808件中 81 - 90件表示
  • 有田正憲

    有田正憲から見たストライキストライキ

    小田俊与(人道主義政治連盟)、深作清次郎(反ソ決死隊)、南俊夫(自称:世界連邦創始者)、杉本一夫、岸本力男(後の稲川会越路家一家三代目、全愛会議理事長)、福田進(防共挺身隊)、山陰探月、別城遺一ら右派常連候補を糾合し、国会浄化、暴力スト粉砕、日教組解体、邪教創価学会殲滅などの主張を叫んでは、革新勢力に対する減票工作のため、国政選挙などへの大量立候補を敢行した。有田正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 国光汽車客運

    国光汽車客運から見たストライキストライキ

    こうして、台汽の高速道路53路線、一般路線43路線の計96路線と不動産開発部門を承継する、社員の共同資本による民間企業として「国光汽車客運股份有限公司」は成立した。民営化移行に伴う失業従業員数は200人以上となり、国光の営業開始当日に待遇で不満を持つ従業員の一部が台北や基隆で抗議活動・ストライキを行うなど、波乱ぶくみのスタートとなった。国光汽車客運 フレッシュアイペディアより)

  • デ・レオン主義

    デ・レオン主義から見たストライキストライキ

    デ・レオン主義者の政党はまた、教条主義で分派主義であるとして批判されてきている。彼らはレーニン主義と前衛主義を否定する一方で、社会民主主義や民主社会主義の伝統にも所属しない。デ・レオンや他のデ・レオン主義者は、アメリカ社会党などの「民主社会主義」運動をしばしば批判し、彼らを「改良主義」または「ブルジョワ社会主義者」とみなしている。デ・レオン主義者は資本主義を改良するための彼らの試みとみられる活動や連帯などを伝統的に控えてきているが、しかしデ・レオンの時代の社会労働党は、デ・レオン主義者の政党を構築する支援と社会主義産業別組合の組織化という2つの作業に単独で集中するために、ストライキや社会的公正運動などの活動を行った。デ・レオン主義 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ジーグラー

    ジョン・ジーグラーから見たストライキストライキ

    会長職を務めた晩年、ソビエト連邦や東欧出身選手のNHL入団にも力を注いだ。またウェイン・グレツキーのロサンゼルス・キングスへの移籍と相まってサンノゼ・シャークス、タンパベイ・ライトニングなどの新フランチャイズを決定しアメリカ合衆国南部へのNHL人気を拡げた。1992年に起きた10日間に渡る選手のストライキを解決すると共に職を退いた。ジョン・ジーグラー フレッシュアイペディアより)

  • 上野学園大学

    上野学園大学から見たストライキストライキ

    1945年10月8日に学校の民主化を要求して戦後初のストライキが行われている。このストライキは新聞に大きく報道され、全国の学生の学園民主化闘争の契機となった。上野学園大学 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・レイサム (野球)

    クリス・レイサム (野球)から見たストライキストライキ

    メジャーリーグ選手会が1994年末にストライキを行った際に、オーナー側から代替選手として選ばれ、オープン戦に参戦。形式的にはスト破りとなり、現在でも選手会加盟を認められていない選手のうちの一人である。クリス・レイサム (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 公益事業

    公益事業から見たストライキストライキ

    先の法では強制調停と緊急調整、さらに抜打ちストライキの禁止など、労働問題についてあらかじめ規定を設け、その上で争議行為の予告通知が必要な公益事業として、次のような事業を定めている。公益事業 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤千代子

    伊藤千代子から見たストライキストライキ

    1927年(昭和2年)8月30日、長野県岡谷で起こった製糸業最大の争議「山一林組争議」(女工ら労働者による30日ストライキ)の労働者支援を行う。同年秋、労働農民党の浅野晃と結婚。翌1928年(昭和3年)、初の普通選挙を戦う労働農民党の藤森成吉候補らの支援活動を行う。同年2月日本共産党に入党。党中央事務局で文書連絡や印刷物の整理などの活動を始めて半月後、三・一五事件の弾圧により検挙され警視庁滝野川署から市ヶ谷刑務所に収監、拷問により転向を強要されるが拒否し続ける。ところが拘禁精神病を発病し、松沢病院に収容され、急性肺炎により病死。享年25。郷里の龍運寺墓地に葬られる。伊藤千代子 フレッシュアイペディアより)

  • リーハイ・バレー鉄道

    リーハイ・バレー鉄道から見たストライキストライキ

    アメリカ合衆国が第一次世界大戦に参戦した後、ストライキを防ぐためにアメリカの鉄道網は国有化された。アメリカ合衆国鉄道管理局が1918年から1920年まで鉄道を管理し、それから再び民間の手に管理が戻された。リーハイ・バレー鉄道にとっての利点としては、政府が購入した多くの新しい車両を手に入れたことが挙げられる。リーハイ・バレー鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • フョードル・ダン

    フョードル・ダンから見たストライキストライキ

    1871年ロシア帝国の首都サンクトペテルブルクで薬局を営むユダヤ人の家庭に生まれる。ユリエフ大学医学部を卒業し、医師になって病院に勤務するが、マルクス主義の洗礼を受け、労働者階級解放闘争同盟という労働組合に参加した。レーニンとマルトフが逮捕された後、同盟の指導に当たり、ペテルブルクでストライキを指揮する。しかし、ダンも1896年に逮捕され、1年半投獄された後に、オリョール県に2年流刑となる。1901年ロシアを出国し、ベルリン、チューリヒなどで活動する。帰国後、ロシア社会民主労働党に入党。1902年逮捕され東シベリアに流刑となるが、脱走し、ジュネーヴに逃れる。ジュネーブでメンシェヴィキに所属し、1903年第2回党大会に出席するためにロンドンに赴く。また、党機関紙「イスクラ」の編集部に入り、同時に雑誌「ソツィアル・デモクラート(社会民主主義者)」の編集部長にもなった。ダンは、レーニンの少数の革命家が革命を主導するというボリシェヴィキの概念を嫌い、より広範な国民大衆の結集を目指すマルトフと提携したメンシェヴィキの指導者の一人となる。1905年恩赦によって帰国する。第一国会(ドゥーマ)及び第二国会で当選し、社会民主労働党議員団を指揮する。1908年ピョートル・ストルイピンの弾圧に会い、スイスに亡命し、新聞・雑誌の編集を続けた。1913年恩赦で帰国し、第四国会に当選し、メンシェヴィキ国会議員団長となり、マルトフと協力する。フョードル・ダン フレッシュアイペディアより)

808件中 81 - 90件表示

「ストライキ」のニューストピックワード