205件中 41 - 50件表示
  • ロビー・アール

    ロビー・アールから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    攻撃的ミッドフィールダーとして長年活躍した選手である。ジャマイカ国籍だが、イングランドで生まれ育った。ロングトン高校在学中の1981年、ストーク・シティのユースチームに参加。翌1982年にポート・ヴェイルに移籍すると、9年間チームに在籍し、チームをフットボールリーグ2〈4部相当〉からフットボールリーグ1〈3部相当〉に昇格させる原動力となった。1991年にウィンブルドンに移籍するとここでもチームの貴重な戦力として活躍。1995年には、チームをUEFAインタートトカップ本戦出場に導いた。その後チームはプレミアリーグに昇格。そして、1997年9月には、プレミアリーグ月間最優秀選手に選出された。しかし、2000年のリザーブチームとの試合中に腹部を強打し、膵臓破裂の大怪我を負った。この事が原因で同年シーズン終了後、35歳で現役を引退した。最後は悲運な事故で現役を終える形になったが、移籍が多いイングランドのリーグにおいて、2つのチームで長年活躍した希有な選手でもある。ロビー・アール フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ヒギンボザム

    ダニー・ヒギンボザムから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    マンチェスター・ユナイテッドFCのユース出身のジブラルタル系イングランド人。デニス・アーウィンの後釜として期待されていたが、定位置は奪えずに中堅クラブを転々としてきた。2006-07シーズンにはストーク・シティFCのキャプテンを務め、クラブのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。ダニー・ヒギンボザム フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ブラウン

    フィル・ブラウンから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2009年の夏には、マイケル・オーウェン、フレイザー・キャンベルの獲得を試みたが、両名とも契約するには至らなかった。ブラウンは、セイ・オロフィンジャナ、レンタルでジョジー・アルティドールを獲得し、カメル・ギラス、スティーブン・ハント、ポール・マクシェイン、マイケル・ターナーがサンダランドに移籍したため、移籍期限終了間際にストーク・シティからレンタルでイブラヒマ・ソンコを加え、2009年1月にも獲得を試みたスティーヴン・ムヨコロを獲得することにも成功した。2009年9月3日には、自由契約でヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンクと契約を結んだ。フィル・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • フットボールリーグ2001-2002

    フットボールリーグ2001-2002から見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    5位のストーク・シティが、ディヴィジョン2の3位?6位のチーム間で争われるセカンドディヴィジョンプレーオフを勝ち抜き、フットボールリーグ2002-03ディヴィジョン1への昇格を決めた。フットボールリーグ2001-2002 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・フークストラ

    ペーター・フークストラから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    出身地アッセンのクラブ、ACVアッセンのユースチーム所属時にPSVアイントホーフェンからスカウトされる。1991年にプロデビューを飾り、主に左ウィングとして活躍した。1995年、チームメイトのボウデヴァイン・ゼンデンの台頭によりレギュラーポジションを失う危機に面したフークストラだったが、ライバルチームであるアヤックスの左ウィング、マルク・オーフェルマルスが故障で長期離脱することになったため、その代役としてアヤックスにレンタル移籍。翌1996年に完全移籍で契約を結んだ。1999年からスペインのコンポステラに1年在籍し、オランダに帰国後はFCフローニンゲンに加入。2001年からはストーク・シティFCで3年間プレーし、2004年に現役を引退した。ペーター・フークストラ フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・キーオ

    アンディ・キーオから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2010-11シーズン開幕戦のストーク・シティFC戦こそ出場しているが、新加入のスティーヴン・フレッチャーの存在から以前よりも序列が下がったため、2010年8月25日にロス・マコーマックの後釜として2部のカーディフ・シティFCへシーズン終了までの期限付き移籍が決定し、28日のポーツマスFC戦(2-0)で後半から初出場を飾った。カーディフでは、前線にはジェイ・ボスロイドとマイケル・チョプラ、サイドにはクレイグ・ベラミーとクリス・バークの存在や昇格を急いていた(最終的に昇格は失敗)ために定位置を掴めず、17試合2得点で終了した(偶然にも両得点は試合終了間際でのものだった)。アンディ・キーオ フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・コールドウェル

    スティーヴン・コールドウェルから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    スコットランドのスターリングにて生まれ、弟のガリーと共に プレミアリーグ (イングランド1部)のニューカッスル・ユナイテッドFCでキャリアを始めた。2004年までに28試合に出場し、リーグカップのブラッドフォード・シティAFC戦、リーグのウェストハム・ユナイテッドFC戦で得点した。また、在籍中には、様々なクラブにへ期限付き移籍に出されており、最初のブラックプールFC時代において、フットボールリーグトロフィーのストーク・シティFC戦とブラッドフォード・シティ戦で得点し、ストーク・シティ戦がプロキャリア初得点だった。ブラッドフォード・シティへの2度の期限付き移籍を経て、2004年にとの入れ替わりの形で加入したリーズ・ユナイテッドAFCでは、ブラックバーン・ローバーズFC戦 (2-1)において先制点を挙げて勝利に貢献するなど降格の危機に喘ぐチームを救う為に奮闘したものの、最終的にチャンピオンシップ (2部)への降格を経験した。スティーヴン・コールドウェル フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ビーティー

    ジェームズ・ビーティーから見たストーク・シティストーク・シティFC

    2008-09シーズンは、ロブ・ハルスの移籍に伴い、背番号が9に変更された。ワトフォード戦でシーズン初ゴールを記録すると、その後もゴールを挙げ続け、ストーク・シティに移籍するまで12得点を決めている。ジェームズ・ビーティー フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ビーティー

    ジェームズ・ビーティーから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    2009年1月12日に2年半の契約にサインし、プレミアリーグ所属のストーク・シティへ350万ポンドの移籍金で加入。1月27日のスパーズでストークでの初ゴールを記録すると、続くマンチェスター・シティ戦でもゴールを記録し、出場5試合で4得点を挙げる活躍を見せた。クラブは残留争いをしていたが、ビーティーの活躍もあり残留を決め、ビーティーはアンドレイ・アルシャーヴィン、マルアン・フェライニらを抑え、デイリー・メール紙が選ぶ、2008-09シーズン最高の補強選手に選ばれた。ジェームズ・ビーティー フレッシュアイペディアより)

  • フローリツドルファーAC

    フローリツドルファーACから見たストーク・シティFCストーク・シティFC

    現在はイングランド・プレミアリーグに属するストーク・シティFCでプレーするオーストリア代表選手マルコ・アルナウトヴィッチが育ったクラブである。フローリツドルファーAC フレッシュアイペディアより)

205件中 41 - 50件表示

「ストーク・シティ」のニューストピックワード