559件中 71 - 80件表示
  • チリアン・テリア

    チリアン・テリアから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    中型犬サイズで、性格は知的で活発、陽気だが、やはりジャック・ラッセル・テリアのように狡賢でいたずら好きな一面もある。しつけの飲み込みは非常によく、特に興味があることと交えて教えることでより吸収を早めることが出来る。ただし、テリア・キャラクターの影響により頑固で気の強い一面もあり、初心者にはややしつけが難しくなる傾向がある。家族以外の人に対しても友好性を示し、多頭飼いにも比較的向いた犬種である。番犬としても使われてきた経緯から、よく吠える性質があるが、しつけによって軽減・改善が可能である。運動量は中型犬並みに多く、軽い散歩程度ではストレスを発散するまでには遠く至らない。チリアン・テリア フレッシュアイペディアより)

  • とらぶるスピリット!

    とらぶるスピリット!から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    「KIYOMI」という名でアイドルをしており、仕事からくるストレスでシアンや周囲にきつく当たっていたが、リコにその事を怒られてすっかり改心。その後はリコを「お姉さま」と慕うようになった。とらぶるスピリット! フレッシュアイペディアより)

  • 南極ゴジラ

    南極ゴジラから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    目撃したという宗谷の乗組員は船長を含め経験豊かな海員で、既存の動物や物体を誤認したとは考えにくいが、夏の南極近海では白夜が続いて睡眠・覚醒のリズムが崩れたり、或いは越冬隊員収容という重責、氷海に閉じ込められるなどの強いストレスが重なり、感覚や心理が尋常ではない状況にあった可能性も否定できない。そうした異常な状況下では集団幻覚が起き得る事は古くから知られる。南極ゴジラ フレッシュアイペディアより)

  • 囲い罠

    囲い罠から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    箱罠や括り罠といった基本的に一個体しか捕獲できない罠と異なり、囲い罠は一度に大量の動物を捕獲することが可能で優れた捕獲効率を示す。北海道の洞爺湖中島では囲い罠によってエゾシカを一度に100頭以上捕獲することに成功している。そうしたメリットがある一方で、囲い罠自体や誘因に用いる大量の餌が高額となりコストが高く、設置にも時間や人力を浪費し、広い場所が必要となるなどデメリットも多く指摘されている。アルパインキャプチャーを利用することで簡便性はある程度向上されるが、アルパインキャプチャーは雨風や雪に弱く気象に左右される問題がある。また、箱罠と同様に捕獲や保定によるストレスで捕獲性筋疾患を発症したりするほか、囲い罠内で動物が暴れまわり怪我をするなどして結果的にその動物が死亡する事例も報告されている。囲い罠 フレッシュアイペディアより)

  • 寝汗

    寝汗から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    悪夢を見た時などストレスが溜まった際などに多く見られる。寝汗 フレッシュアイペディアより)

  • コントラポスト

    コントラポストから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    コントラポスト()とは、体重の大部分を片脚にかけて立っている人を描いた視覚芸術を指す用語で、もともとはイタリア語である。片脚に体重をかけているため、肩や腕が尻や脚の軸からずれているのが特徴である。このためより動的な見た目になったり、逆にゆったりした見た目になる。脚を休ませている状態から歩こう・走ろうとする状態への変化を描くことで、緊張を表すこともできる。コントラポストをさらに強調して曲がりくねらせたものをS字曲線という。コントラポスト フレッシュアイペディアより)

  • タイラー基金

    タイラー基金から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    病気と闘う子供達に勇気をもたらすためアメリカで考案されたビーズ・オブ・カレッジは、同基金によって初めて日本の病院に導入されたプログラムである。まず、がんと診断された子供達に自分の名前が刻まれたビーズを通した糸を渡し、治療を行う度に勇気の証として新しいビーズをひとつずつ増やしていくというもの。2010年に導入以来、病気に伴うストレスを軽減する、つらい治療にも前向きな姿勢で臨む、病気に対し自分なりの意味を見出す、重い病気の治療に取り組む子供達が自己意識を取り戻すといった効果が確認されている。同基金はまた、アメリカで1年半の訓練を受けた「セラピードッグ」を病院に常勤させるというプログラムを、2010年1月に日本で初めて静岡県立こども病院に導入した。病床に赴き治療に付き添うセラピードッグは、病気と闘う子供達に勇気と癒しを与えている。タイラー基金 フレッシュアイペディアより)

  • ペット・ロック

    ペット・ロックから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    1975年、アメリカ人のゲイリー・ダウル(Gary Dahl)が、ペットの飼育には楽しみとともに、ストレスや出費といった欠点をともなうことから、それらの欠点が一切ないペットとして発案した。日本でも1977年(昭和52年)にトミー(現・タカラトミー)から発売された。ペット・ロック フレッシュアイペディアより)

  • パロ (ロボット)

    パロ (ロボット)から見たストレス (生体)ストレス (生体)

    動物的な反応を示すパロと触れあうことで、アニマルセラピーと同様の効果が得られるとされる。特にアニマルセラピーは心理的なストレスを軽減させたり、あるいは精神的な好作用が期待される。しかし衛生上の理由で、生きた動物を連れ込めない場所や、生きた動物を飼うことが困難な人のために同ロボットの研究開発が進められ、実際のデイサービスセンターや介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・小児病棟・児童養護施設などで多くの試験を時間をかけて行った。これら調査と試験の結果により衛生・安全性・信頼性・耐久性(丈夫さ)・メンテナンスの容易さなどの面で改良された成果だという。これらの調査により効果のほども確認されたとしている。パロ (ロボット) フレッシュアイペディアより)

  • スダルシャンクリヤ

    スダルシャンクリヤから見たストレス (生体)ストレス (生体)

    スダルシャンクリヤ呼吸法によって脳機能が高められ、ストレスを軽減される結果が見られる。免疫力および体内浄化力の改善も認められ、心の平安にも役立つという結果もある。さらに、2013年4月に発表された研究によると、スダルシャンクリヤ呼吸法を含むヨガの総合的な実践により、細胞の遺伝子レベルにも有益な効果が示唆されている。スダルシャンクリヤ フレッシュアイペディアより)

559件中 71 - 80件表示

「ストレス」のニューストピックワード