205件中 11 - 20件表示
  • マルアン・フェライニ

    マルアン・フェライニから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    マンチェスター・ユナイテッドを始め、アストン・ヴィラ、レアル・マドリー、トッテナム・ホットスパー、バイエルン・ミュンヘンと多くのクラブが関心を示したが、フェライニはエヴァートンと5年間の契約を結んだ。スタンダール・リエージュには1,500万ポンドの移籍金が支払われたが、この金額はベルギー人選手に支払われた移籍金額としては史上最額であり、エヴァートンにとってもクラブ記録となる移籍金額であった(いずれも当時)。2008年9月14日に行われ、3-2で勝利したストーク・シティ戦でデビューを飾り、2008年10月5日に行われ、2-2で引き分けたニューカッスル・ユナイテッド戦で初ゴールを記録した。1年目のシーズンは9ゴールを記録する一方で、最初の17試合で10枚のイエローカードを受けたが、チーフ・レフェリーのキース・ハケットの聴取を受け、今後振る舞いを改善することを約束し、長期の出場停止処分は回避した。約束通りにその後の16試合では3枚のイエローカードを受けただけで済んだが、合計では他のどのプレミアリーグの選手よりも多い枚数であった。シーズン終了後にはクラブの最優秀若手選手に選出された。そのシーズンはすべてのフォワードの選手が怪我で離脱した際にはセカンドトップを務め、同様に本来は中盤の選手であるティム・ケーヒルの後方でプレイをした。マルアン・フェライニ フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ケンドール

    ハワード・ケンドールから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    1977年8月、移籍金4万ポンドでセカンドディヴィジョンのストーク・シティFCに移籍した。ジョージ・イーストハム監督の下でファーストディヴィジョン再昇格を目指したが、1977-78シーズン序盤戦につまづくと、1978年1月にイーストハム監督が解任されてアラン・ダーバン監督が就任した。ダーバン監督は就任してすぐにケンドールを選手兼任コーチに抜擢したが、ケンドールはふたつの役割をうまくこなし、クラブのプレーヤー・オブ・ザ・シーズンに選出された。ダーバン監督はケンドールを軸に据えてチームを立て直し、1978-79シーズンには3位となってファーストディヴィジョン昇格を決めた。ハワード・ケンドール フレッシュアイペディアより)

  • チャーリー・アダム

    チャーリー・アダムから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    チャールズ・グレアム・"チャーリー"・アダム(Charles Graham "Charlie" Adam, 1985年12月10日 - )は、スコットランド出身の同国代表選手で、ストーク・シティFC所属のサッカー選手である。ポジションはMF(センターハーフ)。同名の父親も元サッカー選手で、弟のグラントもレンジャーズFCに所属するGKである。チャーリー・アダム フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・コリソン

    ジャック・コリソンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    アウェイのウィガン・アスレティック戦の3日後、コリソンは膝頭の負傷により、6週間チームを離れることになった。5月にチームに戻り、ストーク・シティ戦に交代で出場し、チームに復帰した。シーズン最終戦のミドルズブラ戦ではジュニア・スタニスラスのゴールをアシストし、2-1の勝利に貢献してシーズンを締め括った。ジャック・コリソン フレッシュアイペディアより)

  • エリック・マキシム・シュポ=モティング

    エリック・マキシム・シュポ=モティングから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ジャン=エリック・マキシム・シュポ=モティング(Jean-Eric Maxim Choupo-Moting, 1989年3月23日 - )は、ドイツ・ハンブルク出身のサッカー選手。カメルーン代表。プレミアリーグ・ストーク・シティFC所属。ポジションはミッドフィールダー。エリック・マキシム・シュポ=モティング フレッシュアイペディアより)

  • クル・ズマ

    クル・ズマから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    クル・ズマ(Kurt Zouma)ことクル・ハッピー・ズマ(Kurt Happy Zouma、1994年10月27日 - )は、フランス・ローヌ県リヨン出身のサッカー選手。プレミアリーグ・ストーク・シティFC所属。フランス代表。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。「クルト・ズマ」と表記されることもある。クル・ズマ フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・フレッチャー

    ダレン・フレッチャーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ダレン・バール・フレッチャー(Darren Barr Fletcher, 1984年2月1日 - )は、ミッドロージアン、ダルキース出身のサッカー選手。プレミアリーグ・ストーク・シティFC所属。マンチェスター・ユナイテッドFCのアカデミー出身の選手である。昇格当初はポジションを得るのに苦労したが、近年では中盤で重要な地位を占める選手になっている。スコットランド代表では、キャプテンであったバリー・ファーガソン欠場時には代わってキャプテンを務めていたが、2009年8月からは、正式にキャプテンに指名された。ダレン・フレッチャー フレッシュアイペディアより)

  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2010年1月28日にウェストハム・ユナイテッドFCでメディカルチェックを受けていたが、トッテナムの監督ハリー・レドナップは、グジョンセンを誘うことに見事に成功し、トッテナムにレンタル移籍することとなった。この行動を聞いた時にウェストハムの新たな共同経営者であるは激怒し、チェルシーFCで共にプレーしたことのあるジャンフランコ・ゾラ監督は失望を隠せなかった。この時すでにジャーメイン・デフォー, ピーター・クラウチ, ロビー・キーン, ロマン・パヴリュチェンコと4人のストライカーがいたが、2月3日のダゲナム・アンド・レッドブリッジFCとの親善試合で2ゴールを決め順調なスタートを切った。2010年2月10日には、アウェーのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦で0-1と敗戦した試合で、ストライカーとしてデフォーと共に移籍後初出場を果たした。2010年3月20日のストーク・シティFC戦で移籍後初ゴールを決めると、ニコ・クラニチャールのゴールの起点となり勝利へ導いた。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・アイルランド

    スティーヴン・アイルランドから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    コーブ・ランブラーズFCでキャリアを開始し、2001年にマンチェスター・シティFCに入団する。2005年9月にプロデビューしてからすぐさま地位を確立すると、そのパフォーマンスでアイルランド代表への扉が開けたが、スティーヴ・ストーントン監督によって突然の終わりを迎えた。2010年9月にジェームズ・ミルナーとのトレードでアストン・ヴィラFCに加入するも精彩を欠いており、期限付き移籍をしたニューカッスル・ユナイテッドFCでも2試合の出場だった。2011-12シーズンになると、ファンによるシーズン最優秀選手に選出されているが、ポール・ランバート監督就任に伴って構想外となり、2014年1月に完全移籍をする前の2013年9月に期限付き移籍でストーク・シティFCへ参加した。スティーヴン・アイルランド フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・クラウチ

    ピーター・クラウチから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ピーター・ジェームス・クラウチ(Peter James Crouch, 1981年1月30日 - )は、イングランド、チェシャー州マクルズフィールド出身のサッカー選手。プレミアリーグ・ストーク・シティFC所属。ポジションはフォワード。ピーター・クラウチ フレッシュアイペディアより)

205件中 11 - 20件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード