950件中 71 - 80件表示
  • ブラウン神父の不信

    ブラウン神父の不信から見たストライキストライキ

    3人の大富豪達が、炭鉱をロックアウトしてストライキに見せかけ、労働者のせいにしようと相談していた。同じ頃、3人の革命家達がそれを利用し、ストライキを革命に発展させようと相談していた。それを知った大富豪達が革命家達を脅迫するが、無駄に終わった。しかし脅迫は実現されなかった。大富豪達は一夜にして全員殺されてしまったのだ。大富豪達を内偵していたネアーズは革命家達を疑い、話を聞くため内々に彼らを集めた。ところがその席で、大富豪達の一人ギデオン・ワイズの秘書ポッターが雇い主を殺したと自供したのだ。さらに驚くべきことに、崖から墜死したはずのワイズは生きており、単なる事故だったことを秘書のために証言したのである。しかしワイズの証言から、神父は事件の真実を見抜く。ブラウン神父の不信 フレッシュアイペディアより)

  • ブラウン神父の醜聞

    ブラウン神父の醜聞から見たストライキストライキ

    ブラウン神父のアパートの向かいでビルが建設されていた。ところがその現場でストライキが起ころうとしており、さらに社長に対して殺人の脅迫がなされる。その後社長は、それを苦にしたのか遺書を残して死んでいるのが発見された。しかし神父はそれを殺人と見抜き、なぜ脅迫の後自殺に見せかけた殺人が起こったのかを分析する。そして神父は、事件の全体像を夢の中で解決する。ブラウン神父の醜聞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐教組事件

    佐教組事件から見たストライキストライキ

    佐教組事件(さきょうそじけん)は、1957年(昭和32年)2月14日から16日の3日間にわたって佐賀県教職員組合が起こした労働争議。財政難のため県が打ち出した大規模人員削減に反対し、組合員が一斉に有給休暇を取得する休暇闘争で対抗した。国家公務員法第98条、地方公務員法第37条で労働争議が禁止されている教員が起こした実質的なストライキ事件で、作家石川達三の小説『人間の壁』のモデルとなったほか、学級編成と教職員定数を明確に定めた法律を制定するきっかけとなった。佐教組事件 フレッシュアイペディアより)

  • エジプト軍最高評議会

    エジプト軍最高評議会から見たストライキストライキ

    軍最高評議会は2月14日に市民にストライキの中止を呼びかけた。2月15日にはターレク・ビシャリー元行政裁判所長官ほか、判事や法律専門家ら8人から成る憲法改正委員会を設置し、同委に対し今後10日以内に改正案を策定するよう指示したことを明らかにした。エジプト軍最高評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 東インド共産党

    東インド共産党から見たストライキストライキ

    1920年代初頭は東インドで労働運動、ストライキが頻発し、東インド共産党も、工場労働者組合、鉄道電車職員組合などの労働運動を中心に活動を展開していった。ところが、労働運動内でのサレカット・イスラームと東インド共産党の勢力争いが激しくなると、1921年10月、サレカット・イスラームは組織内の共産党員を除籍する決定を下し、労働運動、さらには反植民地主義運動は大きく二派に分裂することになった。また、東インド政府は1923年5月にスマウンを逮捕、東インドから追放するなど、共産党幹部を次々と追放した。東インド共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 柄沢とし子

    柄沢とし子から見たストライキストライキ

    北海道札幌市出身。北海道庁立札幌高等女学校(現・北海道札幌北高等学校)を卒業後、道庁でタイピストをしながら日本労働組合全国協議会に参加。三菱美唄炭鉱などでストライキに関わるが、非合法活動により1929年以来数度検挙される。柄沢とし子 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンドリクス・スネーフリート

    ヘンドリクス・スネーフリートから見たストライキストライキ

    スネーフリートはまたNVでも活発な活動をして、1911年には組合の委員長となった。スネーフリートは組員の中でも急進派のメンバーであった。1911年に外航汽船の船員がストライキを起こしたときに組合の一部の急進派たちはこれに参加したが、組合員の大部分とSDAP党員の大部分はストライキに参加することを反対をした。スネーフリートら急進派にとって、これは所属する組合及び政党からの孤立につながった。スネーフリートはオランダ本国を離れ、植民地オランダ領東インドに行くことを決めた。この決心は、その後の彼の人生に影響を与える、大きな転機となった。ヘンドリクス・スネーフリート フレッシュアイペディアより)

  • モーテン・アンダーセン

    モーテン・アンダーセンから見たストライキストライキ

    1982年のNFLドラフト4巡目でニューオーリンズ・セインツに入団した。このときのチームとの契約は4万ドル及びサインボーナスとして4万2500ドルであった。プレシーズンにバム・フィリップスヘッドコーチがヒューストン・オイラーズコーチ時代のオイラーズのキッカー、トニ・フリッチュとポジションを争うこととなった彼はロースターからカットされることを覚悟した。フリッチュのサポートを得てロースターに残ったものの開幕戦のセントルイス・カージナルス戦でランディ・ラブとの接触プレーで足首を負傷、8週間の離脱を余儀なくされフリッチュが代わりにチームに加わった。この年NFLはストライキを実施、彼もピケに加わり卵や腐ったリンゴを投げつけられた。この年彼はFGを5回蹴って2回しか成功させることができなかったが2年目の1983年には24回中18回のFGを成功させた。モーテン・アンダーセン フレッシュアイペディアより)

  • 天満紡績争議

    天満紡績争議から見た同盟罷業ストライキ

    1894年1月27日、夜勤を終えた工員たちが技師・工務係ら上司3名の解雇を求めて午前6時ころより食堂を占拠し、出勤してきた昼勤の工員たちに同盟罷業を呼びかけ、これに従わない一部の工員に対して夜勤の工員が殴打した。そこへ会社側の要請を受けた曾根崎警察署の警察官が工場に入り作業を再開させる一方、会社側は技師たちに解雇相当の理由はないとして工員たちの要求を退けた。これに対し、工員たちの中には納得をせず退社する者も出た。なお、昼勤工員の殴打に関して、工員6名が暴行によって告発され、5名が有罪判決を受けてそれぞれ重禁錮2か月・罰金3円、1名はその後の控訴によって重禁錮1か月・罰金2円判決が下された。天満紡績争議 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ジェイガー

    ジェフ・ジェイガーから見たストライキストライキ

    ストライキのあった1987年のNFLに10試合の出場ながら75得点をあげてブラウンズの新人最多得点記録を更新した。ジェフ・ジェイガー フレッシュアイペディアより)

950件中 71 - 80件表示