808件中 41 - 50件表示
  • GE U50C形ディーゼル機関車

    GE U50C形ディーゼル機関車から見たストライキストライキ

    新製から10年もたっていない1976年、UPはU50C形の使用を中止する。使用できる状態に整備されてはいたが、二度と営業線に復帰させることはなかった。1978年、5両が定置形発電機の代用として炭坑でのストライキ時に貸し出された。のちにすべての車両が廃車・解体された。GE U50C形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ミシガン州の歴史

    ミシガン州の歴史から見たストライキストライキ

    この時期に、全米自動車労働組合が作られ自動車産業雇用者を代表した。この労働組合は自動車会社に、組合員である労働者のみを契約で採用させ、労使間の交渉を行うことを望んだ。フォードやゼネラルモーターズは組合と連続ストライキの主要目標にされ、その中でも重要なものはフリント・シットダウン・ストライキであり、両社とも組合の存在を認めさせられた。今日全米自動車労働組合は合衆国でも最大の組合組織であり、1941年以降国内自動車会社に雇用された労働者全ての代表となってきた。ミシガン州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ジェレマイア・マクレイン・ラスク

    ジェレマイア・マクレイン・ラスクから見たストライキストライキ

    南北戦争後、ラスクは連邦下院議員に選出された。ラスクは連邦議会において傷病兵年金委員会の委員長を務めた。1882年、ラスクは共和党からウィスコンシン州知事に立候補し、選出された。ラスクは1886年のメーデーストライキに際し、州兵をミルウォーキーに派遣して治安維持を図った。ジェレマイア・マクレイン・ラスク フレッシュアイペディアより)

  • カナディアン・ロコモティブ・カンパニー

    カナディアン・ロコモティブ・カンパニーから見たストライキストライキ

    1965年7月26日、CLCはフェアバンクス・モース(カナダ)となり、カナダでの独立した企業ではなくなった。フェアバンクス・モースとして工業用機械や船舶エンジン、ハカリなどの分野に進んだために機関車の製造は減少した。1969年4月のストライキにより、6月には工場を閉鎖。1971年には3000両の機関車を製造し、カナダ第二位の機関車製造規模を誇った工場は取り壊された。カナディアン・ロコモティブ・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • 西谷能雄

    西谷能雄から見たストライキストライキ

    西谷 能雄(にしたに よしお、1913年9月8日 - 1995年4月29日)は、未來社社長。北海道札幌市生まれ、新潟県佐渡島出身。佐渡中学校卒後、ストライキで東京外国語学校ロシヤ語科を退学になり、1937年明治大学文藝科卒業。京大で哲学を教えていた従兄西谷啓治の世話により京都の弘文堂に勤務。当時、弘文堂は学術出版社として名高く「東の岩波、西の弘文堂」と言われたほどで、ほぼ国立大学の教授の著書しか出版せず、権威主義の傾向が強かった。しかし西谷は当時まだ無名だった木下順二の『夕鶴』を弘文堂の啓蒙的叢書「アテネ文庫」に入れることを企画会議で頑強に提案。この企画が当たって『夕鶴』が版を重ねたことから、無名の著者の原稿でも優れていれば刊行すべきであるとの信念を持つに至る。同社取締役編集部長ののち1951年10月31日に退社、1951年11月11日に未來社を創設。退職金代りに弘文堂から譲り受けた「アテネ文庫」の紙型を利用して、木下順二『夕鶴』と山本安英『歩いてきた道』を同社の最初の書目として刊行。1968年に注文制(買い切り)を実施。ワーズワースの「思いは高く、暮らしは低く」を仕事上の信条とし、主として左翼系の出版物を刊行した。西谷能雄 フレッシュアイペディアより)

