559件中 11 - 20件表示
  • 浅田浩二

    浅田浩二から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    また植物光合成の場である葉緑体における活性酸素の生成と消去のメカニズムを解明し、活性酸素を中心に植物の環境ストレス耐性の機構を明らかにするとともに、人類の生存に必要な二酸化炭素の固定に不可欠である光合成のしくみを解き明かした。浅田浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 燃え尽き症候群

    燃え尽き症候群から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん、)は、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう症状。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明される。燃え尽き症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 口臭

    口臭から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    強いストレスや睡眠などによる口内の乾燥口臭 フレッシュアイペディアより)

  • 学習性無力感

    学習性無力感から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    学習性無力感(がくしゅうせいむりょくかん、)とは、長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象である。他の訳語に学習性絶望感、獲得された無力感、学習性無気力がある。学習性無力感 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州監禁殺人事件

    北九州監禁殺人事件から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    CはYの問題で重度のストレス障害となって8月中旬に入院するも、9月下旬にはXによって強引に退院させられた。北九州監禁殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • ストレッサー

    ストレッサーから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    ストレッサー(stresser)とは、ストレスを生物に与える何らかの刺激のことを言う。また、その範囲は広い。主に物質的な刺激のことをいうが心理的な意味も含まれる(暑さ、寒さ、痛み、生理的物質への反応、怒り、苦しみ、など)。この用語は主に心理学、生物学等においてストレスの原因の意味として使われる。心理学においてはこの定義に対しては一様ではなく多義的である。ストレッサー フレッシュアイペディアより)

  • 過敏性腸症候群

    過敏性腸症候群から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで「過敏性大腸症候群」と呼ばれていたが、最近では、大腸だけではなく小腸にも関係することなどからこのように呼ばれている。20 - 40歳代に多く、ストレスの多い先進国に多い病気であり、特に芸術家など繊細で神経質な人ほどかかりやすい。一時的なストレスから発症することから神経症、うつ病の一種と考えられることもある。また、胃腸の身体的症状のみならず、めまいや頭痛、動悸、肩凝りなどを伴う自律神経失調症状や睡眠障害、不安、気分の落ち込みによるうつ病、イライラなどといった精神症状が現れることも多い。罹患すると生活のリズムが狂い、QOLの著しい低下と経済損失がもたらされることから近年では重視される疾患である。致死的な疾患ではないが、有病率は10-20%ほどと高い。過敏性腸症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    効用としては、俗にストレスの解消、コミュニケーションの円滑化、疲労回復が挙げられる(→)。しかし脳を委縮させ、時に違法薬物を上回ると言われる最も有害な薬物であり、世界で毎年250万人の死亡につながり死因の4%を占める。作用量と致命的な量が近く急性アルコール中毒になりやすい薬物であり、アルコール乱用や、禁断症状が致命的な振戦せん妄となりうるアルコール依存症となることもあり、アルコール飲料はIARC発がん性でグループ1(発がん性あり)にも分類される。(→)判断力が低下し、交通事故などの事故、また一時的に記憶が完全になくなることもある。社会的には暴力や自殺が挙げられる(→)。 フレッシュアイペディアより)

  • 統合失調症

    統合失調症から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    根本的な原因は不明であるが、遺伝要因が大きい。遺伝の影響度は研究によって異なるが、双子を用いた研究のメタ分析では遺伝率が81%と報告されている。ほか神経伝達物質のインバランス等の脳の代謝異常と、心理社会的なストレスなど環境因子の相互作用が発症の発端になると予想されている。心理社会的な因子としては、「ダブルバインド」や「HEE(高い感情表出家族)」などが注目されている。生物学的な因子としては、妄想および幻覚症状は脳内の神経伝達物質の化学的不均衡であるという仮説が提唱されている。主にドーパミン拮抗薬である抗精神病薬の適量の投与によって、症状の抑制が可能であるとする理論であるが、大きな成功をおさめている仮説であるとまでは言えない。統合失調症 フレッシュアイペディアより)

  • 終末のハーレム

    終末のハーレムから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    治安上の問題もあり、ナンバーズの存在は日本支部の首脳陣やメイティング施設の関係者たち、そしてメイティング候補の女性たちなど、ごく一部にしか知らされていない。また、メイティング候補の女性たちと同じくメイティング施設外への外出を許可されていないが、ナンバーズにはで後述する広い自室が提供されており、ストレス解消が徹底されている。ただし、前述の理由からもプライバシーは無いに等しく、各所に設置された監視カメラに加えて自室内(トイレは除く)でも隠しカメラで常時監視されているほか、貴重な存在ゆえに日々健康診断を受けさせられている。終末のハーレム フレッシュアイペディアより)

559件中 11 - 20件表示

「ストレス」のニューストピックワード