前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示
  • トニー・ピューリス

    トニー・ピューリスから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    アンソニー・リチャード "トニー" ピューリス(英語:Anthony Richard "Tony" Pulis、1958年1月16日 - )は、ウェールズ出身の元サッカー選手。現在はストーク・シティの監督を務める。19歳でFAコーチングライセンスを取得し、21歳というプロサッカー選手としては最年少でUEFAのAライセンスを取得した者の一人である。トニー・ピューリス フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ショウクロス

    ライアン・ショウクロスから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ライアン・ジェイムス・ショウクロス(Ryan James Shawcross, 1987年10月4日 - )は、イングランド出身のサッカー選手。イングランド・プレミアリーグ、ストーク・シティに所属している。ライアン・ショウクロス フレッシュアイペディアより)

  • デンバ・バ

    デンバ・バから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2010-11シーズン半ばには、イングランドのストーク・シティFCがバに移籍金590万ポンドの値を付けていると報じられた。2011年1月、ホッフェンハイムの練習合宿参加を拒否し、ウェストハム・ユナイテッドFCへの移籍希望を公言した。ホッフェンハイムはバに処罰を下す可能性を示唆したが、バは「現在の条件でもクラブを離れられることをホッフェンハイムによって保証されている」と主張した。2011年1月、ストーク・シティFCへの移籍話はバがメディカルチェックに落ちたことにより破談となり、ストーク・シティFCのトニー・ピューリス監督はバの獲得失敗を残念がった。ホッフェンハイムでは通算103試合に出場して40得点した。デンバ・バ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ウォルターズ

    ジョン・ウォルターズから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ジョナサン・ロナルド・"ジョン"・ウォルターズ(Jonathan Ronald "Jon" Walters, 1983年8月20日 - )は、イングランド・モートン出身のアイルランド代表のサッカー選手。ストーク・シティFC所属。ポジションはフォワード。ジョン・ウォルターズ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・フート

    ロベルト・フートから見たストーク・シティストーク・シティFC

    ロベルト・フート(Robert Huth, 1984年8月18日 - )は、ドイツ・ベルリン出身、プレミアリーグ、ストーク・シティ所属のサッカー選手。2006年ドイツW杯ドイツ代表。ロベルト・フート フレッシュアイペディアより)

  • チャーリー・アダム

    チャーリー・アダムから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    チャールズ・グレアム・"チャーリー"・アダム(Charles Graham "Charlie" Adam, 1985年12月10日 - )は、スコットランド出身の同国代表選手で、ストーク・シティFC所属のサッカー選手である。ポジションはMF(センターハーフ)。同名の父親も元サッカー選手で、弟のグラントもグラスゴー・レンジャーズFCに所属するGKである。チャーリー・アダム フレッシュアイペディアより)

  • ジャーメイン・ペナント

    ジャーメイン・ペナントから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ジャーメイン・ペナント(Jermaine Pennant, 1983年1月15日 - )は、イングランド・ノッティンガム出身のサッカー選手。プレミアリーグ、ストーク・シティFC所属。ポジションはミッドフィールダー。主に左右のサイドハーフとしてプレーする。ジャーメイン・ペナント フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2010年1月28日にウェストハム・ユナイテッドFCでメディカルチェックを受けていたが、トッテナムの監督ハリー・レドナップは、グジョンセンを誘うことに見事に成功し、トッテナムへレンタル移籍することとなった。この行動を聞いた時にウェストハムの新たな共同経営者であるは激怒し、チェルシーFCで共にプレーしたことのあるジャンフランコ・ゾラ監督は失望を隠せなかった。この時すでにジャーメイン・デフォー, ピーター・クラウチ, ロビー・キーン, ロマン・パヴリュチェンコと4人のストライカーがいたが、2月3日のダゲナム・アンド・レッドブリッジFCとの親善試合で2ゴールを決め順調なスタートを切った。2010年2月10日には、アウェーのウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦で0-1と敗戦した試合で、ストライカーとしてデフォーと共に移籍後初出場を果たした。2010年3月20日のストーク・シティFC戦で移籍後初ゴールを決めると、ニコ・クラニチャールのゴールの起点となり勝利へ導いた。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • ロリー・デラップ

    ロリー・デラップから見たストーク・シティストーク・シティFC

    2006年、ミック・マッカーシー元アイルランド代表監督が指揮するサンダーランドAFCに移籍するも、故障に悩まされてあまり出場機会は無かった。この年の秋に監督がロイ・キーンへと交代するとデラップはポジションを失い、10月にストーク・シティへレンタルで出されてしまう。ロリー・デラップ フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・コリソン

    ジャック・コリソンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    アウェイのウィガン・アスレティック戦の3日後、コリソンは膝頭の負傷により、6週間チームを離れることになった。5月にチームに戻り、ストーク・シティ戦に交代で出場し、チームに復帰した。シーズン最終戦のミドルズブラ戦ではジュニア・スタニスラスのゴールをアシストし、2-1の勝利に貢献してシーズンを締め括った。ジャック・コリソン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
106件中 1 - 10件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード