808件中 61 - 70件表示
  • モンテッサ・ホンダ

    モンテッサ・ホンダから見たストライキストライキ

    1981年、スペイン経済は再び不況に陥り、オートバイ産業は深刻な打撃を受けた。ストライキの波と市場の縮小は、スペインで唯一の大手オートバイメーカーともいえるモンテッサにも襲い掛かかり、会社が生き残るためには大幅な援助を必要としていた。そんなモンテッサを救ったのは、ヨーロッパにおける小型オートバイの生産拠点を必要としていたホンダであった。ホンダの資本参加と政府からの援助(ホンダによって生産継続が保証されることが援助の条件だった)によって、モンテッサは生産を続けることができた。一方のホンダにとっては、将来有望なヨーロッパのトライアルバイク市場への参入を見越し、関税による競争力低下を避けるための現地生産への足がかりという意味があった。モンテッサ・ホンダ フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・スカーギル

    アーサー・スカーギルから見たストライキストライキ

    1973年から1981年まで全国炭鉱労働組合ヨークシャー支部長を務めるが、この間誠実で勤勉な働きぶりと労働者の福利厚生に熱意を傾けていたことから、左派の間では一躍名の知られる存在となる。1973年には炭鉱労働者のストライキで主導的な役割を果たし、これが元で翌年3月に時のヒース政権が崩壊する。アーサー・スカーギル フレッシュアイペディアより)

  • ティム・リアリー

    ティム・リアリーから見たストライキストライキ

    に17勝11敗、防御率2.91という好成績をあげ、この年ナ・リーグカムバック賞を受賞。また、この年は打撃面でも打率.269(67打数18安打)、9打点を記録し、シルバースラッガー賞を受賞した。しかし、翌年以後は再び低調な成績に終わり、シーズン途中にシンシナティ・レッズに移籍。ニューヨーク・ヤンキースに移籍したは9勝して19敗(メジャー最多タイ)を喫する。途中にシアトル・マリナーズに移籍。には11勝(9敗)をあげるが防御率は5.05で、翌はテキサス・レンジャーズに移籍。チームは地区で1位の成績を残すが、ストライキのためシーズンが短縮されてプレーオフは行われず、リアリー自身はそのまま現役を引退した。ティム・リアリー フレッシュアイペディアより)

  • ぞうさんペーパー

    ぞうさんペーパーから見たストライキストライキ

    「ぞうのウンチからできた紙」、というフレーズに、大多数の人間は「臭くはないのか?」との懸念を示すが、実際には無臭。もともと象の糞は大半が繊維であるため、他の動物のような悪臭は少ない。その上、製造段階で煮沸による殺菌が行われるため、紙すきをする段階で、既に臭いはない。ちなみに開発当初、馬糞での製紙も試みたが、臭すぎて話にならず、現地製作スタッフのストライキにまで発展しかけたというエピソードがある。ぞうさんペーパー フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (昭和後半)

    日本の鉄道史 (昭和後半)から見たストライキストライキ

    当時の国鉄は国鉄労働組合(国労)や国鉄動力車労働組合(動労)などの組合が利用客の不便を顧慮することなく、「スト権スト」や「順法闘争」のような政治的な活動を繰り返していた。順法闘争は利用者の反発を買い、1973年には乗客の怒りが爆発して暴動となった上尾事件が起こるなど、国鉄へのさらなる資金投入や運賃値上げは認められない状況に陥りつつあった。日本の鉄道史 (昭和後半) フレッシュアイペディアより)

  • 西興部村営バス

    西興部村営バスから見たストライキストライキ

    1967年(昭和42年)には上藻・中藻両中学校が閉校し、両地区の中学生は北紋バスを利用して西興部中学校へ通学することになったため、西滝線は中藻小学校前を経由するルートに延長された。この頃には過疎バス対策として全国的に赤字路線に対する補助金供出が始まり、村でも西滝線に対して補助を行った。当初20万円程度であった補助金は1970年(昭和45年)度には6倍以上の130万円となり、1971年(昭和46年)度の要求額は400万円を超えた。合わせて、赤字路線を多く抱えた北紋バスではストライキが頻発しており、その都度村が代替輸送を行っていたことから、これに耐えかねた村では道路運送法第101条による村営バスの運行を決意し、その旨を北紋バスへ通告した。西興部村営バス フレッシュアイペディアより)

  • イノセント・ゲリラの祝祭

    イノセント・ゲリラの祝祭から見たストライキストライキ

    病理医及び房総救命救急センター診断課。田口や島津の医学生時代の2年後輩であり麻雀仲間だった。2年前に第二医師達にある出来事を示唆して引き起こした策士。話術はかなりのものであり、弁論では常に他を圧倒する。厚生労働省の役人からは忌み嫌われている。通称「ひねくれ彦根」「医療界のスカムラージュ(大ぼらふき)」。桧山シオンとのコンビで「ヤマビコ・ユニット」と呼ばれている。細身で銀縁眼鏡をかけている。地味だが端正な顔立ち。イノセント・ゲリラの祝祭 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のフランス

    2009年のフランスから見たストライキストライキ

    1月28日-29日 - フランス全土でゼネスト実施。世界的な景気後退を背景にした人員削減、賃金カットなどに抗議するもので、国鉄を皮切りに電気、ガス、学校、病院などの公的機関や自動車など民間企業にも拡大した。参加者は警察の推計で108万人に達し、サルコジ政権発足以来、最大規模のストライキとなった 。2009年のフランス フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ジェフリーズ

    グレッグ・ジェフリーズから見たストライキストライキ

    93年は打率.342、16本塁打、83打点、盗塁46といずれもベストの成績を残し、ストライキでシーズンが短縮された94年も打率.325、12本塁打、55打点を記録。グレッグ・ジェフリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 天満紡績争議

    天満紡績争議から見た同盟罷業ストライキ

    1894年1月27日、夜勤を終えた工員たちが技師・工務係ら上司3名の解雇を求めて午前6時ころより食堂を占拠し、出勤してきた昼勤の工員たちに同盟罷業を呼びかけ、これに従わない一部の工員に対して夜勤の工員が殴打した。そこへ会社側の要請を受けた曾根崎警察署の警察官が工場に入り作業を再開させる一方、会社側は技師たちに解雇相当の理由はないとして工員たちの要求を退けた。これに対し、工員たちの中には納得をせず退社する者も出た。なお、昼勤工員の殴打に関して、工員6名が暴行によって告発され、5名が有罪判決を受けてそれぞれ重禁錮2か月・罰金3円、1名はその後の控訴によって重禁錮1か月・罰金2円判決が下された。天満紡績争議 フレッシュアイペディアより)

808件中 61 - 70件表示

「ストライキ」のニューストピックワード