106件中 31 - 40件表示
  • アヴラム・グラント

    アヴラム・グラントから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    父親メイアはポーランド・マゾフシェ県ムワヴァ出身で、第二次世界大戦の間はソビエト連邦に抑留されてシベリアに追放された。また、父親の家族の大半(アヴラムから見たら祖父母や叔父叔母など)はナチス・ドイツによるユダヤ人への大量虐殺であるホロコーストにより亡くなった。アヴラム自身も敬虔なユダヤ教徒で、チェルシー監督としてUEFAチャンピオンズリーグ決勝進出を決めた2008年4月30日はヨム・ハショア(ホロコースト記念日)だった事について触れて勝利に感謝し、ウェストハム監督だった2010年9月18日のストーク・シティFC戦にはユダヤ教の贖罪の日であるヨム・キプールと重複した事を理由にベンチ入りせず、コーチのゼリコ・ペトロビッチが指揮を執った試合は1-1で引き分けになった。アヴラム・グラント フレッシュアイペディアより)

  • フットボールリーグ1

    フットボールリーグ1から見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    プレーオフ勝者 ストークシティフットボールリーグ1 フレッシュアイペディアより)

  • カルロ・ナッシュ

    カルロ・ナッシュから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    プライドを傷つけられたナッシュは移籍を希望し、2007年にウィガン・アスレティックFCへレンタル移籍した。期間が終わりプレストンへ戻る事になったが、戦力外として自由契約になってしまう。そして再度ウィガンがフリーで獲得し正式契約を結んだ。ただしウィガンにはイングランド代表GKクリス・カークランドがいる為一度も出場の機会がなく、2008年3月4日にストーク・シティFCへローンで移籍した。カルロ・ナッシュ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・リケッツ

    マイケル・リケッツから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2004年6月、リーズ・ユナイテッドにフリートランスファーで入団。加入早々アピールに失敗し、ストーク・シティ、カーディフ・シティ、バーンリーとローン移籍を繰り返した。マイケル・リケッツ フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・シルトン

    ピーター・シルトンから見たストーク・シティストーク・シティFC

    1964年に地元のクラブであるレスター・シティとプロ契約を結び、翌年にはリーグデビューを果たした。その後、往年の名GKゴードン・バンクスとのポジション争いに競り勝ちレギュラーの座を掴んだ。その後1974年にストーク・シティへ移籍し3シーズンを過ごした後、1977年にノッティンガム・フォレストへ移籍した。ピーター・シルトン フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・コールドウェル

    スティーヴン・コールドウェルから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    ブラックプールFC(ここでは、フットボールリーグカップのストーク・シティFC戦でプロキャリア初となるゴールを決めた)とブラッドフォード・シティAFCにレンタル移籍したあと、2004年にマイケル・ブリッジスと交換のような形でリーズ・ユナイテッドAFCへレンタル移籍した。降格の危機に喘ぐチームを救うためブラックバーン・ローバーズ戦では、先制ゴールを挙げ2-1の勝利に貢献したものの、降格を防ぐことは出来ず、レンタル期間終了後にニューカッスルから放出された。放出後は、タイン・ウェア・ダービーで激しくぶつかり合うライバルのサンダーランドAFCへ移籍した。スティーヴン・コールドウェル フレッシュアイペディアより)

  • ラミレス・サントス・ド・ナシメント

    ラミレス・サントス・ド・ナシメントから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2007年にジョインヴィレECのトップチームに昇格した。同年クルゼイロECに期限付き移籍後、完全移籍した。2007年は32試合に出場して3得点、2008年は25試合に出場して6得点した。クルゼイロでの活躍が認められ、2009年夏に移籍金750万ユーロの5年契約でポルトガルの名門SLベンフィカに移籍した。2010年8月13日、イングランドのチェルシーFCに4年契約で移籍した。8月28日、ストーク・シティFC戦でデビューを果たした。2011年1月24日のボルトン・ワンダラーズFC戦で移籍後初ゴールを記録。ラミレス・サントス・ド・ナシメント フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・パヴリュチェンコ

    ロマン・パヴリュチェンコから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    決定力にムラがあったものの、その決定力を開花させた後述のEURO2008後は注目され始めた。2008年8月30日にディミタール・ベルバトフの後釜を探していたトッテナム・ホットスパーFCに移籍することが公式サイトで発表された。移籍金は1400万ユーロ。移籍後は初の国外移籍、クラブ自体の不振のせいかEURO2008の輝きはみせられずにいたが、ハリー・レドナップが監督に就任しての一戦目、ボルトン・ワンダラーズFC戦では先制ゴールを挙げ、チームのシーズン初勝利に貢献した。トッテナムでの1年目は、カップ戦では8試合・9得点と活躍したものの、リーグ戦では28試合で5得点と完全な尻すぼみに終わった。2009-2010シーズンはじめには、放出が取り沙汰され、ASローマ、ヘルタ・ベルリンへの移籍が噂されたが、プレシーズンでアピールし、残留している。一時は、ジャーメイン・デフォー、ピーター・クラウチ、エイドゥル・グジョンセンに続く4番目のフォワードであったが、2月のウィガン・アスレティックFC戦で2ゴールをあげたのを皮切りに一気にクラウチを押しのけてレギュラーに復帰しゴールを上げ続けている。以前からメンタルの弱さを指摘しパヴリュチェンコを冷遇してきたレドナップも「まるでロケットのようだ」と絶賛している。また、2010-2011シーズンの重要な試合となったUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11のプレーオフ対BSCヤングボーイズ戦では、試合の大部分では消えていたのにもかかわらず、チームを救う見事なミドルシュートを決め、トッテナムのフロントにフォワードの獲得を見送らせた。このシーズンはリーグ戦で29試合・9得点とフォワードの中では最高の成績を残し、チャンピオンズリーグではチームのベスト8進出に大いに貢献した。また、同ポジションのライバルであるデフォーをベンチに、ロビー・キーン(シーズン途中にウェストハム・ユナイテッドFCへ)、クラウチ(ストーク・シティFCへ)を移籍に追い込んだ。ロマン・パヴリュチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ブルーマー

    スティーブ・ブルーマーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    1892年9月3日、ストーク・シティFC戦でダービー・カウンティFCのトップチームデビューし、9月24日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦で公式戦初得点を挙げた。兄弟であるフィリップもダービー・カウンティに所属していたが、1896年に腹膜炎によって死亡。トップチームでのプレーは1試合にとどまった。スティーブ・ブルーマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ビーティー

    ジェームズ・ビーティーから見たストーク・シティストーク・シティFC

    2008-09シーズンは、ロブ・ハルスの移籍に伴い、背番号が9に変更された。ワトフォード戦でシーズン初ゴールを記録すると、その後もゴールを挙げ続け、ストーク・シティに移籍するまで12得点を決めている。ジェームズ・ビーティー フレッシュアイペディアより)

106件中 31 - 40件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード