950件中 61 - 70件表示
  • ブロークンヒル

    ブロークンヒルから見たストライキストライキ

    豊かな鉱物資源を背景にブロークンヒルの人口は1891年には21000人に膨れ上がった。しかしアウトバックの真っ只中に位置するこの町にこれだけの人口を支えるのに十分な水や食料は供給されず、生活水準は極めて低かったとされる。精錬所からの窒素酸化物や粉塵による大気汚染も進んだ。坑道や精錬所建設のため、僅かにあった木々も伐採されてしまい、砂嵐がひどくなったという。1888年には腸チフスが流行し、128人の死亡が確認されている。労働環境も劣悪で、1894年から1913年までの20年間に事故で死亡した鉱夫の数は360人に上った。このような中1889年には労働者による大規模なストライキが記録されており、以後労働組合の活動の中心地ともなっていく。ブロークンヒル フレッシュアイペディアより)

  • 初期雇用契約

    初期雇用契約から見たストライキストライキ

    このCPEを巡り、反対する学生、労働組合により大規模なデモ、ストライキ、暴動などがフランス全土で行われ、結局2006年4月10日になり、ド・ビルパンはこの法案を撤回した。初期雇用契約 フレッシュアイペディアより)

  • フェアバンクス・モース コンソリデーテッド・ライン

    フェアバンクス・モース コンソリデーテッド・ラインから見たストライキストライキ

    それでも、フェアバンクス・モースは、トレインマスターやロードスイッチャータイプの車両の製造を続けた。しかし、これらもまた、市場には受け入れられず、機関車製造事業から撤退した。最後にアメリカで機関車を販売したのは1958年、メキシコに最後に輸出したのは1963年、1965年に併合したCLCが長期ストライキのあとでオンタリオ州キングストン工場を閉鎖したのは1969年であった。フェアバンクス・モース コンソリデーテッド・ライン フレッシュアイペディアより)

  • アンダルシア方言

    アンダルシア方言から見たストライキストライキ

    つづりの h を1?2と発音する(f→hと音韻変化した語彙およびアラビア語からの借用語に限られる)地域がある。その発音を表すため、"h" を "j" と表記することがあり、たとえば "huelga"(意味は「ストライキ」など)のアンダルシア方言の発音から "juerga"(「どんちゃん騒ぎ」の意)としてスペイン語の語彙に取り入れられた。その他、フラメンコ用語の「カンテ・ホンド」(cante hondo/jondo:「深い歌声」の意味)などが例として挙げられる。アンダルシア方言 フレッシュアイペディアより)

  • ハーバート・ガットマン

    ハーバート・ガットマンから見たストライキストライキ

    1952年、ウィスコンシン大学大学院生時代に、1877年に発生した死者100人を超える鉄道ストライキ事件に関する研究を行い、イギリスの歴史家エドワード・P・トムスンよりも早く1959年に『労働者の権力探求』という論文を発表する。ハーバート・ガットマン フレッシュアイペディアより)

  • ハーラン郡 (ケンタッキー州)

    ハーラン郡 (ケンタッキー州)から見たストライキストライキ

    ハーラン郡は20世紀初期から、労働者を組織し、雇用者からうまい取引を引き出そうという試みが繰り返し行われた場所となり、特に石炭鉱業に関するものが多かった。1930年代には、ストライキを行う労働者とストライキ破り、炭坑会社治安維持部隊、および警察の間に激しい対峙があり、数年間は「血塗られたハーラン郡」と呼ばれた時代もあった。1931年5月5日のエバーツの戦いの後、ケンタッキー州知事が秩序を回復するために州兵を招集した。これは1976年の映画『Harlan County, USA』の題材となり、1970年代の第二次労働争議期間のストライキと組織化を映していた。ハーラン郡 (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

  • レオン・ジュオー

    レオン・ジュオーから見たストライキストライキ

    パリ近郊のパンタン出身。父はオーベルヴィリエの工場で働いていたが、ストライキのために給料の支給が停止され、ジュオーは学校を退学しなければならなかった。16歳の時から工場で働き始め、すぐに労働組合の中心的な存在になった。1900年に父が失明、退職に追いやった白燐弾の使用に抗議するストライキに加わった。レオン・ジュオー フレッシュアイペディアより)

  • ヴァシル・デミレフスキー

    ヴァシル・デミレフスキーから見たストライキストライキ

    ドゥプニツァ(キュステンディル州)出身。1937年、ブルガリア共産党に入党。1938年?1941年、党ドゥプニツァ地区委員会書記。1940年、ドゥプニツァのタバコ企業でストライキを組織し、これを指揮した。ヴァシル・デミレフスキー フレッシュアイペディアより)

  • レイ・チルドレス

    レイ・チルドレスから見たストライキストライキ

    1985年から1994年までの10シーズンで欠場したのはストライキのあった1987年を除くとわずか3試合であり、154試合に出場した。レイ・チルドレス フレッシュアイペディアより)

  • アルトゥル・ヴワディスワフ・ポトツキ

    アルトゥル・ヴワディスワフ・ポトツキから見たストライキストライキ

    クラクフ、パリ、ブレスラウ(現在のポーランド領ドルヌィ・シロンスク県ヴロツワフ)で教育を受けた。1881年にガリツィア王国議会議員となり、1889年に終身の帝国貴族院議員となった。クラクフ政界における保守派の若手指導者であり、特に東ガリツィアの保守派閥(Podolacy)に支持基盤を持っていた。ポトツキは経済関係の活動に熱心で、1887年のガリツィア全国ストライキの主導者であったほか、クラクフ農業経営者協会の会長やクラクフの勧業銀行の社長を務めた。ルドルフ皇太子の友人の1人でもあった。アルトゥル・ヴワディスワフ・ポトツキ フレッシュアイペディアより)

950件中 61 - 70件表示