106件中 21 - 30件表示
  • トニー・ヘンリー

    トニー・ヘンリーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    1987年 - 1989年 : ストーク・シティFCトニー・ヘンリー フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・シュタニュク

    セルゲイ・シュタニュクから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    1973年、ベラルーシの首都ミンスクで生まれ、FCディナモ-93ミンスクやFCディナモ・ミンスクでプレーをした。1996年にロシアのFCディナモ・モスクワへ移籍をし、114試合に出場をした。2001年、イングランドのストーク・シティFCに移籍。2003年にはストーク・シティの年間最優秀選手に選ばれた。2009年、FCアラニア・ウラジカフカスに移籍をし、シーズン終了後、現役生活に終わりを告げた。セルゲイ・シュタニュク フレッシュアイペディアより)

  • メイン・ロード

    メイン・ロードから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    1923年の完成時にはイギリス国内においては旧ウェンブリー・スタジアムに次ぐ2番目の規模を誇り、1934年のFAカップ(マンチェスター・シティ対ストーク・シティFC)では84,569人の観衆が入ったと記録されている。メイン・ロード フレッシュアイペディアより)

  • 安倍基雄

    安倍基雄から見たストークストーク・シティFC

    『道徳価値の発生とその進化』(ストーク安倍基雄 フレッシュアイペディアより)

  • グレアム・カヴァナ

    グレアム・カヴァナから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    でキャリアを開始し、1991年にミドルズブラFCへ移籍するもファースト・チームで居場所を確保するのに苦戦。1996年にストーク・シティFCへの短期レンタルの後、そのままストークへ移籍金25万ポンドで売却された。最終的に2001年に移籍金100万ポンドでカーディフ・シティFCへ移籍すると初年度で15ゴールを挙げ、翌年のプレイオフ決勝では、クイーンズ・パーク・レンジャーズFCを破り2部への昇格に貢献した。また、2002年のFAカップ3回戦では格上のプレミアリーグに属するリーズ・ユナイテッドAFC相手にゴールを決め、2-1と勝利。番狂わせに一役買った。グレアム・カヴァナ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・ガリード

    ハビエル・ガリードから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2007年8月2日、イングランドのマンチェスター・シティFCと4年契約を結んだ。移籍金は150万ポンド(220万ユーロ)。8月11日のウェストハム・ユナイテッドFC戦でデビューした。マンチェスター・Cは開幕から6試合で4勝・4完封し、クラブの歴史に残るスタートダッシュを決めた。2007年のクリスマス前、同じく新加入のマイケル・ボールにレギュラーの座を奪われた。2007-08シーズンのリーグ戦は9位に終わったが、フェアプレー賞枠でUEFAカップの出場権を獲得した。2008年10月5日のリヴァプールFC戦(3-2)で、フリーキックから移籍後初得点となるダイレクトシュートを決めた。2008-09シーズンは移籍初年度を上回る失望のシーズンとなり、リーグ戦では13試合の出場にとどまった。2009年夏にはボーダコム・チャレンジに出場し、カイザー・チーフスFC戦には出場したが、セルティックFC戦には起用されなかった。2009-10シーズンはトップチームでの出場機会を得るのがいっそう苦しくなった。2009年12月にマーク・ヒューズ監督が去ってロベルト・マンチーニ監督が就任すると、12月26日のストーク・シティFC戦でようやくシーズン初のリーグ戦出場を果たし、数日後のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦ではフリーキックから得点した。ハビエル・ガリード フレッシュアイペディアより)

  • グレタル・ステインソン

    グレタル・ステインソンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    翌シーズン2008年8月16日の開幕戦ストーク・シティFC相手に、移籍後初ゴールを決め3-1で勝利した。11月22日のミドルズブラ戦で2ゴール目を決めると、テイラーのゴールをお膳立てをし3-1で勝利した。シーズン最終節の1つ前の試合では、ハル・シティAFCでゴールを決め1-1と引き分けた。次のシーズンは、FAカップ4回戦シェフィールド・ユナイテッドFC戦で、シーズン初にして唯一となるゴールを決め2-0で勝利した。2010年3月20日に0-2と敗北したエヴァートンFC戦では1発レッドを貰い退場。グレタル・ステインソン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイザル・ヘルグソン

    ヘイザル・ヘルグソンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2009-10シーズンの殆どをレンタル先のワトフォードFCで過ごし、シーズン終了に伴いQPRへ戻った。復帰した2010-11シーズンのヘルグソンは、レギュラーの座を勝ち取り、ロンドンのライバルであるクリスタル・パレスFCをホームのロフタス・ロードで決勝ゴールを決めたのを含め13ゴールを記録。また、チームは同シーズンを優勝した。プレミアリーグへ昇格した2010-11シーズン、ヘルグソンは監督の下でレギュラーとしてプレーし、最大のライバルであるチェルシーFC戦でダヴィド・ルイスに倒されPKを獲得、自らPKを決めると、これが決勝ゴールとなり1-0で勝利。このウェスト・ロンドン・ダービーの勝利は、プレミアリーグ創設後に初勝利した1996年から15年以上も経過していた。その後、アウェーのストーク・シティFC戦では、見事なヘディングゴールと押し込んで決めたゴールで2得点を決め3-2と勝利した。2011年12月3日に、1-1と引き分けたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦でヘディングゴールを決めると、QPRのクラブ記録となるホームでの最多得点記録に並んだ。鼠径部の負傷により、後半戦の殆どを欠場しなければならなかったものの、全大会で記録した9ゴールはチーム内トップだった。シーズン最終戦でマンチェスター・シティFC相手に2-3と敗北したが、なんとか降格を回避した。ヘイザル・ヘルグソン フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ブラウン

    フィル・ブラウンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2009年の夏には、マイケル・オーウェン、フレイザー・キャンベルの獲得を試みたが、両名とも契約するには至らなかった。ブラウンは、セイ・オロフィンジャナ、レンタルでジョジー・アルティドールを獲得し、カメル・ギラス、スティーブン・ハント、ポール・マクシェイン、マイケル・ターナーがサンダランドに移籍したため、移籍期限終了間際にストーク・シティからレンタルでイブラヒマ・ソンコを加え、2009年1月にも獲得を試みたスティーヴン・ムヨコロを獲得することにも成功した。2009年9月3日には、自由契約でヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンクと契約を結んだ。フィル・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • パヴェル・ポグレブニャク

    パヴェル・ポグレブニャクから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    しかしシュトゥットガルトでは思ったような活躍をしたとは言い難かった。2012年1月31日、イングランドのフラムFCへレンタル移籍した。2012年2月11日、第25節のストーク・シティFC戦でプレミアリーグデビューを飾り、この試合の前半16分にフラムでの初ゴールをマーク。2月25日、第26節のクイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦 (0-1)でも開始7分に2試合連続となるゴールを決めた。さらに3月4日の第27節ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦 (5-0)ではハットトリックを達成した。12試合で6ゴールを挙げ、フラムを2年連続となる1桁順位(9位)へと押し上げた。パヴェル・ポグレブニャク フレッシュアイペディアより)

106件中 21 - 30件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード