなった。フィオレロ・ラガーディア フレッシュアイペディアより)

808件中 11 - 20件表示

「ストライキ」のニューストピックワード