  • 宮地嘉六

    宮地嘉六から見たストライキストライキ

    佐賀市生まれ。貧困のため小学校を中退して仕立て屋の丁稚となるが、1896年に佐世保へ移り、12歳で海軍造船廠(佐世保海軍工廠)の見習工となる。このとき尾崎紅葉や徳冨蘆花を読んで文学に目覚めた。その後16歳から31歳までは兵役を挟み旋盤工から旋盤師として約10年間を呉海軍工廠で、その他神戸、長崎、東京の工場を転々とした。労働争議が続いた呉海軍工廠時代にはストライキの首謀者として広島監獄に拘禁もされた。代表作『煤煙の臭ひ』『或る職工の手記』などはこの時代の経験を母胎としたもの。この間東京で苦学をしたいと3度上京を試みる。2度目の上京時には鉄工所や造船所で働きつつ正則英語学校(正則学園高等学校)に学び早稲田大学で聴講にも通う。1913年3度目の上京の翌1914年、堺利彦の世話で出版社社員となり、12歳から長年に亘る職工生活と別れ文筆一筋の生活に転じた。自らの労働体験に基づいて『放浪者富蔵』などの小説を発表。しかしプロレタリア文学の勃興に伴って運動から遠ざかり、創作活動も中絶。二児を残して妻に去られたため東京市内を転々とする。戦時中は日本文学報国会に嘱託として勤務。宮地嘉六 フレッシュアイペディアより)

  • 日本労働総同盟

    日本労働総同盟から見たストライキストライキ

    1935年に中間派の全国労働組合同盟(全総)と統合したが、1937年の日中戦争では「聖戦に協力するためにストライキを絶滅させる」と宣言し、日本の軍国主義に協力した。戦争が進むにしたがって左翼労働組合は次々に弾圧されて崩壊していく中で、幹部は戦争政策に協力した。日本労働総同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・マクダウエル

    ジャック・マクダウエルから見たストライキストライキ

    高校時代、のドラフト会議でボストン・レッドソックスから20巡目に指名されたが、この時は入団せず、スタンフォード大学に進学。のドラフト会議でシカゴ・ホワイトソックスから1巡目(全米5位)に指名され、入団。いきなりその年の9月15日にメジャー初登板・初先発。シーズン残りの2週間で4試合に先発し、3勝0敗、防御率1.93の驚異的なデビューとなった。は開幕前から新人王候補にもなり、大きく期待されたが5勝10敗、防御率3.97に終わる。には14勝9敗をあげて期待に答え、には17勝10敗をあげてオールスター初出場。には初の20勝(10敗)をあげ、には自己最多の22勝(10敗)をあげてア・リーグサイ・ヤング賞に選ばれた。チームの地区優勝に貢献したが、リーグチャンピオンシップシリーズでトロント・ブルージェイズに敗れ、ワールドシリーズ出場はならなかった。ストライキでシーズンが短縮されたは10勝9敗に終わり、この年限りで移籍。ジャック・マクダウエル フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンセント・バック

    ヴィンセント・バックから見たストライキストライキ

    全米自動車労働組合364地域の呼びかけで、2006年4月から2009年現在、3年以上の期間、従業員がストライキを続けている。しかしながら、製造、供給は継続されている。ヴィンセント・バック フレッシュアイペディアより)

  • 浅原源七

    浅原源七から見たストライキストライキ

    1953年に日産自動車で起こった大規模な労働争議である。当時の自動車企業では総評系の全日本自動車産業労働組合(全自動車)が活発な活動を続けていた。同年6月、賃金・退職金・一時金の増額や従業員の待遇改善を求めた日産分会(益田哲夫委員長)がストライキを強行したが、浅原社長などの経営陣はロックアウトや暴力行為を理由とした分会員の懲戒解雇で対抗し、更に同年8月に第二組合として結成された日産自動車労働組合と労使協調関係を結んで、日産分会員の切り崩しを進めた。そして、最終的には経営側の勝利により操業再開にこぎ着けた。浅原源七 フレッシュアイペディアより)

808件中 41 - 50件表示

「ストライキ」のニューストピックワード