559件中 21 - 30件表示
  • アセトン血性嘔吐症

    アセトン血性嘔吐症から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    繰り返す事が多いので、保護者は対応策を小児科の専門医などに聞いておく。外見からは全く分からないが、本人は強い吐き気など感じていることを理解する姿勢が大切である。また、食事療法や日常でのストレスなどに留意し、予防に努める。アセトン血性嘔吐症 フレッシュアイペディアより)

  • 遊び (工学)

    遊び (工学)から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    これらの装置はハンドルやブレーキペダルの操作において、幾らかの遊びが設定されている。こういった遊びが無ければ、ドライバーがくしゃみをしたとか背中がむずむずしたので身じろぎしたとかいう些細な動作が急ハンドルや急ブレーキに直結しかねず、運転者はそういった動作を制限され、多大なストレスを継続的に強いられることにもなるだろう。その意味において、遊びは操作側の負担を軽減させている。遊び (工学) フレッシュアイペディアより)

  • 荷おろし症候群

    荷おろし症候群から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    荷おろし症候群(におろししょうこうぐん)とは、仕事などで、休む間もなくストレスフルな生活にあった人が、その重荷から開放されたときにかかるうつ病の一種である。荷おろし症候群 フレッシュアイペディアより)

  • トゥインクル☆スターシップ

    トゥインクル☆スターシップから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    閉鎖された空間内に長期間閉じ込められるストレスなどにより、初期の移民では船内での暴動などが起こる事があった。そのため、移民希望者は適性を判断するために実習を科せられる事になった。任意に設定された宙域から、定められた何カ所かのポイントを通過し、1年以内にブルーコーストに到着しないと失格になる。実習を行う宇宙船を実習船と言い、監督として指導教官1名、指揮官候補生1名、ほか開発学校各科の生徒が乗り込む。指揮官候補生以外の実習生のリタイアは自由だが、指揮官候補生のリタイア(失格を含む)は実習の終了を意味し、全員不合格となる。八開キャンパスでは、最短記録でリタイアした指揮官候補生(セイジの事)だけは遠慮したいと言われていた。トゥインクル☆スターシップ フレッシュアイペディアより)

  • 育児ストレス

    育児ストレスから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    育児ストレス(いくじストレス)とは、育児に関連してストレスを被っている状態。いわゆる育児ノイローゼの前駆的状態である。育児ストレス フレッシュアイペディアより)

  • メタロチオネイン

    メタロチオネインから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    2. はシステイン残基のチオール基がラジカル種と容易に反応する性質に由来する。すなわち、金属と結合していないチオールが毒性を有するラジカル種を消去している。また、メタロチオネインは20残基のシステインを有することから、この消去能は高く、酸化に対する防御因子として高い能力を持っている。さらに、サイトカインなどの生理活性物質や四肢緊縛、紫外線などの外的ストレスでも誘導されることから、生体防御物質としての働きも注目されている。メタロチオネイン フレッシュアイペディアより)

  • 神経内分泌学

    神経内分泌学から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    神経内分泌系は我々がストレス及び感染に対処する手段を支配する。また、我々の摂食行動や取り込んだエネルギーをいかに利用するかということ、すなわち、どのように我々が脂質を取り込むかということを左右する代謝作用を調節する。そして我々の状況に影響を与える。神経内分泌系は体液や電解質の恒常性、そして血圧を調節する。言い換えれば、神経内分泌系は主要な健康に関するいくつもの中心的関心事であり、しばしば奥深い個人的な興味である。神経内分泌学 フレッシュアイペディアより)

  • SUMOタンパク質

    SUMOタンパク質から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    SUMOタンパク質(SUMO protein)とは、細胞内の他のタンパク質に一時的に共有結合してその機能を助ける小さなタンパク質で、SUMOとはSmall Ubiquitin-related(like) Modifierという言葉の略である。タンパク質のSUMO化は翻訳後修飾の1つで、細胞核-細胞質の輸送、転写制御、アポトーシス、タンパク質の安定化、ストレス応答、細胞周期の進行など様々な細胞内のプロセスに関係する。SUMOタンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • ストレス・マネジメント

    ストレス・マネジメントから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    ストレス・マネジメント フレッシュアイペディアより)

  • グレーサー病

    グレーサー病から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    グレーサー病(グレーサーびょう、英:Glasser's disease)とはHaemophilus parasuis(ヘモフィルス・パラスイス)感染によるブタの感染症。Haemophilus parasuisはグラム陰性通性嫌気性桿菌で発育にV因子を要求する。主に離乳後の子豚に発生する。子豚へのストレスが誘引となる日和見感染症である。甚急性または急性に経過し、甚急性では突然死を起こし、急性では発熱、元気消失、食欲低下、呼吸困難などを引き起こす。原因菌の分離には衛星現象を利用した血液寒天培地あるいはNAD加チョコレート寒天培地を用いる。治療にはペニシリン系抗生物質の大量投与が有効であるとされ、同居豚にも同時に投与することが望ましい。予防にはストレスの軽減、不活化ワクチンの接種が行われる。グレーサー病 フレッシュアイペディアより)

559件中 21 - 30件表示

「ストレス」のニューストピックワード