205件中 91 - 100件表示
  • スティーヴン・ウィテカー

    スティーヴン・ウィテカーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2012-13シーズン開幕前のセルティックFCとの親善試合中に足首を負傷したことで出遅れ、10月31日のトッテナム・ホットスパーFC戦までの約2ヶ月離脱を余儀なくされた。トッテナム戦から数日後のストーク・シティFC戦 (1-0) において、右サイドバックとして90分フル出場でリーグ初出場を飾り、12月8日のスウォンジー・シティAFC戦 (4-3) でロバート・スノッドグラスとのワンツーパスからプレミアリーグ初得点を挙げた。スティーヴン・ウィテカー フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・グレッグ

    ハリー・グレッグから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    1963年のFAカップ決勝では肩の負傷の為にベンチ入り出来ず、その後もケガの連続でチームが優勝した1964?65、1966?67シーズンも満足にプレーすることは出来なかった。1967年夏にストーク・シティに移籍し、1年で引退した。ハリー・グレッグ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・イヴァンシッツ

    アンドレアス・イヴァンシッツから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ディートマー・コンスタンティーニが代表監督在任中は招集されなかったが、マルセル・コラー現代表監督の下では2011年から2014年6月まで再び招集された。以降はミッドフィルダーのポジションでプレーするダヴィド・アラバ(FCバイエルン・ミュンヘン)やマルコ・アルナウトヴィッチ(ストーク・シティFC)、マルセル・ザビッツァー(RBライプツィヒ)等の台頭により招集されていない。代表での10番はズラトコ・ユヌゾヴィッチ(ヴェルダー・ブレーメン)に譲った形になった。アンドレアス・イヴァンシッツ フレッシュアイペディアより)

  • ストーク=オン=トレント

    ストーク=オン=トレントから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ストーク・シティFC - プロ・サッカークラブ。ストーク=オン=トレント フレッシュアイペディアより)

  • アリ・シソコ

    アリ・シソコから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2012-13シーズン終了後にエルネスト・バルベルデ監督からミロスラヴ・ジュキッチ監督に交代したが、状況は好転するどころか、フアン・ベルナトが台頭してきたことで左サイドバックの序列で4番手となったために構想外となり、2013年8月20日にプレミアリーグのリヴァプールFCへのレンタル移籍が決定した。24日のヴィラ・パークでのアストン・ヴィラFC戦でイアゴ・アスパスに代わって69分から初出場を飾ったものの、27日のフットボールリーグカップでのノッツ・カウンティFC戦で前半10分に足首の負傷によって交代し、全治6週間となり、加入早々に離脱することとなった。復帰後の10月27日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦でルイス・スアレスの得点をアシストするプレーを見せこそしたが、他の試合では全体的に精彩を欠いた影響から、本職が右サイドバックのジョン・フラナガンに左サイドバックの定位置争いで脅かされていた。そのフラナガンが負傷のため、12月16日のシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムでのマンチェスター・シティFC戦 (1-2) で6試合ぶりに出場し、1月のストーク・シティFC戦では前半早々にシュートしたボールが相手DFのライアン・ショウクロスに当たって先制点となった。その後、暫くは出場機会を得ていたものの、不安定なパフォーマンスに一部から批判され、最終的にフラナガンどころか終盤戦にはグレン・ジョンソンが左サイドバックに据えられる事態となっており、また、負傷による長期離脱中で本来1番手のホセ・エンリケの存在もあるため、3月に買い取られないことが決定した。アリ・シソコ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ウィルソン (アイルランドのサッカー選手)

    マーク・ウィルソン (アイルランドのサッカー選手)から見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2010年8月、デイヴ・キットソン+移籍金のトレードでストーク・シティFCに移籍。マーク・ウィルソン (アイルランドのサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ボエニシュ

    セバスティアン・ボエニシュから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2011-12シーズン終了に伴って契約満了になるために自由契約選手となると、シュトゥットガルトから獲得の申し入れがあったものの、UEFA EURO 2012でのパフォーマンスの欠如を理由にオファーが取下げられた。2012年8月6日には、イングランド1部のストーク・シティFCのトライアルに参加し、トーキー・ユナイテッドFC、ヨーヴィル・タウンFCとのシーズン前の親善試合に出場したが、トライアルに失敗したことで契約には至らなかった。これに対してボエニシュは、ストークのトニー・ピューリス監督から最高と称賛されたにもかかわらず拒否されたことに当惑しているとkreiszeitung.deに語った。セバスティアン・ボエニシュ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ヴォルシャイト

    フィリップ・ヴォルシャイトから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2015年1月7日、ストーク・シティFCに期限付き移籍した。フィリップ・ヴォルシャイト フレッシュアイペディアより)

  • コーク・シティFC

    コーク・シティFCから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    1984年、1984-85シーズンのリーグ・オブ・アイルランド参入が決定すると、シニアチームはリー川河岸に戻り、コーク・シティFCが誕生した。チェルシーやで活躍した英雄であるボビー・タンブリングが最初の監督に就任したが、成績不振により13試合を指揮したのみで元ストーク・シティの選手であるトニー・アレンと交代した。クラブは元リヴァプールのテリー・マクダーモットの獲得を決定し、ファーストディビジョン降格を逃れた。しかし、カップ戦では2回戦でドロヘダ・ユナイテッドに敗れた。コーク・シティFC フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・ボスロイド

    ジェイ・ボスロイドから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2008年3月 - 同年4月 ストーク・シティ (期限付き移籍)ジェイ・ボスロイド フレッシュアイペディアより)

205件中 91 - 100件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード