76件中 41 - 50件表示
  • ストライキ

    ストライキから見た三公社五現業

    これを不満として、1975年に日本国有鉄道を中心とした三公社五現業職員がストライキ権認容を求めてストを起こす「スト権スト」というものが起こされた事があった。政府見解としては、ストを禁止している理由として、職務の公共性や人事院(かつての公共企業体については公共企業体等労働委員会による仲裁・裁定)があることを挙げている(なおこれは批准が留保されているとはいえ、市民的及び政治的権利に関する国際規約追加議定書に抵触する疑いがある)。ストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ストライキ

    ストライキから見たハンガー・ストライキ

    転じて、ハンガー・ストライキなど労働争議ではないが組織的な抗議行動を指すこともある。ストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ストライキ

    ストライキから見た航空会社

    大手航空会社では、乗員組合によるストライキが実施される場合が多い。長距離移動の航空路線への依存度は高まっており、主に社用(出張など)で利用するビジネス客が影響を受ける。ストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ストライキ

    ストライキから見た船員法

    実際に「争議行為が発生したときは、その当事者は、直ちにその旨を労働委員会又は都道府県知事(船員法(昭和22年法律第100号)の適用を受ける船員に関しては地方運輸局長(運輸監理部長を含む。)以下同じ。)に届け出なければならない。」という規定が労働関係調整法第9条にある。ストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ストライキ

    ストライキから見たスペイン

    一方、公務員のストライキが認められている国も多い。フランスやイタリアでは公務員や教師のストライキ、ドイツでは軍人のストライキがあり(労働組合的性格を持つ団体「連邦軍連盟」がある)、公務員ではないが弁護士や医師がストライキを起こすこともある。イギリスでは消防士らのストまで行われ、このような場合には軍が公共サービスを代行する。アメリカでは警察官(巡査や事務官)がストを打つ事があり(警察の労働組合「警察官協会」がある)、このような場合は巡査部長級以上の管理職が第一線に出る。スペインでは航空管制官が2010年12月にストライキを打ち、国際線管制は空軍が行なう事態になった(国内線は運行出来ず麻痺した)。ストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ストライキ

    ストライキから見た公務員

    ストライキなど争議権を認められていない公務員あるいは国家公務員が争議権を獲得するためにするストライキ。日本では、争議権のない労働者によって行われるので「違法行為」とされる。日本では1970年代初頭に国鉄で多数実施され「スト権奪還スト」、「順法闘争」などとも呼ばれたが、1975年末に行われた8日間のストを指すことも多い。ストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ストライキ

    ストライキから見た路線バス

    特にストライキが予定されることが多いのは、運輸事業のうち、鉄道や路線バスなどの日常生活に密着した公共交通機関を経営する事業者(鉄道事業者、バス事業者)であり、ストライキが実施されると、列車やバスなどの運行が中止されて利用者への影響が大きく、プロ野球が鉄道ストで試合中止になるなど各種イベントへの影響も大きかったため、1970年代までの大手私鉄のストライキが毎年(主に春闘時)行われていた際には利用客からの反発や批判が強かったといわれている(しかし、この中でも小田急電鉄など一部の私鉄はストライキを行わないか、あるいは集改札ストに留まり、平常どおり電車を運転した。1980年代以降は大手私鉄ではストライキはほとんど行われなくなり(突入しても朝のラッシュアワー前に収束される)、大手私鉄の春闘が妥結した後に春闘交渉が行われる地方の中小私鉄やバス会社の一部で、事業者(使用者)側の回答を不満としたストライキが行われる程度である。ただし、北海道内の私鉄総連では1980年代以降も組合側の連帯責任を名目に集団交渉が継承されたため、1991年までは毎年春闘ストが行われていた。ストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ストライキ

    ストライキから見た第三次産業

    第三次産業では、ストライキに訴えて問題解決を図るのは主に公共サービス業である(事業者は公営・民間とも)。つまり、交通機関、医療などである。皮肉にも社会的弱者を含む社会の全階層がサービスを受けるこの種の業種について、ストライキという被用者(これも社会的弱者)の雇用主への問題解決の働きかけの手段がサービスを受ける側にとってのサービスの質の低下や断続をもたらすことになってしまった。ストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ストライキ

    ストライキから見た第二次産業

    第一次産業・第二次産業についても、ストライキが多く見られた事例がある(遠洋漁業・鉱山・工場など。農家・林業者・漁師は自営なので必要がない)。ストライキ フレッシュアイペディアより)

  • ストライキ

    ストライキから見たヴァイマル共和政

    商業・金融・証券・保険など公共サービス業とは異質の第三次産業では、よほどの政治問題が起きる状況でなければ通常ストライキは起きない。1915年の中国での日本の「対華21ヶ条要求」の際の商店でのストライキ、1923年のドイツでのフランスのルール工業地帯占領の際のストライキなどがそうである。日本・諸外国とも、少なくとも1960年代以降(公共サービス業ではストライキが多発した時代を含む)に個人商店の営業休止による抗議やデパート・スーパーマーケット・銀行・保険会社などのストライキによる営業休止、銀行のオンラインや証券取引所のストライキによる停止の例はほとんどみられない。これには、これらの業種においては休業が社会の破綻に直結しかねないという事情がある(特に銀行業の場合、銀行決済が不能になれば、その損害は計り知れない)。ストライキ フレッシュアイペディアより)

76件中 41 - 50件表示

「ストライキ」のニューストピックワード