前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
387件中 1 - 10件表示
  • 企業内カウンセラー

    企業内カウンセラーから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    アメリカと同様に日本においても企業内カウンセラーの参画が進んでいる背景には、我が国の昨今の産業・労働分野におけるメンタルヘルス不調の深刻さがある。例えば、1998年から年間30,000人を超え続けている自殺者のうち、生前労働者であった者は約9,000人に上り、その中ではうつ病などの「健康問題」の悩みを自殺の原因・動機とする者が第1位を占める現状となっていることに加え、年齢別自殺者数では自殺者全体の約50%が、生前30代?50代のいわゆる働き盛りの世代にあった者と報告されている。また、仕事や職業生活に関する強い不安・悩み・ストレスを感じている者の割合は全労働者の約60%と高くなっているが、その中では「職場の人間関係の問題」をストレスなどの原因として挙げる者が約40%を占め第1位となっており、改めて「労働者の自殺率の高さ」とともに、「人間関係に起因する悩み・ストレス」の存在が大きなリスクとなっていることが、中央省庁の調査により明らかとなった。企業内カウンセラー フレッシュアイペディアより)

  • アイソレーション・タンク

    アイソレーション・タンクから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    多くの研究が、フローティングには大きなストレス軽減効果があると示している。オハイオ医科大学、ローレンス大学、ウィスコンシン州アップルトン、セント・エリザベス病院、そしてブリティッシュコロンビア大学で行われた一連の研究では、定期的にフローティングすると、心拍数、酸素消費量、ストレスに関連した血液中の生化学物質(コルチゾル、副腎皮質刺激ホルモン、乳酸塩、アドレナリン)レベルの低下がみられた。アイソレーション・タンク フレッシュアイペディアより)

  • コルチゾール

    コルチゾールから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    コルチゾール (cortisol) は副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン (hydrocortisone) とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。コルチゾール フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    また、海馬の神経損傷は幼少期の心的外傷体験を持つ症例に認められるとの研究結果から、神経損傷が幼少期の体験によってもたらされ、それがうつ病発病の基礎となっているとの仮説もある。コルチゾール(cortisol) は副腎皮質ホルモンであり、ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。また、このコルチゾールは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年心的外傷後ストレス障害(PTSD)患者の脳のMRIなどを例として観察されている。心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮する。心的外傷後ストレス障害(PTSD)・うつ病の患者にはその萎縮が確認される。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • 学習性無力感

    学習性無力感から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    学習性無力感(がくしゅうせいむりょくかん、英:Learned Helplessness)は、長期にわたって、ストレス回避の困難な環境に置かれた人は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという見解。学習性絶望感・学習性無気力ともいう。学習性無力感 フレッシュアイペディアより)

  • 燃え尽き症候群

    燃え尽き症候群から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん、)は、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した報酬が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう症状。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明される。燃え尽き症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 摂食障害

    摂食障害から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    患者の極端な食事制限や、過度な量の食事の摂取などを伴い、それによって患者の健康に様々な問題が引き起こされる。主に拒食症と過食症の総称である。人間関係の問題などの心理的ストレスに対する耐性不足や、社会適応性の未発達、コミュニケーションの不全などが原因とされている。依存症の一種である。摂食障害 フレッシュアイペディアより)

  • ストレッサー

    ストレッサーから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    ストレッサーとは、ストレスを生物に与える何らかの刺激のことを言う。また、その範囲は広い。主に物質的な刺激のことをいうが心理的な意味も含まれる(暑さ、寒さ、痛み、生理的物質への反応、怒り、苦しみ、など)。この用語は主に心理学、生物学等においてストレスの原因の意味として使われる。心理学においてはこの定義に対しては一様ではなく多義的である。ストレッサー フレッシュアイペディアより)

  • メディックファーストエイド

    メディックファーストエイドから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    メディックファーストエイドでは、受講者のストレスを出来る限り抑えるために講習終了後の筆記試験や技能試験を行わない。インストラクター(MFAでは「ファシリテーター(Facilitator、『物事を容易にする人』という意味)」と正式には呼んでいる)も適度に肩の力を抜いて指導を行うように訓練されており、受講者はリラックスした状態で講習を受けることが出来る。メディックファーストエイド フレッシュアイペディアより)

  • 浅田浩二

    浅田浩二から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    また植物光合成の場である葉緑体における活性酸素の生成と消去のメカニズムを解明し、活性酸素を中心に植物の環境ストレス耐性の機構を明らかにするとともに、人類の生存に必要な二酸化炭素の固定に不可欠である光合成のしくみを解き明かした。浅田浩二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
387件中 1 - 10件表示

「ストレス」のニューストピックワード